折々のうた

折々のうた

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

過ぎてゆく四季の折々に自然の輝きをとらえ、愛する人を想いながら、人びとはその心を凝縮された表現にこめてうたい続けてきた。「日本詩歌の常識づくり」を目ざす著者は、俳句・短歌から漢詩・現代詩に至るまで、日本人の心のふるさとともいうべき言葉の宝庫から秀作を選び、その豊かな光沢と香りを鑑賞する。朝日新聞連載一年分に加筆。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
220ページ
電子版発売日
2019年10月24日
紙の本の発売
1980年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

折々のうた のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月19日

    とりあえず一家に一冊置いておきましょう。たまに読み返してみれば、その時々で琴線に触れる詩歌が見つかるのではないでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月27日

    日本の季節と名句、歌。
    シリーズ読む。

    (Sさんが出張中に携行しているというのを見て。)

    牧水とか西行とか、渋めのが好きな傾向

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

岩波新書 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング