矢野真千子のレビュー一覧

  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    人体の中に生きる微生物について。その機能と人間の健康に果たす役割について。
    腸の中だけでも100兆個ほどいると言われる微生物、人間の体を作る細胞の数と比べると、9:1で圧倒的に微生物に支配されている!
    人間の細胞数は37兆といわれているので、微生物の量は半端ないことがまず分かった。

    そして、細菌た...続きを読む
  • 解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
    2世紀以上前の一個人の伝記が、よくぞここまで再現されているものだと思う。好奇心の塊だけに、その生涯はアンビリバボーな刺激でいっぱい。外科医としての業績はもちろんのこと、実験対象はあらゆる動植物に及び、次々登場する意外な標的に、ただ唖然とさせられる。ジェンナーとの交流とかも興味深いけど、有名税みたいな...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    原題は10%human。どうやら我々には人間の成分は10%しかなく残りは微生物らしい。
    虫垂に住む旧友=微生物をもっと大切にしなくてはならん、微生物の攪乱はリーキーガット(腸の細胞を互いに結び付けている鎖に干渉し腸壁の透過性をコントロールしているゾヌリンというたんぱく質が増えすぎて、腸の隙間が広くな...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    えーと内容が濃すぎて上手く書けないが、自分の腸内にいる微生物が自分の体やアレルギーなどの症状、太っているorいないなどの体質までもコントロールしているということが書かれている?家畜(=我々の食料)の体内にも微生物がいる。赤ん坊は生まれるとき母親の産道を通ることで体内に微生物を住ませることが出来、生涯...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    この本を手にとるきっかけになったのは黄色いキャラクター『ミニオンズ』なのです。主婦友が我が子にミニオンのコスプレをさせて写真を撮っているので「ミニオンって何なの?」と聞くと、「…菌?」と返事が返ってきました。まさか、そんなサイエンスに関係する話だったとは…!

    そしてこの本を読むと「腸にも脳がある」...続きを読む
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    タイトルの「9割」は細胞数の割合。ヒトの細胞の方が大きいので重量比では小さいが、遺伝子の総数で比較すると200倍もあるという。ヒトが保有する遺伝子の数は線虫とほぼ同じで、ミジンコにもはるかに及ばない。人体に共生する微生物は、ヒトの遺伝子と協力しながら私たちの体を動かしているが、抗生物質の乱用や食物繊...続きを読む
  • 感染地図 歴史を変えた未知の病原体
    ところどころ同意できなかったり、よくわからない部分もあったけど、だいたいは面白かった。医学、疫学プラス社会学の勝利。都市論。現在のソーホーを歩いて過去を想像する最後のくだりも好き。
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    とある本を読んで以降「衛生仮説」を支持していたが、さらに進んだ研究結果を知ることができとても勉強になった。21世紀病の一部が治癒できているようだが、さらなる研究の発展を期待したい。
  • 植物はそこまで知っている 感覚に満ちた世界に生きる植物たち
    人のように見て聞いて嗅いで感じるわけではない。それでも同種の認識とか知覚はあるんだね。面白い。植物の知覚を感覚的に体験できる時が来るだろうか‥‥
  • あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた
    アレルギーのみならず肥満や乳糖不耐症自閉症の一部も、人体と共生する細菌類の影響かもしれない。近年注目を集めている腸内細菌をはじめ、ヒトと共生する最近群に関するさまざまなトピックを解説している。さまざまな可能性を提示するが、最終的にわからないことは正直にわからないとする態度が好ましい。人類のDNAは解...続きを読む
  • 解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
    18世紀イギリスの外科医療に携わるジョン・ハンターは大工出身だと。夜な夜な墓泥棒から死体を手に入れ、解剖にいそしみ、さらには博物学の知識ももち、自宅に様々なコレクションを有しているというからドリトル先生のモデルだといわれ、その家はジキル博士とハイド氏もモデルになったといわれるのもなるほど納得。

    ...続きを読む
  • 解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
    労作であることがよくわかる。じっくり読まないと申し訳ない気になるくらい。
    単に偉業をたたえるだけでなくて、ジョン・ハンターのエキセントリックさもきっちり伝えている所がいいよね。この人、相当な変人だなあ。

    山形さんの解説も考えさせられる。なるほど。
  • バイオパンク ―DIY科学者たちのDNAハック!
    明らかにメイカーズを意識した内容だけど、その技術の凄さよりも人物紹介に重きを置いているので、とても頭の良い人たちなんだなとは思うが、どれだけ凄いことをしているのかはよく理解できなかった
    とはいえ必読な書籍であることには変わりありませんが
  • 解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
    いいよ、と言われつつもなんだかイロモノっぽくて読む気になれなかった、奇人近代医学の父の話。読みだしたらこれが私好みで、確かに変人で実際に身近にいたらドン引きだろうけれども、解剖はしなくても別のところでこういう奇人て割といるのじゃなかろうか。と、思ったらもう、この人柄にほれ込んでしまったと言っていい。...続きを読む
  • 遺伝子医療革命 ゲノム科学がわたしたちを変える
    邦題の通り、まさに「革命」といっても過言ではないことが、医療の世界で起きている。従来の病気の分け方、治療の仕方、医者の役割を変え、個々の遺伝情報に合わせた予防と投薬がヘルスケアの中心となっていく。さらには、結婚・出産を始め、人の価値基準へ影響し、保険も変わる。長年、ヒトゲノムプロジェクト代表を勤め、...続きを読む
  • バイオパンク ―DIY科学者たちのDNAハック!
    DNAを利用するようなバイオ技術は既に大規模な研究機関や大学で行うものではなくなりつつあり,キッチンやガレージで趣味で行うことができるレベルに達しつつある.このような現状において,黎明期の草の根のコンピュータソフトウェアの開発と,その相似性を指摘するのが本書である.

    本当に誰でも自由にDIYでDN...続きを読む
  • 解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
    読み始めは(今の眼で見れば)残酷なシーンの連続でぞっとしたが、読み進めるうち、ジョン・ハンターという人物に魅了される。
    確かに死体を泥棒して解剖したり、動物を生きたまま解剖したり、貧しい子どもの歯をぬいて金持ちの歯茎に植え込んだりしていて、現代の倫理観からすれば許されないことだが、当時は仕方なかった...続きを読む
  • 遺伝子医療革命 ゲノム科学がわたしたちを変える
    扇情的なタイトルや帯だが、中身はあくまでも最近と将来の医療・遺伝に関する一般向けの良心的な分かり易い内容
    上手な訳者がいい仕事をしてくれていて、この内容と翻訳の良質な組み合わせはめったにないレベル
    解説はあまりコンピュータを分かってないおじいちゃんで、唯一の汚点
  • バイオパンク ―DIY科学者たちのDNAハック!
    アップルのコンピューターはガレージから生まれ、リナックスはオープンソースと言う新しい取り組みでプログラムを進化させた。バイオテクノロジーと言うと閉ざされた世界というイメージだが、バイオハッカーはコンピューターとバイオテクノロジーは似ているという。DNA検査はガレージで出来るし、ヒトゲノムのような遺伝...続きを読む
  • バイオパンク ―DIY科学者たちのDNAハック!
    アメリカの話だけど、バイオの世界にオープンソースみたいな動きがあるというのが面白い。一番縁遠い様な気がするのだが。品川。