わたしの節約ノート 節度をもって、約しく暮らす

わたしの節約ノート 節度をもって、約しく暮らす

作者名 :
通常価格 1,300円 (1,182円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ケチケチしないで、簡素(シンプル)にするのが山本流。家計を預かる主婦ならば、こんな時代ですもの、節約、きっと頑張っていることでしょう。頑張って、頑張って、でも、「これ以上はもうムリ!」と思ったら、ちょっと立ち止まって、この本を開いてみてください。節度をもって、約(つま)しく暮らすことで見えてくるものがあります。本当に大切なものを見失わないために、暮らし上手な山本さんが心をこめてつづった節約ノート。きっとあなたの暮らしに、ぽっと明かりをともしてくれることでしょう。 第1章 台所で節約をまなぶ/第2章 過ぎ去りし日のささやき/第3章 旅するように暮らしたい/第4章 お金では買えない/の4章立て。楽しみながら読んで心の役に立つ本です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
PHP研究所
ページ数
192ページ
電子版発売日
2017年05月26日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
41MB

わたしの節約ノート 節度をもって、約しく暮らす のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年02月04日

    「節約術」ではない。サブタイトルにあるように「節度を持って倹しく暮らす」日常のお話。何よりも言葉が柔らかく美しい。本職は翻訳家にようだけどこの人に訳された本をぜひ読んでみたいと思わせる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月24日

    皿はたいてい、使わなければ割れないのだ。そして、出番をつくってくれたり、洗ったり拭いたりするひとは、ときどきこんな目に遭う。悲しみ過ぎないでほしい。ほんとにありがとう、長く大事にしてくれて。未練など残さず、すっと捨ててしまってくれていい。
    得ようとする執着をほどくことによって、精神は何を得るのだろう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月12日

    タイトルから、節約のノウハウが書かれてるのかなーと思ったのですが。
    ちょっと違ったかな…^^;

    でも、いろんな本から引用されてることばは、とっても心惹かれるものが多く。。。
    『青い鳥』や『のんのんばあとオレ』など、読んでみたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月13日

    節約にまつわるエッセイ。
    節約と言っても、それは副題にあるように「節度をもって、約(つま)しく暮らす」ことである。
    日常の些細なことを大切にし、感謝の気持ちを持って丁寧に生活していきたいなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月03日

    節約ノートっていうより、つましく生きる為のエッセイって感じ。節約感はあんまない、無いからいいのかもしれない。穏やかな文体でまったりした。これくらいまったりしたエッセイ書いてみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月07日

    独特な文章。えっ?なんのお話?と興味を引かれると、著者の好きな本の引用であったり。
    物を大切に扱っている様子がとても伝わってきます。
    愛情のこもったお弁当がたまらなくおいしそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月23日

    節約方法についての本というより、丁寧な生活、スローライフを送ることで結果として節約になった日々を綴るエッセイ。こういう生活が私の憧れ。見習いたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月30日

    タイトルには「節約」とあるけど、「節度ある暮らし」をテーマにした本。今の社会に必要なのはまさに「節度」ですなぁ。自戒を込めて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月04日

    「節約をして暮らす」っていうと、いいことなんだけど、なんだかなあ、という部分が正直ある、と思う。
    それが「節度を持って、暮らす」というと、ぐん、と生活をいつくしむというか、素敵な雰囲気が増す。
    この「節約ノート」は、後者です。
    暮らしの手帖とか好きな人が好みそうな一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月16日

    節約技といった本ではないが、著者の堅実な暮らしに関する意識が表れている本。エッセイとしては良質だとおもうが、節約と期待して手にとった読者は裏切られた感が否めないことだろう。
    でも、節約ってそういうことだよね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング