【感想・ネタバレ】爆裂通貨 警視庁公安部・青山望のレビュー

書店員のおすすめ

昔の刑事ドラマで凝り固まった警察像の崩壊!
実際に警視庁公安部で勤務した著者が、最新かつリアルな警察を描きます。主人公の青山望を中心に、ノンキャリアだけど大卒(体育会出身)でキレキレの同期4人が、ヤクザ・政治家・IT長者・半グレ・芸能界・宗教団体が複雑に絡む難事件を、様々なIT技術で解決。ビッグデータの解析力と分析力は圧巻で、地道な職務質問(もちろん重要だと本書に書いてあります)やパンを食べながらの張り込みといった旧来のものとは全く異なる捜査方法に感動。
1巻は日韓利権、2巻は病院経営と選挙違反、3巻は半グレと中国マフィア、4巻は原発とカジノ、5巻は仮想通貨ビットコイン…まるでニュースを見ているかのようなリアルタイム感。一般教養書としても使えます。次巻のテーマは何でしょうか?

ブックライブ書店員

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2018年06月28日

何時もに増して情報満載。ただ、ほんとうに世界情勢は刻々と変化していくので、なるべく早く読まないといけないのです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年05月04日

シリーズ11弾。毎回旬なテーマで驚かされるますが今回は『無国籍者』。北朝鮮、ハワイ、渋谷で起きる事件とリアルな展開に一気読み。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月14日

相変わらずの恐ろしいまでのリアリティが凄い。無戸籍者の問題は本当に起こり得ると思うがもしかしてもう起きているのか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月24日

20190123ー10様々な新聞記事に出来ないような裏側を言いたいために書き続けている感じ。ありそうだけどね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月25日

爆裂通貨というから、暗号通貨の闇を書くと思っていたが、
青山は、ちゃっかりと暗号通貨で、億り人になっていた。
公安が、暗号通貨で儲けるって、どうなのよ
とツッコミを入れたい気分であった。

ハロウィンにおいて、マリオ隊列が登場し、
4つのATMから、ごそっと現金を盗み。
そこに 殺された人が転がって...続きを読むいた。

ATMのお金を盗むのでなく、
基盤を盗んで情報を取るというのが、面白い。
それで、銀聯カードが使えなくなる。
確かに、銀聯カードが使えなくなるとパニックになるね。
まるで、ソフトバンクの通信障害みたいな事件。

死んだ人間は、無戸籍人間だった。
存在しない人間を殺しても、殺人罪にはならない。
その着想は、面白いね。
それで、わざわざ ハワイにも行くって、
ハワイは、あまり中国人はいかないので、
ATMの襲撃が、あまり意味なさないように思えるが。

藤中が、随分と偉くなって、情報の掌握が始まる。
青山は推理で、藤中が実践という役割になると
あまり面白くないな。もっと、青山には活躍してほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月28日

隣国がどれだけ日本に悪影響を与えているかを知るには良いシリーズ。主人公は悪くはないんだけ上から目線で物事を語っているところがチラつくので鼻につく。作者もこんな人なのかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月17日

ハロウィンの渋谷で仮装集団の殺人事件が! しかも被害者は無戸籍者――背後の北朝鮮とテロの予兆を、公安部エース青山は防げるか?
ハロウィンの渋谷で、マリオの仮装で見事な行進をする集団が注目を集めていた。
直後にATM爆破と殺人が同時多発!
しかもハワイでも――これは国際テロの予兆なのか?
警視庁公安部...続きを読むのエース青山望が同期カルテットと共に辣腕を発揮。
日本の隙に忍び寄る北朝鮮の影を追う!

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング