板野博行のレビュー一覧

  • 大学生活を極める55のヒント
    京都大学卒業の著者が、自身の経験を踏まえて大学生活でやるべきことを説いたものである。

    ・京大はやはり面白い

    ・なぜ形式に囚われるのか
    教授は研究を学生は自由を求めているなら授業なんてやる意味はあるのか

    ・知らなければ経験しなければわからないことがあるから、色々なことをやるべき。太った豚になるな...続きを読む
  • 眠れないほどおもしろい恋する古文[王朝の美女と貴公子篇]
    古典に興味を持ち、読み始めたがやっぱり平安から鎌倉時代前までの華やかな世界が描かれていた。

    細かい内容も共に乗っけてくれて、深くまで知ることができた。

    元から、古典に興味を持っている人なら、ものすごく楽しんで読むことができると思う。
  • 大学生活を極める55のヒント
    超具体的かつ、実践的で真似できることがたくさんあって、勉強になった。
    今しかできない経験をたくさんしようと思えたし、
    ネガティブに捉えがちなことも、
    あとあと役に立つと思った。
    読み返して抽象化してキャンパスライフに活かしていこうって感じのモチベーション湧かせてくれてまじありがとうって感じ。w
  • 眠れないほどおもしろいやばい文豪
    遠い存在と感じていた文豪の人間らしい側面は興味深く、彼らの作品はあまり読んだことが無かったが、今後少しずつ読んで見ようと思った。
  • 大学生活を極める55のヒント
    ・お金のかからないサークル
    ・ファミレスかファストフードバイト
    ・京都の全ての通りを歩く
    ・1人の作家の全集を読む
    ・開かないどこでもドア
    ・源氏物語
    ・モグリ
    ・古本屋で買った本を、古本屋に売って儲ける

    大学生活、数字付きタイトルに弱いため手に取った。今までに読んだ同系統の本と同じような内容だろ...続きを読む
  • 眠れないほどおもしろい百人一首 あの歌に“驚きのドラマ”あり!
    "百人一首"と聞くと、私がまだ中高生の頃に国語便覧をぼーっと見ながら「この歌の雰囲気いいな」とか「この言葉面白いな」とか思っていたなんてことない若かりし日々の一瞬を思い出します。大人になった今なら受け取り方も変わっているのではないかと思ってこの本を読みました。
    この本は歌をテーマ別に掲載しているので...続きを読む
  • 眠れないほどおもしろい万葉集
    眠れないほど…ということはないけど面白かった。大伴家持視点で語るってどうなの!?とは思ったけど最後はあまり気にならなくなってた。歌人中心の解説というのも悪くないかも。
  • 眠れないほどおもしろい万葉集
    万葉集。

    もちろん、それは知っていましたが、ここまでその万葉集に収録されている歌を読んだことはありませんでした。語り口(書き方)がカジュアルであるからか、どんどん読み進め、また、意味も良く理解できました。

    いやぁ、勉強になりました。
  • 眠れないほどおもしろい百人一首 あの歌に“驚きのドラマ”あり!
    2016-9
    学生の頃覚えたの思い出した。
    半分ぐらいで断念したけど。
    ひとつひとつ奥が深くて面白かった。
  • 大学生活を極める55のヒント
    学生生活のヒント、というよりは、板野さんが過ごしてきた大学時代の思い出。それでも、読んでて楽しい。高校生のときに読んで、ちゃんと驚くことができればよかったやろうなぁ。しかし、板野さんがついにこういう本を書くようになったのか。書店ではじめて見たとき、驚きとなるほどやるなぁと思った。
  • 勉強の鬼原則
    林修、吉野敬介、出口汪など有名人揃いの東進ハイスクール国語科講師陣の中で、個性を放ち続ける板野博行。「ゴロゴ」など、よく知られた受験参考書を上梓している著者が、受験勉強のいろはについて1から、否、0から手ほどきする本書。

    個人的に板野さんの参考書は好きじゃなかったので、正直この本も読む気がしなかっ...続きを読む
  • 才能を伸ばす4つの「アホ」力
    人生失敗してもいいじゃんって思える本。

    普通の人と同じように生きるのは自分は無理なのでその背中を押してもらっている気分になります。

    これを読んでとにかく今できることを限界になるまでやってみようと思いました。
  • 眠れないほどおもしろいやばい文豪
    いずれも著名な文豪をピックアップしているが、作品はともかく、その人となりを知っている人はどのくらいいるのであろうか。
    勿論そういったことを知らなくても作品自体に色眼鏡で見る訳ではないが、知った上でも、より作品の深淵の一部でも垣間見れるのかも知れない。

    それにしてもまず気をつけなくてはいけないのは、...続きを読む
  • 眠れないほどおもしろい万葉集
    眠れないほど面白いとは思いませんでした。万葉集に興味はあるけどとっつきにくそうと思っている人には、ライトな感じでいいんじゃないでしょうか。
  • 眠れないほどおもしろい百人一首 あの歌に“驚きのドラマ”あり!
    百人一首は幅広く集められたと漠然と思っていたが、これほど狭い世界(宮廷)の人たちがメインだったとは。狭いだけに歌人同志の人間関係が乱れてて「けしからん!」と思うことしばしば。百人一首は歌人を役職などで表記しているので分かりにくいけれど、実は歴史上の人物がたくさんいた。(現代使われている)名前を併記し...続きを読む
  • 眠れないほどおもしろい百人一首 あの歌に“驚きのドラマ”あり!
    んー。
    いつもより分厚い多さま文庫。頑張ってくれてるんだけど、百首あるだけに、どうしようもないんだけど、やっぱり一首がさらっと過ぎてしまって、奥深さは伝わらなかった。

    編者が一人称で語ってくれるという、目新しい視点はあるけども。。。という感じでしょうかね。