矢野真千子のレビュー一覧

  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    ヒトゲノムの数の意外なほどの少なさに驚いた。食物連鎖的なことでの生態系の大事さを意識することは多いが、細菌も常に身近に働いていて、そういったエコシステムの中で我々が日々生きられているんだということを再確認した。
  • 解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯

    2SD超えたところの才能

    徹底的な人物について、呆れ、驚き、感動したいならこの一冊。圧巻!
    どの時代にも「こいつは本物だ!」という人物はいて、その本物感はほとんど常軌を逸していると感じさせるもので、その人の立つ地平線自体、スケール感がちがっていて、自分の卑小さをいや増して感じるために、ずっと追い続けるか、目を背け背中を向けて...続きを読む
  • 解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
    先日読んだ「こわいもの知らずの病理学講義」で紹介されてたので読んでみたところ、とんでもなく面白い。
    そもそもこんな人がいたのかと驚いた。奇人ではあるが、今の視点から科学的立場としては全く当たり前のことを行っているのだが、当時の常識からは外れていたのだろう。死体の調達や強引な標本採取は現代でも受け入れ...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    「あなたはあなたの食べたものでできている」という格言はよく聞かれるものですが、この本ではこうも言っています。

    「あなたはあなたの微生物が食べたものでできている」

    訳者あとがきから引用すると、肥満、過敏性腸症候群、アレルギー、自己免疫疾患、自閉症など20世紀後半から先進国で急増している病気は、人体...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    数年前に読んで目から鱗だった本。
    腸内細菌が体にこんなに影響を及ぼしているとは。健康や人の体、ダイエットなどに関心のある人は読むと面白いと思う。
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    「あなたのからだは、あなたの食べたものでできている」と言われているが、それが本当に言葉通りだという。腸内細菌のバランスが崩れると、花粉症や肥満だけではなく、鬱病になったりと精神的にも崩れてくる。人は、というより世界は微生物でできているんだなあ。なるべくいい微生物に住んでもらうように食物繊維を摂らない...続きを読む
  • 解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
    【奇人,危人,偉人】実験的な手法を用いて外科を科学の分野に押し上げた男,ジョン・ハンターの生涯を描いた作品。奇人でもあり偉人でもあった近代人の物語です。著者は,本書を通してジョン・ハンターの功績を正しく評価することに成功したともされるムーア・ウェンディ。訳者は,翻訳を通してジョン・ハンターと彼が過ご...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    ヒトゲノムの解析によって人間の遺伝子の数が解ったようだが、その数はネズミやミジンコよりも少なかったらしい。それではなぜ人間はネズミよりも複雑な行動や思考が可能なのだろうか、実はその要因の一つが、人間の体に共存する微生物の影響だと考えられている。

    しかもその微生物たちは、1型糖尿病、花粉症、潰瘍性大...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    抗菌剤に気をつけよう。
    抗生物質をむやみに摂るのをやめよう。
    ホンモノを食べよう。
    食物繊維を取ろう。
    脳より腸を労ろう。
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    ド文系だった自分にいきなり生物学を詰め込まれていた1年前、ほとんどの講義は退屈だったが、二つだけ面白そうだなと思った講義がある。ミトコンドリアについてのそれと、この本で扱われている常在細菌叢についてのそれである。そしてさらに、前者は母系遺伝で先天的に決まってしまうので病気の文脈でしか出てこないが、後...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    非常に素晴らしいの一言に尽きる。良書。
    絶賛研究中の分野だけあって、未知のことも多いようなのだが、ここまではわかっていて、ここからはまだわからないをはっきり記載してあり、まるで論文を読んでるような緻密さだった。何かを押しつけているわけではない。「できる限り客観的と思われる判断材料は提示しました。最終...続きを読む
  • 植物はそこまで知っている 感覚に満ちた世界に生きる植物たち
    広義的な意味で言えば、植物は、見る、嗅ぐ、接触を感じる、重力を感じる、憶えている。しかし、巷間言われる「聞く」ことはない。というのが、今の科学的知見。

    専門的な用語も交えているので、安易な啓蒙本とは一線を画するが、その分、一つ一つのトピック、エビデンスの取り上げ方が興味深かった。構成も見事である。...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    驚きの連続
    こんなにも微生物が影響を及ぼしているとは
    肥満、アレルギー、自己免疫疾患、自閉症
    どれも炎症が原因で、その原因は腸内微生物のバランスの悪化
    抗生物質、食物繊維、出産と育児について考慮する必要がある
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    体内に存在する微生物たちが、人間の行動までも左右していた!人間は食物から栄養を取り込む過程のかなりの部分を微生物に任せていた!人間の免疫を微生物たちがコントロールしていた!出産時に母親の膣から、その後は母乳から、母親の持つ微生物たちが赤ん坊に手渡されていた!
    まぁなんと、いちいちびっくり。目から鱗の...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    原題は"10% Human"。邦題も原題もなかなか衝撃的なタイトルだが、ひと言付け加えるなら、これは重量比や体積比ではなく、細胞としての個数比である。人体には、ヒト細胞1個あたり、おおよそ微生物9個が存在することを意味する。細菌はヒト細胞より遥かに小さいため、個数としては1桁多くても、重量が宿主のも...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    「失われてゆく、我々の内なる細菌」とほぼ同じような内容。
    こちらの方が一般向けで読みやすい。自分自身の体験を踏まえているところも良い。

    ・体の表面や体内にいるたくさんの微生物と共生している。細胞数で言えばヒト由来は10%にすぎない
    ・ヒトゲノムの数は多くはないが、多くの活動を体外の微生物にアウトソ...続きを読む
  • 遺伝子医療革命 ゲノム科学がわたしたちを変える
    題名の印象より、内容はある個人やその家族に起こった病気を事例中心で、読みやすい。 家族歴という、意外に簡単に作れるもので、自身の病気に対する対応策などを考えるきっかけにもなるなど身近な役立つ情報も多い。
    遺伝子医療ということで、山中教授の成果にも触れられていたりする所も身近に感じて読みやすい。
  • 解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
    貧乏人からは金を取らず、金持ちからはふんだくる。類希なる手術の腕を持つ男でありながらうさん臭さもある、こう書くとまるでブラックジャックだが、愛嬌があり弟子には慕われ、しかし怒りっぽいとかなり人間臭い人でもある。

    1748年二十歳のジョン・ハンターは2ヶ月ほど大工仕事をし手先が器用ですぐに玄人並みの...続きを読む
  • 解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
    すごい人がいたもんだ
    ドリトル先生好きだったのに、見方変わっちゃうじゃないか~
    近所にはいてほしくないなあ
  • 遺伝子医療革命 ゲノム科学がわたしたちを変える
    2003年のヒトゲノム全解読はどういう風に医療に影響を与えるのか。
    グーグルの共同創始者サーゲイ・ブリンは妻から個人相手のゲノム(遺伝子情報)検査会社23&ミーを創業するにあたって最初の被験者になってほしいと頼まれ調べた結果80才までにパーキンソン病になるリスクが74%と言う結果に衝撃を受ける。彼は...続きを読む