山本ふみこのレビュー一覧

  • 朝ごはんからはじまる
    私の食エッセーの旅も中盤に差し掛かり、しばし平松洋子さんから離れて、同じ棚に並んでいたこの本に。山本さんは兼業主婦?なのだが、やはり伝わってくる食へのこだわり。そして、これは食エッセイスト(というジャンルがあるのか、今日日はこれをフーディーと呼ぶのか)を連続して読んだ感想だが、仕事柄食べ物が舞い込ん...続きを読む
  • 朝ごはんからはじまる
    私の食エッセーの旅も中盤に差し掛かり、しばし平松洋子さんから離れて、同じ棚に並んでいたこの本に。山本さんは兼業主婦?なのだが、やはり伝わってくる食へのこだわり。そして、これは食エッセイスト(というジャンルがあるのか、今日日はこれをフーディーと呼ぶのか)を連続して読んだ感想だが、仕事柄食べ物が舞い込ん...続きを読む
  • 朝ごはんからはじまる
    久しぶりに再読。心を込めて料理を作ることを思い出させてくれるエッセイなので、折に触れて読み返すつもり。
  • 朝ごはんからはじまる
    久しぶりに再読。心を込めて料理を作ることを思い出させてくれるエッセイなので、折に触れて読み返すつもり。
  • 山本さんちの 毎日の手紙のようなお弁当
    久しぶりにお弁当を作ろうと思った時に、発見。
    常備おかずの作り方や、木のお弁当箱の詰め方が気に入った。
    これなら味に飽きたり、お弁当に飽きないかな。?

    お弁当箱も、おかずと同じようにモチベーションが変わる要素だと実感。

    竹かごのお弁当箱欲しいな。
  • 山本さんちの 毎日の手紙のようなお弁当
    もう、そのタイトル通りです。毎日家族に持たせるお弁当。塾弁なら「大変だけどこのお弁当を食べて頑張って!」。部活の試合なら「勝てますように」。入試なら「力が発揮できますように」と思いを込めて作る。食べる時間、場所を考えて、食べやすくしたり、体調に合わせてみたり。一緒に食べることはできないけど、気持ちは...続きを読む
  • 朝ごはんからはじまる
    新聞の連載をまとめたエッセイ集。台所で行われる厨ごとを通して考える、仕事のこと、家族のこと、自分の行き方。著者の芯の通った凛とした生き方が素晴らしい。めあてにしたい。
  • 朝ごはんからはじまる
    新聞の連載をまとめたエッセイ集。台所で行われる厨ごとを通して考える、仕事のこと、家族のこと、自分の行き方。著者の芯の通った凛とした生き方が素晴らしい。めあてにしたい。
  • 山本さんちの 毎日の手紙のようなお弁当
    凝ったおかずはそれほどなく、すぐに真似できそうなお弁当作り。一人の料理研究家の思いが伝わってくるこのような料理本が好き。
  • 元気がでるふだんのごはん
    ごはんだけじゃない暮らし方がもりだくさん。

    ストイックなようでいてそうじゃない。
    神経質なようんで豪快な。

    真似てみようと思う人。
  • 朝ごはんからはじまる
    いま、これをしていいかな、と、立ちどまって考えましょう。
    自分の立っている場所を知ることは大事だ。そうして異なる立場を思うことも、また。
  • 朝ごはんからはじまる
    いま、これをしていいかな、と、立ちどまって考えましょう。
    自分の立っている場所を知ることは大事だ。そうして異なる立場を思うことも、また。
  • わたしの節約ノート 節度をもって、約しく暮らす
    「節約術」ではない。サブタイトルにあるように「節度を持って倹しく暮らす」日常のお話。何よりも言葉が柔らかく美しい。本職は翻訳家にようだけどこの人に訳された本をぜひ読んでみたいと思わせる。
  • わたしの節約ノート 節度をもって、約しく暮らす
    皿はたいてい、使わなければ割れないのだ。そして、出番をつくってくれたり、洗ったり拭いたりするひとは、ときどきこんな目に遭う。悲しみ過ぎないでほしい。ほんとにありがとう、長く大事にしてくれて。未練など残さず、すっと捨ててしまってくれていい。
    得ようとする執着をほどくことによって、精神は何を得るのだろう...続きを読む
  • 元気がでるふだんのごはん
    落ち込んでたときに出会った本。かなり救われました。以後、繰り返して読んでます。少しの物で工夫して生活しているのが素敵だと思います。
  • 元気がでるふだんのごはん
    何かもうほんとダメ、な気分の時に読んだ本。
    考え方ひとつで何とかなるんだな、と
    思わせてくれた。美味しいもの満載です。
  • まないた手帖
    新聞への連載をまとめたものなのだが、1回分が簡潔で気持ち良く、自分にとっては大事にしたいことが盛り込まれていた。

    食べること、周りのことを丁寧に。迷いを持つ時もあるけれど謙虚に、しなやかに。自分はなかなか実践できていないけどこういうものを読むと身がひきしまる。
  • まないた手帖
    新聞への連載をまとめたものなのだが、1回分が簡潔で気持ち良く、自分にとっては大事にしたいことが盛り込まれていた。

    食べること、周りのことを丁寧に。迷いを持つ時もあるけれど謙虚に、しなやかに。自分はなかなか実践できていないけどこういうものを読むと身がひきしまる。
  • 山本さんちの 毎日の手紙のようなお弁当
    和の素敵なお弁当。
    こういうお弁当 もっていきたいなぁと思いました。
    身体にやさしそうなメニュー
  • おとな時間の、つくりかた
    おとな時間の、つくりかた (PHP文庫)
    時間。それは、誰にでも平等にあるもの。なのに、何故、時間に余裕が有る(様に見える)人と、無い(様に見える)人が居るのだろうか?余裕が無くてバタバタしていた私は、ひょんな事からこの本を手にし、めくった。「時間を風呂敷に置き換えてみましょう。予定をたくさん包もう...続きを読む