【感想・ネタバレ】萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月06日

読み返してみると、結構毒舌的で冷淡。よく言えば分別があり、自と他の線引きが明確で踏み入れてはいけない分をわきまえた主人公であるとも言える。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月04日

人の悪意や善意に振り回されて、じたばたしているときに、思い出して読みます。

人との距離の取り方が、甘すぎず、辛すぎず。そんなところもお気に入り。

素敵に年を取るのは、強さ、優しさ、冷静さ、あたたかさ、潔さ、などたくさんのものが必要ですね。

痴呆を疑われながらも、虐待の少年を助けたかっこよさを...続きを読む真似したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月04日

主人公は珈琲と雑貨のお店を営む76歳のおばあちゃん。
のどかな風景の描写と、実在しているかのような人物描写に引き込まれて好きなシリーズ。
ただお草さんの周辺で奇特な事件起こりすぎ(笑)

「紅雲町のお草」近所のマンションでの虐待疑惑を探る。
「クワバラ、クワバラ」幼い頃になぜか草につらく当たってきた...続きを読む秀子が引きずる過去。
「0と1の間」草にパソコンを教えてくれる真面目な大学生、白石の秘密。
「悪い男」小蔵屋に出入りする運送屋、寺田の同級生大竹にかけられた疑惑と真実。
「萩を揺らす雨」草が密かに想いを寄せる幼馴染、大谷の愛人との間にできた息子とのお話。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月11日

この本は会社の人に貰ったことをきっかけに
読んだ本。

短編の話が5話収録されている。
内容的には自分にはあんまり合わなかったなー

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月15日

盆の窪ってどの辺りのことか…気になって調べてしまいました。着物や食べ物の描写も多く、映像を思い浮かべて読むことも楽しめました。
カバーのイラストのタッチと内容の重さのギャップが気になりましたけど…。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月08日

2017/11/8
これまで読んだお年寄りが主人公のものと比べて、なんと言うか美化されてない。
いや、これでも美化されてるんだろうけど割と生々しい。
私のイメージが偏ってるのかな?
誰にでも優しく物知りで誰にも悪意も恐怖も感じないし与えません。みたいなスーパーおばあちゃんが多くない?
だから痴呆を疑...続きを読むわれて怒ったり、不審者っぽい人を見て怪しんだり、暴漢に襲われたりしたからなんか新鮮に思った。
スーパーおばあちゃんはほっこりするしなんか安心するけど、リアルおばあちゃんはちょっと心がざわつくなぁ。
もっとリアルはなかなか悲惨な感じがするので、このくらいでざわつかせる感覚を楽しみたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月10日

【あらすじ】
観音さまが見下ろす街で、コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」を営む気丈なおばあさん、杉浦草。人々を温かく見守り続ける彼女は、無料のコーヒーを目当てに訪れる常連たちとの会話がきっかけで、街で起きた小さな事件の存在に気づく。オール讀物推理小説新人賞受賞のデビュー作を含む「日常の謎」を解く連作短...続きを読む編集。

【感想】

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月27日

人様の事情に首を突っ込むときは、自分も無傷ではいられないところがリアルです。主人公の女性、草は数えで76歳。思うように動かなくなる自分の身体や社会的な立ち位置に悔しい思いをしながらも、前を向いて生きている。爽快な読後ではないけれど、風景の描写が美しく、最終話で草さんが愛しくなりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月06日

紅雲町珈琲屋こよみシリーズ

1、萩を揺らす雨
2、その日まで
3、名もなき花の
4、糸きり
5、まひるまの星(単行本)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月07日

優しい本でした。
帯に「年末年始に読む本」って書いてあったので、
その通り読みました。
年末の忙しいときにホッコリ。
年始のちょっと緊張の時期にユッタリ。

ちょっと寂しいところや、切ないところがあって、
うっすらと涙が出たりします。
主人公の草さんの生き方に共感しながら爽快な読後感とともに読み終え...続きを読むました。
おすすめです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年10月21日

大阪都構想で維新が負けた時、都構想反対票の分析をしたら60歳以上の人が多かったらしい、それを聞いた若者どもが「もう死ぬからと今の自分が良いような票を入れた年寄りが大阪をダメした」という意見がネットに蔓延した事がある。

ふざけるなよ、クソガキどもと思った。
自分が生き易い環境を提案してくれる候補者に...続きを読む票を入れて何が悪い、歳を取ってたら、自分の人生は犠牲にして、若いものに尽くさないとアカンのか?
お前が生き易い環境のために彼らの一票を使えという傲慢。あの意見を書いた連中こそ世の中をダメにしている元凶に思えてならなかった。狭量や世間知らずは若者の特権だと思うが、あまりに稚拙すぎると思った

全然違う話になってもた。
この本の主人公は所謂「おばあさん」である。コーヒ豆と和食器の店を経営する、和服を着こなして凛と佇むカッチョ良いおばあさんである。そのおばあさんが日常(と言うていいのか)ミステリーに挑むわけだけど、そんじょそこらに転がっている読みやすいミステリーみたいなホノボノ感は薄い。

むしろ初期高村薫作品に似たヒリヒリした匂いも感じるぐらいに乾燥した厳しさも漂わせてくる。喜怒哀楽も恋愛感情すら生々しく持っている主人公、だが彼女がカッチョ良いのは70年以上の人生経験で築きあげてきた人生観をしっかりと持って、そのヒリヒリとした現実に背筋伸ばして立ち向かう姿なのである。

老いていようと堂々たるハードボイルドである。チンケな若造何するものぞ、何が大阪の未来を潰しただ、ジジイババアに未来潰されてグチャグチャ言うぐらいのチンケな未来なぞ、どうせなんぼでも潰れるわ。

気概を持て若造(含む俺)、後味エエと言いきれないこの作品集に何故か妙に元気をもらえた。続きも読もうと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月22日

60歳半ばにて小物とコーヒーを売る小蔵屋を営む「草」は、お客様の会話からのキーワードが気になる
実地に見てみようと連日うろうろしていたら「ボケ老人」と間違わられて傷つく・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月08日

お草さんは、七十代の女性。小さな珈琲豆と和雑貨を扱うお店の主人。その店では珈琲の試飲も楽しめる、ちょっとした喫茶店のようなスペースもあり、毎日結構な数の老若男女が訪れる。さまざまな問題を抱えて、、、。お草さんの視線がいつも優しくて温か。私もぜひ行ってみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月30日

昨日のNHKでのドラマ見ました。
本に忠実なドラマの作りで、安心して見ることが出来ました。
富司純子さんの上品なおばあちゃん、良いですね

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月10日

表紙のほのぼのしたイラストと、帯の『小粋なおばあちゃんが解き明かす「日常の謎」。』というコピーから、ほんわか癒し系な内容を予想していたら、ちょっと思い込みと違っていた。
「日常」とはリアルで(当たり前か・・・)世知辛くて切なくて、多少生臭いものなんだな。
なんとなく、おばあちゃんは珈琲店にずっといて...続きを読む、持ち込まれた相談事を解決する、というのを想像していましたが、草さんはとんでもなくアクティブで、むしろ自分から首を突っ込むこともあり。

しかし、自主捜査(?)がボケ老人の徘徊と間違えられた件は、読んでるこっちもショックでした。
ひとり暮らしが限界になった親友が、息子に引き取られて遠くへ行ってしまう件も。

でも、自分もこんなふうに、前向きに頑張る老人になりたいな~と思った。
あと、いつも着物を粋に着こなしていて素敵ですね。
こっちは真似できないかな・・・

続編も読んでみようと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月09日

おばあちゃん探偵って本当にいたのですね。
こたろうさんもレポを書かれていましたが、
実際に読んでみて、本当におばあちゃんだったんだって
あらためて思いました。

観音さまが見下ろす街で、
コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」を営む
気丈なおばあさん、杉浦草。
この草おばあさんがとても優しい。
店では無料...続きを読むの珈琲飲料サービスをしていて、
居心地のいいその空間をもとめて、
近所の主婦や評判を聞いてくる人々で
結構お店は繁盛しています。

そんなお店の常連客の噂話から、
親から虐待を受けていた少年を救いだしたり、
パソコンの家庭教師の少年の窮地を救ったりと、
この街で暮らす草ばあちゃんならではの
まごころと探究心で、
困っている人々を救って行きます。

人々の憩いの場としての
イートインコーナーから発せられる事件の情報。
日常生活にこんなにも
小さな事件があるなんて。。。
なんだか読み手もわくわくします。

一人身の草ばあさんですが、
その暮らしは毎日とても充実しています。
こんな老後を送ってみたいなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月21日

コーヒー屋を営むおばあちゃんの話、というあらすじにふさわしくない事件が次々と出てきて戸惑った。杉田比呂美さんの挿絵に騙された感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月27日

お草さんのようなおばあちゃんが実際にいたらいいのになと思った。穏やかな面もありながら力強い生き方をするおばあちゃんだった。
「弱いと認めちゃったほうが楽なの。力を抜いて、少しは人に頼ったり、頼られたり。そうしていると、行き止まりじゃなくなる。自然といろんな道が見えてくるものよ」という言葉が本当に素敵...続きを読むだなと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月13日

表紙絵のアットホームな雰囲気とは全く別物。70歳の一人の女性が自立して生きていく姿を、個々のエピソードの中に散りばめている。主人公の凛とした立ち姿が爽やか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月17日

警官に痴呆で徘徊していると思われての「老いに覚悟も誇りも持っていたはずなのに、結局どこかに自分だけは老いの外だという妙な自信があったのかもしれない」や、脳梗塞の後遺症のある友人についての「同情や優越を感じていなかったか」等から、数えで七十六歳のおばあちゃんの目線が寄り添い易くリアルに感じられた。難し...続きを読むくないのに濃密な文章で、情報量の多さに溺れそうになって上手く入り込めなかった。一話の徘徊に間違われるシーンと、最後の話の知人の為に連れてきちゃった遺骨の欠片の結末が印象的だった。パソコンを習うのも凄いなあ。

このレビューは参考になりましたか?