【感想・ネタバレ】最恐組織 警視庁公安部・青山望のレビュー

書店員のおすすめ

昔の刑事ドラマで凝り固まった警察像の崩壊!
実際に警視庁公安部で勤務した著者が、最新かつリアルな警察を描きます。主人公の青山望を中心に、ノンキャリアだけど大卒(体育会出身)でキレキレの同期4人が、ヤクザ・政治家・IT長者・半グレ・芸能界・宗教団体が複雑に絡む難事件を、様々なIT技術で解決。ビッグデータの解析力と分析力は圧巻で、地道な職務質問(もちろん重要だと本書に書いてあります)やパンを食べながらの張り込みといった旧来のものとは全く異なる捜査方法に感動。
1巻は日韓利権、2巻は病院経営と選挙違反、3巻は半グレと中国マフィア、4巻は原発とカジノ、5巻は仮想通貨ビットコイン…まるでニュースを見ているかのようなリアルタイム感。一般教養書としても使えます。次巻のテーマは何でしょうか?

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月02日

シリーズ12弾完結編。まさに今起きてる事件、ニュース、世相が題材に盛り込まれた教科書兼教養書のような小説だったので、シリーズが終わってしまのはとても残念。完結編でも、東京オリンピックを目前に控えたテロ対策、中、米、露情勢とマフィアが絡むマネーなど盛り沢山。そして50代を迎えた同期カルテットのセカンド...続きを読むステージへの選択は、やはり人生100年時代のテーマと重なりリアルでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月26日

完結しました
最恐組織弘安で尤最強の捜査手法を展開してきた青山望とカルテットと呼ばれる仲間
主人公だけ特別な描かれ方ではなく4者とも特徴ある性格描写が書き分けられており、活躍も丁寧に描きつつ、一冊毎に青山が大きな節目となる取り締まりを仕掛けるのが見どころだ
(実は続編が出るものと確信している、このキ...続きを読むャラと世界観があればどんな物語も紡ぎ出してくれそう♪)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月15日

時間的に、今に近い状況。その分析が面白い。
濱嘉之は、今を描かせるのがいいのだね。

青山望 公安部長特命担当
大和田博 総監特命担当理事官
藤中克範 警察庁長官官房分析官
龍一彦 刑事部捜査第2課理事官
カルテットが、それぞれ偉くなって、自由がきく。

東京マラソンで、銀行員が飲んだ水で死亡。覚醒...続きを読む剤でのショック死。
三社祭りで、ヤクザが五人。心肺停止。急性覚醒剤中毒死。
同じような手口で、殺人が。
それは、コリアンマフィアの見せしめ的殺し方。
銀行員は、京都大学出身で、兵庫大空銀行、神戸大空銀行、
四井銀行で、扱っていたのは、暴力団と代々木協会。
銀行には、目ねーロンダリングの役割も持っている。
ロシアンマフィア、チャイニーズマフィア、コリアンマフィア。
狙っているのが 福岡を拠点にすること。

中国とアメリカ、ロシアとアメリカ、中国とアメリカ。
中国の経済的台頭とアメリカのバッシング。
その中で、韓国は、どう言う方向にまとまって行くのか?
韓国は、北朝鮮の支配になると予言。
岡広組の清水保が、引退したと言いながら、実質的な院政を。
それにしても、青山と藤中に仲が良すぎるのは、ありかね。
覚醒剤。飛行場の利権。港の沖仲仕。
関西空港の地盤沈下による砂利利権。
暴力団の資金調達が、多様化して、巧妙になっている。
四人カルテットのチームプレイによる追求。
龍は、元財閥の息子で、警察をやめることを視野に。
大和田は、選挙にうって出る総監と連携して選挙に。

ふーむ。殺人事件の背景が、大きく広がって行くが、
極東ホールディングスの神宮寺が、ターゲットに。
物足らないなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月04日

20190404-42ようやくシリーズ終了。週刊誌にかけないアングラネタを放り込んで体制批判する、一貫した構成と姿勢がある意味徹底してました。12冊ご苦労様でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月19日

貴重な情報を得られるのはわかるがヤクザの親玉と頻繁に会っていて捕まえようともせず正義を語るのは如何なものかと思う部分もあるが、ヤクザ以上にゲスな輩を捕らえるために毒は毒を持って制すと考えればある程度は理解できる。それにしてもカルテットは何となく好きになれないんだよな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月16日

発端は覚せい剤を使用した殺人事件だが、内幕はいつもの日本の政治家、暴力団、中国、韓国、ロシアの裏組織が入り乱れての利権争いだ。青山をはじめとするカルテットのスーパーな活躍、文中にちりばめられた思想、主義主張もマンネリ。完結もやむなし。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月21日

東京マラソンと浅草三社祭で覚醒剤混入殺人事件が相次いで発生!警視庁公安部のエース青山の大胆な捜査の末に、暴力団と中・韓・露マフィアの複合犯罪が明らかに。最強かつ「最恐」の組織はどこか?青山と同期カルテットは人事レースを生き残れるのか?

このレビューは参考になりましたか?