【感想・ネタバレ】女王の花 5のレビュー

書店員のおすすめ

号泣必死!!! 和泉かねよしが描く、壮大な大河ロマンスストーリー!!!

舞台は、戦乱の世。
主人公は、亜(あ)国の姫君である亜姫(あき)。彼女は病弱な正妃の子であるということから、しいたげられた生活を送っていた。
ある日、亜紀は異民族の奴隷の少年、薄星(はくせい)に出会う。薄星は自分のことを奴隷扱いしない亜姫を気に入り、自分の一生を彼女に捧げることを誓う。
やがて2人は、主従関係以上の強い絆で結ばれていく。
しかし、様々な不幸や避けられない過酷な運命が、2人を襲っていくのであった…。

陰謀が渦巻く壮大な歴史ストーリー、
亜姫と薄星の身分違いの恋、
そしてラストにかけての見事な伏線の回収など
読み応え抜群の作品です。

戦乱の世を駆け抜ける、亜姫と薄星のラストをぜひ見届けてください!

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

Posted by ブクログ 2021年03月05日

戦記物の割に、極端に登場人物を絞り込んでいる感じがするけど(概してとめどなく多くなりがちだから)、本作はそれが功を奏している印象。少ない人数を掘り下げる形式で、ともすれば単調になり兼ねないけど、上手い具合にまとめられている。ヨナを彷彿させるけど、真似事には堕していない。以降の展開も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

きななん 2021年01月23日

ずっと真意がわからなかった亜王ですが、やはりとても素晴らしい王様なんだと思いました。反対に、正妃として最もふさわしくない土妃の愚行に腹が立ちます((o(>皿<)o)) キィィィ!!
青徹死なないで(;ω;)

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

感動

rii.-3-s2chu 2021年01月07日

切ない、泣けました。最後がどうなるのか

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

ナカヌケオバケ 2020年07月21日

“王族は人ではない。国という龍を身の内に棲まわせる化け物”
亜姫も薄星もこれからたくさんの犠牲を払って、自分の欲しいものはひとつも手に入らないのかと思うと辛い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月04日

亜王・・・青徹と較べると小物感が・・・。亜姫をめぐって実の父と育ての父ののろけ合戦?ラスボスは土妃だったか!というか土の国の国力?

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月28日

簿星に襲われたときの亜姫の反応から、もしやとは思っていましたけど、亜姫の好きなのは青徹だったんですねー。確かに大きくはなったけど、青徹は大人だしなぁ。

捕らわれた青徹は亜国に連れていかれましたけど、亜王は実は亜姫の味方だったのかと。確かにあのまま亜国にいたら、ぼんくら王子と違いすぎて亜姫を持ち上げ...続きを読むようとする動きが出て、絶対に土妃に殺されてましたしね。それを考えると黄妃に近づかなかったのもある意味愛情だったのかなぁと思いました。

それにしても土妃が亜王を殺そうと思った瞬間の表情の変わり方、手前のページでは、黄妃や亜姫と同じく自分も路傍の石であったかと、ちょっとしおらしい顔していたのに、ページをめくったときの「ならば死ね」と言ってる顔・・・。怖いよー。

亜国に政変が起こり、亜王がどうなったのかも気になりますけど、最後に土妃を追い詰めようとした青徹は、やっぱり矢を打たれちゃったかなぁ。
気になるので、次巻早く読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月27日

女王の花第5巻楽しみです。
亜姫と薄星の身分違いの恋!
薄星ーーー→亜姫ーーー→青徹
   好き  ↑  好き  ↓  
       ↑      ↓
       ーーー?ーーー

↑ということですよね?

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

にっきー 2020年07月31日

毎回展開にドキドキしながら読んでいますが、今回は亜妃の青徹に対する恋心が報われないシーンは何回読んでも切なかったです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年01月09日

亜国へ送られてしまった青徹。
ああ。。。いつか亜姫と再会できるのか、と期待したんだけど。
しかし土妃、見事な悪役だな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月05日

切ないけど美しく強い女王になるには犠牲も仕方ないのか。まさか、王がそう考えていたとは。ちょっと見直した。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月31日

青徹が捕らわれ、ショックを受ける亜姫(あき)は己の無力さを思い知る。
一方、亜姫のために青徹を助けようと密かに動いた薄星(はくせい)は、いずれ起こるであろう激烈な王位争いで亜姫が生き残れるよう、彼女の側に居ることを青徹に諭されるのだった。
そんな中、亜国では亜姫の母を殺した土妃(どひ)が不穏な動きを...続きを読むし始めて…。

毎回本編が始まる前のプロローグが不吉過ぎて亜姫が死ぬんじゃないかと予感させられるんですが、これいかに。
その女の子って亜姫のことじゃないよね!?と問いただしたくなる。
さすがにこれは最後まで読まないと分からないんだろうけど…ううん。

今回も青徹を中心に回ってた気がします。
あれだけ死亡フラグ立てておいて、強引にへし折った時は「あれっ!?」と拍子抜けしたと同時に安堵してる自分が居たんですが、やっぱり和泉さんは容赦なかった…。大丈夫と思わせといてやっぱりかよ!!みたいな。
安心した後だから余計にしんみりきたわ…!(涙)

それにしても亜王も冷たいだけかと思いきや、ちゃんと理由ある行動してらっしゃったのねえ、と。
確かにあの子に王位継がせたら亜国終わるわ。
というか、土妃がほんと酷い。毒婦発言に間違いはない。

あと、亜姫と薄星の間に新たに加わった仲間の彼が今後どのように活躍してくれるのかが楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年10月15日

面白いのですが、人物の顔の描写が一定でないのが気になります。物語よりもそっちに気をとられてしまうこともあるので。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月28日

女王への道。女の立身出世物語、悲恋付。エンタメに必須の快楽方程式をおさえた漫画です。韓国ドラマの『チャングム』とか、少女小説の『十二国記』とか、そういう感じですね。すこしご都合主義なところもあるのですが、、、ついつい続きが気になって読んでしまうのです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年03月17日

物語が大きく動いた。各人の思惑も徐々に明らかになっていき新たな登場人物も増えこれから更に面白くなっていきそう。

従者が主人に抱く複雑な恋心をこんな風に見せてくれた本は初めて。なんというか、現実味があって(現実味のない題材なのに)、さすが和泉かねよしさんといったところ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月29日

亜国の姫、亜姫が薄星と一緒に女王となる道を描く中華風ファンタジー。

第十一話
密偵として捕まった青徹を助けたい亜姫だったが、助けられることを望まない青徹で、薄星が伝言を受け取って罪人として亜国に送られてしまうの巻。
薄星は亜姫が好きという自覚がなかったのか。。。全然尊敬できる大人じゃないしには笑っ...続きを読むた。亜姫の青徹への思いは恋愛だと分かったものの、別れでしかないし。青徹が好きだからこそ、青徹の願いを聞くしかないのが切ない。

第十二話
疲れるのが嫌いな青逸と手合わせをする薄星だが、亜姫に習字をさせられそうになり、さらに女の魅力で従わせられそうになり言い合いになるも、永遠にそばにいて欲しいという亜姫の願いを聞き、ずっとそばにいることを誓う薄星の巻。
薄星はモノローグで確か死んでいそうな表現だったので、永遠というのは死亡フラグに思えて仕方がない。遠くはなれていても文字ならつながれるといった亜姫の言葉を青徹と結びつけるあたりはもろ嫉妬なんだろうけれど。狗と言われて怒るのも無理がない。亜姫と薄星、なんとかうまく行ってほしいけれど。
後、土妃が亜王のことを思っていたのがすごく意外。金と権力が欲しいだけじゃないとは。救われないな。

第十三話
新たな僕蛇波流を迎える亜姫だったが、亜国についた青徹は亜王から玉璽の半分を受け取っている最中に土妃の反乱が起こり、侍女を逃がしている最中に土妃にみつかり、最初で最後の奉公になるの巻。
もうなんなの!!絶望→希望→絶望のコンボが華麗に決まりすぎて怒りすらわき上がるっての。せっかく亜王が生かしてくれそうだったのに。青徹の屍を越えていけってことなんだろうけれど、十一話でもう死亡確定だと思ったのに、期待だけさせやがってチクショウチクショウ!と向きになってしまうほど、いつの間にか話に引き込まれていた。亜姫は女王確定だし、亜王は情はないにしても亜姫を買っていたということが分かった。でも土妃によって亜姫が戻る国がなくなりそうだ。こそあどなんて何のギャグだよと思っていたこの話がここまでシリアスで且つ引っ張られるとは...。バッドエンド確定だけに、幸せなエピソードがもっと欲しいところだ。

このレビューは参考になりましたか?