【感想・ネタバレ】報復連鎖 警視庁公安部・青山望のレビュー

書店員のおすすめ

昔の刑事ドラマで凝り固まった警察像の崩壊!
実際に警視庁公安部で勤務した著者が、最新かつリアルな警察を描きます。主人公の青山望を中心に、ノンキャリアだけど大卒(体育会出身)でキレキレの同期4人が、ヤクザ・政治家・IT長者・半グレ・芸能界・宗教団体が複雑に絡む難事件を、様々なIT技術で解決。ビッグデータの解析力と分析力は圧巻で、地道な職務質問(もちろん重要だと本書に書いてあります)やパンを食べながらの張り込みといった旧来のものとは全く異なる捜査方法に感動。
1巻は日韓利権、2巻は病院経営と選挙違反、3巻は半グレと中国マフィア、4巻は原発とカジノ、5巻は仮想通貨ビットコイン…まるでニュースを見ているかのようなリアルタイム感。一般教養書としても使えます。次巻のテーマは何でしょうか?

ブックライブ書店員

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2018年12月28日

報復連鎖 警視庁公安部・青山望。濱嘉之先生の著書。元警察官である濱嘉之先生ならではの臨場感あふれる小説。恐ろしい事件、複雑に絡み合った組織関係や人間関係。フィクションだけれどフィクションではなく現実世界の話のように惹き込まれてしまう一冊です。警視庁公安部に青山望のような人間が本当に存在していたら、さ...続きを読むぞや頼もしいことでしょうね。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

相変わらずのリアリティ

雪雪 2015年01月28日

相変わらずのリアリティで、まるでノンフィクションを読んでるかのようでした。大きな事件の捜査の手順が細かく書かれていて意外な楽しさがありましたね。おもしろかった!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月09日

本当にコレはフィクションなのだろうか。他の作品の帯に書かれていたフレーズだが、この作品を読んでいて改めて感じた。ずいぶん複雑な背景で、なかなか理解に苦しんだが、読みながら本当に感心する。
この人の作品、エピローグが独特でとても好みだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月01日

ストーリーの詳細は複雑で理解しきっていないが、捜査手口の細かな描写がリアルな感じで楽しい。そして、正義が勝つところが良い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月19日

元暴走族がルーツのチャイニーズマフィアと中国系企業がからむ奇怪な事件を青山や藤中らの若手刑事が、じわじわと敵を追い詰めていく面白い展開が楽しめた.著者の前作を読んでみたくなった.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月29日

大間からマグロとともに築地市場に届いた氷詰めの死体。麻布署警備課長に異動した青山は、同期の築地署刑事課長・龍に協力して情報収集するが、見えてきたのは新宿で凶暴化する「半グレ」元暴走族グループ、チャイナマフィアが絡みつく裏社会の報復…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月30日

青山望第3弾。築地市場に大間から届いた死体。半グレ、チャイナマフィア、複雑な関係を青山が暴く。結構詳しく書いてあるので説明も多く難しく感じるところもあるが、興味深い。謎が残ってるし、これは続くのかな。いやしかし、相変わらずスーパーヒーロー大活躍ばかりだな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月01日

日本はスパイ天国だとよく言われる。
日本における最高刑は言うまでもなく死刑だ。
けれども刑法における条文のほとんどには「死刑又は〇〇に処する」か、「死刑若しくは〇〇に処する」と明記されている。
「外患誘致罪」のみが「死刑に処する」と言い切った表現になっている。
では「外患誘致罪」とは何か。
外国と通...続きを読む牒して日本国に対して武力を行使させた者に対する処罪である。
他国の人間が日本においてスパイ活動を行うのとは根本的に違う。
似た例は過去にもある。
戦時中に現在の中国において中国人李香蘭として活動していた山口淑子さんは、漢奸容疑で捕らえられたが日本人であることが証明され国外追放処分となった。
同時期に日本人川島芳子として活動していた愛新覺羅顯しは、戦後に漢奸として逮捕され銃殺刑となった。
いずれの国も祖国に害を及ぼす人間に対しては厳しい態度をとるということだろう。
ニュースなどで国益を損なうような行為…キャッチオール規制に抵触するものを輸出した企業がたまに話題になることがある。
利益優先の企業が実際に存在するということになる。

物語は冷凍マグロとともに男の遺体が築地に運ばれたことから始まる。
登場するグループの描写に、「あれ?これってこの間までテレビで騒がれていたグループのことじゃ…?」と連想したくなる場面も多かった。
日本の犯罪は年々凶悪化しているような気がする。
短絡的に命を簡単に奪っていく。
何の抵抗も感じることなく他人を傷つける人たちが増えているのだろうか。
ほんの一部の人たちだけなのだと、特異な存在なのだと思いたい。
中国マフィアが登場し、さまざまな中国に対するエピソードが語られる。
社会情勢、経済構造など興味深かった。
とても近いはずなのに、とても遠い国。誰かがそんな表現をしていたことを思い出す。
著作権が守られることもないし黄色いガンダムには心底笑ってしまった…不思議な国といった印象だ。
事件は一応の結着をみる。
しかし真の解明には至らない。
次作「機密漏洩」ですべてが明かされるのだろう。
すっきりとしないまま本を閉じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月06日

濱嘉之の本は、公安の様相がよくわかるので、
気に入って 読んでいるが、
今回の『報復連鎖』を読んで、物語になっていないなぁ
という 感じですな。
作者が説明をせざるを得ないと思い込んでいて、
説明することに、終始している。

ヤクザ 岡広組
そして チャイニーズマフィア。
香港系と東北系。東北系は、...続きを読む残留孤児が核になっている。
暴走族上がりのグループ。
盗難自動車が、商売のベースに。
神宮寺武人が アタマが良さそうに悪のにおいをさせる。

勢力争いから 始まるのであるが
大間から内蔵を えぐり出された 死体が マグロ箱に、
詰められて 築地まで 送り届けられてきた。

青山を中心としたカルテット。
それを描こうとするが故に 焦点がぼける。
一体誰が 中心?
佃が 結構 おもしろいのだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月29日

事件の展開や捜査の進み様はいつもどおりスムーズで、青山の能力が際立つところは相変わらずではある。

ただ、この連作を読んで知らぬ間に頭に入っている知識が、日常の報道等を考察するにあたってかなり有用なものであることが、最近わかってきた。

もう一度シリーズを読み直すのもいいかもしれない。
知識習得のた...続きを読むめに。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月11日

警視庁公安部・青山望シリーズ、3作目。

さすが元警察官の著者なだけあって、裏社会の現況がリアルに詳細に描かれている。恐らく、個人名やら団体名やらは異なれど、かなり現実に近いところを突いてるんじゃなかろうか。この本を読めば、そういった裏の世界を大筋のことは把握できる、という教科書本的な感じ。その分、...続きを読む文章が説明的で、ストーリー的には楽しみ辛い。出てくる人物もやたらに多く、人物把握がなかなかに困難。カルテット以外は、公安の佃巡査部長くらいしか覚えられなかった。最後、変に中途半端に終わったなぁと思っていたら、次作がこれの続編にあたるようだ。忘れないうちに読まないと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月12日

8月-2。3.0点。
マグロの名産地、大間から来たマグロの中に、死体が。
半グレを題材とした、事件の構図。
相変わらず、説明っぽくて感情移入が出来ない。
この作家は、もう良い気がしてきた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年03月30日

『半グレ』『中国マフィア』と今時の裏社会が一目で分かるキーワードが沢山。リアルで一気読み。シリーズ第3弾。

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング