【感想・ネタバレ】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア12 のレビュー

書店員のおすすめ

本編であるベルたちヘスティア・ファミリアの活躍と同じとき、アイズたちロキ・ファミリアは一体何をしているのだろう?という疑問を抱いたことはありませんか。同じ世界、同じ時間ではそれぞれ今を生きているはず…。
そんな彼らを描いたもう一つの物語が、この外伝、ソード・オラトリアとなります。

外伝といえども侮ることなかれ。作者は本編と同じ大森藤ノさん。その描写は折り紙付きです。
さらに、同じ作者だからこそ絶妙に混ざり合うストーリー。暗躍しているイヴィルスたちの動きなどの裏側が描かれ、アイズ、フィン、ベート、ティオネ・ティオナ、リヴェリア、ガレスなどの実力に沿ったド派手なバトルが展開!
ほかに本編では語れないようなロキの眷属たちの背景も明らかになっていきます。
読むと彼らの印象が変わるかも!?読み終われば、きっとあなたはもう一度本編を読み返したくなります。

ユーザーレビュー

ネタバレ購入済み

全シリーズで一番

オレンジ 2019年07月15日

久しぶりに胸が熱くなる作品を見させて頂きました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年07月12日

【読書】いやあ、燃えたわ。中盤からの怒涛の展開はホント面白かった。ロキ・ファミリアの八面六臂の大活躍ですわ。途中からフレイア・ファミリアだの、ベル・クラネルだの出てきたけどやはり団長だよ、ソード・オラトリアの主役は。つくづくそー思いました。これで話が一段落ついたけど、まだまだ続きそうな展開なので楽し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ストーリーとしては最高、だけど

4423 2019年07月17日

一気読みしてて最後のクライマックス途中で無情にも「一定時間がたったから本を閉じて開き直せ」ってメッセージで操作できなくなるのはいくらなんでもひどすぎるだろう。改善して欲しい。

このレビューは参考になりましたか?