「大森藤ノ」おすすめ作品一覧

  • 作者名:大森藤ノ(オオモリフジノ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

2013年『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』でデビュー。同年第4回GA文庫大賞大賞。「このライトノベルがすごい! 」2014で4位となる。

作品一覧

2016/12/16更新

ユーザーレビュー

  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

    いや、すごかった。
    この想いの強さはやっぱりダンマチだよなあ。

    9巻から続くゼノス編の一応の決着回。
    地上に残ったゼノスたちをダンジョンに返すためにヘスティアファミリアが力を合わせる展開。
    前半はリリ無双(笑)でちょっとベルは何してるの?と思った。
    でも、はぐれたウィーネを助けるためにベルが憧れの...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

    「人類の敵」である竜の少女を助けてしまったために、それまで築き上げてきた名声を喪った主人公のベル。何もかもを失ってしまったように見えた彼が、それでも残されていたいくつもの絆を頼りにふたたび立ち上がる――そんな物語の流れですかね。

    個人的にはヘルメスの策に乗っかるのもありかなと思っていました。ゲスい...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

    前の巻の終わり方がベル君にとっては酷すぎたので、どうなることかと思ったけど、この巻では話が全体的に重くなり過ぎないよう配慮されていた印象。ベル君の名誉はとりあえず回復(?)したし、「異端児(ゼノス)」達は無事ダンジョンに帰還できたし、予定調和的ではあるけれども良かったかな。ヘルメスさん鬼畜過ぎ。それ...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集