ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫

迷宮都市オラリオ──『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。 「よし、ベル君、付いてくるんだ! 【ファミリア】入団の儀式をやるぞ!」「はいっ! 僕は強くなります!」 どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。 これは、少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】── 大森藤ノ×ヤスダスズヒトのコンビが贈る、GA文庫大賞初の≪大賞≫受賞作、ここに開幕!! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2013年03月15日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
3MB
  • アニメ化

    「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか II」

    2019年7月~ TOKYO MXほか
    声の出演:松岡禎丞、水瀬いのり、内田真礼

書店員のおすすめ

「出会い」に憧れるヘタレ駆け出し冒険者のベル君と、
ベル君と相思相愛の仲になることを夢見る、ダメ主神ヘスティア様。

この二人で構成されたダメファミリアと、
個性溢れる迷宮都市オラリオの住人たちが織りなすドタバタラブコメディ。

かと思いきや。

丁寧に丁寧に描かれた王道ジュブナイルファンタジーであります。

神々や他ファミリアの策略に翻弄されながら、
挫折し、もがき、冒険者として成長するベル君の姿は爽やかで小気味良く、
緊迫した戦闘シーンは手に汗握り、
酒場の店員達の優しさや、ヘスティアとの絆にはホロリときます。

1巻から全開のハーレム要素、ちらちらと見え隠れする俺TUEEEE要素も抜かり無く。

侮れぬ筆力で描かれた正統派ファンタジーに、お約束もきっちり盛りこまれた傑作です!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか のユーザーレビュー

    購入済み

    久々にラノベに触れました

    れぎさん 2013年12月08日

    しばらく読み物を読んでなくて何か読もうかな〜と思って、ネットサーフィンしながら物色していたところ、これを見つけました。
    ちょうど試読ができるものだったので、試読してみたところ、
    良いところで終わって、クソォ(笑)

    気になって買っちゃいました。(笑)
    最初の方に流すようにでてきた場面も後半で&quo...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月02日

    これは!!面白い!!
    なんの躊躇する事なく、他の人達にオススメできる作品です。
    キャラ達の容姿、性格、言動などが細かく書かれており、誰が何を話して何をしているのかがはっきりと頭の中に入ってくる文章に感服しました。
    スラスラ読めてあっという間に読み終えれるこの作品は思わず夜更かしを誘い、時には笑いを、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    全巻買ってる

    hfc 2019年11月25日

    面白い。
    精神的に擦れていない、今成長途中の、まさに少年の物語。

    しかし、多くの人に助けられ、多くの人を助け、努力し、苦悩し、
    やり遂げていく姿はとても良い

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    引き込まれます

    ゆーすけ 2019年11月14日

    ライトノベル初心者でも、冒頭から引き込まれます。
    冒険系、ダンジョン探索系が好きな方はもちろん、壮大な物語が好きな方も楽しめる一冊だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ワクワクする

    satodaisuke0101 2019年11月14日

    特別な強さもなく、特別な種族でも無い少年がダンジョンへ挑み、強くなるというありがちな物語のひとつ。それでもこの作品が面白いのは主人公が常に自分より強い敵に挑み続け、ギリギリで勝ってしまうから。それを熱く、深く書き続けるから面白いのだと思った。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2019年11月14日

    文章の読みやすさ、魅力的なキャラクター達、熱い展開と読み進めたくなる構成。全ての要素が素晴らしい、とても良い作品だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

    いや、想像以上に面白かった。
    特に前半に書かれた主人公『ベル』の冒険者となった理由と後半に語られた秘めた思いのギャップにやられてしまった。そこまでの自分の思いや置かれた状況に真摯に立ち向かう様子も良かったが、追い詰められた時の行動が特に良かったよ。
    この手のダンジョン物のシステムは余り詳しくないんだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    人にオススメできるラノベ‼︎

    かずま 2018年05月27日

    ありそうでなかったこれぞ王道といったラノベ‼︎弱い主人公が憧れのヒロインと肩を並べるため、ライバル(魔物⁉︎)や個性あふれる仲間たちと成長していく物語。読むたびに感動で涙しています。最新刊が出るのをいつも楽しみにしています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月08日

    タイトルとは反対にわりと硬派なファンタジー。よく考えたな、という設定で、多分、今後追随する系統の本がいっぱいでるんだろうなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月13日

    不純な動機で冒険者になった純粋な少年の成長物語。

    タイトルで損をしている作品だと思います。イラストが別の人だったら目にも止めなかったかと。

    駆け出し冒険者だから強くはないはずだけど、そうと感じさせない爽快感があります。


    はやくもっと強くなってほしい!

    このレビューは参考になりましたか?

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか のシリーズ作品 1~15巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~15件目 / 15件
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 迷宮都市オラリオ──『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。 「よし、ベル君、付いてくるんだ! 【ファミリア】入団の儀式をやるぞ!」「はいっ! 僕は強くなります!」 どの【ファミ...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか2
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 「初めまして、白髪のお兄さん」 ベルに声をかけてきたのは、自ら≪サポーター≫を名乗る少女・リリだった。半ば強引にペアを組むことになった少女を不審に思いながらも、順調にダンジョンを攻略していく二人。束の間の仲間。一方で、リリが所属する【ソーマ・ファミリア】には悪い噂が絶えない。その先には、人の心までも奪うとされる≪神酒≫の存在が──? 「神様、僕...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 「……君は、臆病だね」 「!?」 「臆病でいることは冒険で大切なこと。でもそれ以外にも、君は何かに怯えてる」 突如憧れの女性【剣姫】アイズと再会を果たしたベル。そこで突きつけられてしまった事実。自分を抉る最大の因縁。紅い紅い、凶悪な猛牛・ミノタウロス。少年はそんな自分を情けなく思った。そして少年は初めて思った。僕は──英雄になりたい。 『偉業...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか4
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 「「「「Lv.2~~~~~~!?」」」」 先のミノタウロス戦での勝利により、Lv.2到達、世界最速兎(レコードホルダー)となったベル。一躍オラリオ中の注目・羨望を集めることとなった少年の元には、仲間への勧誘が絶えない。廻り巡る環境。そんな折―― 「俺と契約しないか、ベル・クラネル?」 偶然にも自身の装備≪兎鎧≫を創った鍛冶師のヴェルフと出会い...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか5
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 「リリ達は囮にされました! すぐにモンスターがやって来ます!」 「……そんな」 「おいおいっ、冗談だろ?」 鍛冶師のヴェルフを加え中層へと進んだベル達。しかし他パーティの策略により一転、ダンジョン内で孤立してしまう。ヘスティアはベルを救うため、Lv.4の元冒険者・リュー、さらには神・ヘルメスと共にダンジョン侵入を試みるが…… 「──階層主(ゴラ...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか6
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 「ヘスティア、君に『戦争遊戯(ウォーゲーム)』を申し込む!」 「な、なんだとアポロン!?」  『戦争遊戯(ウォーゲーム)』──対立する神々の派閥が総力戦を行う神の代理戦争。勝者は敗者の全てを奪う。そして敵神の狙いは──「君の眷族、ベル・クラネルをもらう!」 戦争開始まで期限は一週間。更に追い打ちをかけるように今度はリリが【ソーマ・ファミリア】...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 新生【ヘスティア・ファミリア】始動! 『戦争遊戯(ウォーゲーム)』という激戦を乗り越え新たに眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、「ここは私達のホーム、女主の神娼殿さ」 命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。「私はこの歓楽街に買われた身...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ ──王国(ラキア)軍出兵。軍神アレス率いる王国軍の突然の来襲。迷宮都市へ進撃する軍勢その数、三万。迫りくる軍靴の音に、オラリオは──何も変わらなかった。 「せっかくだし、たまにはベル君達には羽を伸ばしてもらうさ」 強過ぎる冒険者達の手によって市壁の外で侵略者達の悲鳴が上がる中、オラリオは平穏な日々を過ごしてゆく。小人族(パルゥム)の求婚、愛し...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 「モンスター……ヴィーヴル?」 新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが……。 「竜女か──久々の上玉だ」 忍び寄る暴悪の狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。一匹の竜の少女を巡り、都市...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか10
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。 懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。そして、 「武装したモンスターの大移動を確認! ギルドは討伐任務を発令します!!」 暴走する『異端児(ゼノス)』によって賽は投げられた。 引き鉄となったのは暴悪な狩猟者(ハ...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ 少年(リトル・ルーキー)の名声は地に堕ちた──。 竜の少女(ウィーネ)を救った代償として人々からの信用を失ったベル。 悪意と失意の狭間で少年は傷付き、苦悩する。だが、 「迷わないで。貴方の側には失われないものがちゃんと残っています」 出会いの絆に支えられ、決意を新たにした少年は仲間とともに立ち上がる。 再び戦場へと変わる迷宮街で決行される『異...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか12
    ≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫ そして、少年は再び走り出す。 好敵手との死闘を経て成長を遂げたベル。 昇格(ランクアップ)、神会(デナトゥス)、称号。人々や神々、オラリオ中の注目を集める中、彼のもとにもたらされるのは一通の書状だった。 「強制任務(ミッション)……『遠征』?」 ベル・クラネルは『資格』を得た、更なる冒険に臨め――。 ギルドより届いた指令がベルを新たな舞台へと導く...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか13
    「【破滅の導き手】……【約束されし妖精】……エルフ? 【疾風】のこと?」 18階層の宿場街にもたらされる殺人の凶報。犯人は黒表の賞金首――【疾風】。 耳を疑うベル達がリューの容疑を晴らすべく、彼女の行方を追い始める中、カサンドラは『最悪』の予知夢を見る。 告げられし十七節の予言。 予言の成就は大切な者達の『死』。 絶望に打ちひしがれる悲劇の予言者は、破滅に抗う孤独の戦いを始める。 そして...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14
    「迷宮の孤王――アンフィス・バエナ!」 絶望の『予言』は終わらない。 惨禍の宴が繰り広げられた27階層で巻き起こる新たな異常事態。退路を断たれたリリ達は、ベル不在の中で『冒険』を余儀なくされる。 「深層……」 一方でベルとリューを待ち受ける過酷の名は『37階層』。孤独、孤立、孤絶、最凶の舞台で幕を開ける最悪の決死行。 そして迫りくる【厄災】の影。かつてない過酷に翻弄される中、リューは...
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか15
    深層の決死行を乗り越え、地上への帰還を果たしたベル達。それぞれが果たした冒険の成果(リザルト)は『成長』の証。確かな前進に喜ぶ傍ら、ふと彼等彼女等はこれまで歩んできた道のりを振り返る。 少年は始まりの日に還り。 女神は追憶を映す炉の光に目を細め。 小さき少女は灰の過去を乗り越え。 鍛冶師は遠き日を重ねた空を仰ぎ。 受付嬢は昔日の傷を。 妖精は正義の誓いを。 黒烏(からす)は金狐(...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています