ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14

男性向けライトノベル5位

  • 最新刊

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか14

作者名 :
通常価格 853円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「迷宮の孤王――アンフィス・バエナ!」
絶望の『予言』は終わらない。
惨禍の宴が繰り広げられた27階層で巻き起こる新たな異常事態。退路を断たれたリリ達は、ベル不在の中で『冒険』を余儀なくされる。
「深層……」
一方でベルとリューを待ち受ける過酷の名は『37階層』。孤独、孤立、孤絶、最凶の舞台で幕を開ける最悪の決死行。
そして迫りくる【厄災】の影。かつてない過酷に翻弄される中、リューは生と死の狭間で過去の情景を見る。
「私には、もう……『正義』はない」
これは少年が歩み、女神が記す、 ──【眷族の物語】── ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
640ページ
電子版発売日
2018年12月14日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

「出会い」に憧れるヘタレ駆け出し冒険者のベル君と、
ベル君と相思相愛の仲になることを夢見る、ダメ主神ヘスティア様。

この二人で構成されたダメファミリアと、
個性溢れる迷宮都市オラリオの住人たちが織りなすドタバタラブコメディ。

かと思いきや。

丁寧に丁寧に描かれた王道ジュブナイルファンタジーであります。

神々や他ファミリアの策略に翻弄されながら、
挫折し、もがき、冒険者として成長するベル君の姿は爽やかで小気味良く、
緊迫した戦闘シーンは手に汗握り、
酒場の店員達の優しさや、ヘスティアとの絆にはホロリときます。

1巻から全開のハーレム要素、ちらちらと見え隠れする俺TUEEEE要素も抜かり無く。

侮れぬ筆力で描かれた正統派ファンタジーに、お約束もきっちり盛りこまれた傑作です!

ネタバレ購入済み

待ってて良かった

gari 2018年12月14日

前半のベル抜きでの階層主との戦いを超えたあとにも続く熱い展開に一息に読んでしまいました。
ヴェルフの覚醒に異端児の救援と今後が楽しみなる展開や、今までのベルの行いがベルの大切な仲間達を救う結果に繋がったことに嬉しくなります。

後半は読み手の期待を裏切らないベルの真っ直ぐさと、ベルに本当の意味...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

待ったかいがあった

koko20文字以内 2018年12月16日

前巻から間があったものの、それをものともしない安定の面白さであっと言う間に読み終わってしまいました。ヴェルフの熱さとベルの熱さで読み手も熱くなること間違いなしです。
次巻は日常編とのことでまた楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

最高

六花 2018年12月14日

マジで泣いた。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

尊い

かたつむり 2018年12月18日

リリルカはしっかりしてるしアイズはほっといても神がいる。まさかの本命リュ、正妻はリュで決まりですね。二人のデ-ト本を作ってほしいですね

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

待った甲斐があった

キョンくん 2018年12月17日

あとがきを読んで刊行が遅くなった理由もわかったし、このボリュームになったのも理解できた

ところで、ベルは2段階レベルアップしてもおかしくないと思うのはオレだけかなぁ

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています