眠れないほどおもしろいやばい文豪

眠れないほどおもしろいやばい文豪

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

いくら天才作家だからって、ここまでやっていいものか――? 誰もが知る文豪の「やばすぎる素顔」に迫る本。酒も女も、挫折も借金も……全部、「小説のネタ」だった!?「あの名作」は、こうして生まれた!◇ハチャメチャな生き方で女にモテまくり! 太宰治◇滅びの美学を表明! 「憂国」の天才作家 三島由紀夫◇「狂気」に呑まれる前に死んでしまいたい 芥川龍之介◇「女は『神』か『玩具』のいずれかである」 谷崎潤一郎◇「知の巨人」は「痴の巨人」でもあった?  森鴎外◇「東大教授の椅子」を蹴った理由は年俸額 夏目漱石◇「文春砲」をつくった男の“男気”と“男色”  菊池寛◇金の使い道の最善は「女へやる事」  直木三十五◇「純愛一筋」から「火宅の人」に大豹変! 檀一雄

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
三笠書房
掲載誌・レーベル
王様文庫
ページ数
280ページ
電子版発売日
2020年08月21日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

眠れないほどおもしろいやばい文豪 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年01月06日

    やはり後世に名を残す文豪ともなれば、色々とやらかし話が残ってるもので。この頃の時代のせいなのか、そうでないのか、病んだり、薬をする人が多い印象がある。また、波瀾万丈な人生を歩む人が多いという印象。しかし、それくらいの破天荒な生き方のお陰で名前を残せているのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月22日

    先に読んだ『文豪どうかしてる逸話集』より取り上げている作家が多いので、ネタを求めて読む分には使い勝手はよいかもしれない。しかしその分一人一人の内容の濃さなら『文豪どうかしてる逸話集』の方に分があるので、読み物としては少し物足りなく感じる部分もあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月14日

    「眠れないほどおもしろいやばい文豪 板野博行 三笠書房 2020年 780円+税」よくその辺にある文豪ものか、読むかなと思いながら購入。読み始めたらあら楽しい。歴史に名を残す人は金の亡者、性欲の亡者、食欲の亡者ばかり。不倫、近親、なんのその。面白い。現代の作家達もすごいだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月12日

    文豪の知られざる一面あり!!

    太宰治や芥川龍之介、夏目漱石などのメジャー処だけでなく、「文豪」と言わしめる人々に平等にスポットを当てた本。個人的には有島武郎と佐藤春夫のエピソードが印象深い。やっぱり歴史に残る人はひと味違う。

    偉大な文豪の、憎めない人間性が垣間見えた1冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月19日

    読みやすく、人物も網羅されていて、深掘り前の一覧性という点で非常に良かった。

    ここから、有島武郎や佐藤春夫など気になった作家がいたので、掘り下げていこうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月17日

    タイトルに惹かれて購入。

    文豪のあらゆる面を知ることが出来て面白かったです! 文豪と呼ばれ誰でも名前を聞けば思い浮かぶほど素晴らしい人々の、堕落した姿などが描かれていて、実際に読んでみると印象がだいぶ変わります。

    オススメの一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月20日

    たくさんの文豪が1冊に詰まっているにも関わらず、サクッと読むことができた。この本を読んだ上で、文豪の作品を読んだらおもしろいだろうと思う。特に、私小説については、事前に私小説だと知っておくのと知らないのでは、感じ方が違うだろうと思った。また、文豪同士の関わりを知ることができたのも、おもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月06日

    文豪の方々の人生がいかにぶっとんでいたかがわかる本。
    人生色々だなーと思いながら楽しく読むことが出来ました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    これ国語便覧に載ってたらもっと国語が楽しめたのにな〜
    授業でも実際の内容より先生の雑学的な内容の方が記憶に残ってる気がするので楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月03日

    文豪の教科書には載っていない行跡を綴る。文豪のほとんどが恋愛に振り回されているかのようだ。幸福な人もあまりいないし、概して短命。
    でも、文豪の人となりを知って、読書欲が湧いてきた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

王様文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング