友麻碧のレビュー一覧

  • 鳥居の向こうは、知らない世界でした。4 花ざかりの王宮の妃たち
    これがシリーズの完結編になるのかな?
    千国でトーリと生きることを決めた千歳の覚悟が描かれていました。トーリとの絡みがほとんど無いのが寂しい印象もありますが、穏やかで幻想的な雰囲気は良かったです。
  • かくりよの宿飯 五 あやかしお宿に美味い肴あります。
    海坊編、完結~。

    葵ちゃんと銀次さんの過去の出会いについても明かされて…。何となく予想ついてたけど!銀次さん押しだよー!稲荷たべたい!!
  • 【期間限定無料】かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。(1)
    アニメから入って、やっと漫画を読んだのだけど。
    アニメで色々はしょられていました。
    でも内容はキュンキュンしそうだなっておもいます、アニメ文庫漫画で全部読みたいとおもいます
  • 【期間限定無料】かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。(1)
    アニメから入って、やっと漫画を読んだのだけど。
    アニメで色々はしょられていました。
    でも内容はキュンキュンしそうだなっておもいます、アニメ文庫漫画で全部読みたいとおもいます
  • 【期間限定無料】かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。(1)
    アニメから入って、やっと漫画を読んだのだけど。
    アニメで色々はしょられていました。
    でも内容はキュンキュンしそうだなっておもいます、アニメ文庫漫画で全部読みたいとおもいます
  • かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。(1)
    アニメから入って、やっと漫画を読んだのだけど。
    アニメで色々はしょられていました。
    でも内容はキュンキュンしそうだなっておもいます、アニメ文庫漫画で全部読みたいとおもいます
  • 浅草鬼嫁日記 七 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。
    あやかし夫婦第七弾。

    前作がオークション会場に乗り込んで大暴れするのに対して、
    今回は馨の故郷というかお祖父さんの田舎に戻って母親と対峙する
    少々メランコリックなお話。
    次回以降の大展開に向けての伏線が張られたものの、
    何もまだ始まらないちょっと中休み的な。

    個人的には、食べたことのある大分県の...続きを読む
  • かくりよの宿飯 十 あやかしお宿に帰りましょう。
    かくりよの宿飯の第九弾。

    迷宮牢から大旦那を助け、
    妖王の御前で害獣を退け、
    無事かくりよの宿に嫁入りすることになる。
    予想とたがわず大円団で良かった、と同時に、
    一つの物語が終わってしまい寂しい。

    八葉の一人を仲間に引き込むためとはいえ、
    途中でお菓子作り対決をすることになった時は、
    そんな事...続きを読む
  • 鳥居の向こうは、知らない世界でした。2 群青の花と、異界の迷い子
    1巻の書き終わりが気になり一気に読んでしまいました。章で枠組みしてあるので、目線が変わっても読みやすかったです。何より、いろんな人の想いが交差しながら物語が進んでいくので楽しみながら読めました。個人的にはお父さん目線も欲しかったななんて思いつつ。まだまだいろんな伏線が張られていたので、続刊も楽しみで...続きを読む
  • かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。
    全10巻。
    連載小説を最後まで買うのは初めてかもしれない。

    あやかしが好み、霊力の回復もできる料理が作れる人間の葵。
    隠世(かくりよ)の鬼神、大旦那様。
    2人は結婚するのかしないのかが物語の大筋。

    いろんなあやかしが登場し、人間の葵を食べようとする物も多いが、料理や人柄で味方を増やしていきながら...続きを読む
  • 鳥居の向こうは、知らない世界でした。3 ~後宮の妖精と真夏の恋の夢~

    西の国の王女様が

    異世界に主人公がやって来て一年がたち第三王子の元に西の国から婚約者の王女様がやって来る
    って定番のゲスト美人キャラが主人公たちの関係を引っ掻き回すがどうなるんだ!!( ; ロ)゚ ゚
    みたいな展開です
  • かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。
    前半はやっと出会えた大旦那さまと葵のお弁当を挟んでのラブラブ模様.だが後半は一気に二人の出会いの謎を明かし大旦那さまの生い立ちの深部にまで迫る核心部.大旦那さまの奇跡のような優しさに涙が出ました.
  • かくりよの宿飯 五 あやかしお宿に美味い肴あります。
    恐ろしいはずの海坊主,正体がわかれば葵の哀しさが共鳴して,あまりの孤独に思わず涙が出た.相変わらず美味しそうな料理のオンパレード.そしてだんだん明らかになってくる葵の子供時代の救世主.
  • かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。
    それこそあやかしの王と普通の娘との結婚へ至るあれこれでよくある話ながら、葵の料理の美味しそうなことと人の好さが問題を解決していくのが面白く、どんどんこの先が気になる展開。女郎蜘蛛の鈴蘭の純愛には思わずほろりとした。
  • 浅草鬼嫁日記 六 あやかし夫婦は今ひとたび降臨する。【電子特別版】
    あやかし夫婦第六弾。

    ホワイトデーにもかかわらず、
    浅草地下街あやかし労働組合組合長がさらわれ、助けに行く、
    というよりは大暴れしに行くお話。

    普通の人だと思っていた組合長が「いくしま童子」とか、
    キョンシーの使いの一族とか、
    吸血鬼がいっぱいとか、
    登場人物が多過ぎて混乱する。

    隅田川の手毬...続きを読む
  • 浅草鬼嫁日記 六 あやかし夫婦は今ひとたび降臨する。【電子特別版】
    まさかの最後の展開にびっくりだったけど、妖要素の多い一冊で楽しかった。
    今後どうなっていくか楽しみ。
  • 浅草鬼嫁日記 三 あやかし夫婦は、もう一度恋をする。
    ここで、君にもう一度出逢えた意味。

    安倍晴明キャラが登場して、波乱万丈かと思いきや、叶先生は普通に悪役だったり黒幕だったりはしない。今のところ、思わせぶりなだけ。今回の大きなポイントは、茨木童子の過去。真紀が隠しているのは、何なのか。それはもちろん二人の関係を揺さぶる嘘だったわけだが、この過去が明...続きを読む
  • かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。
    かくりよの宿飯の第九弾。

    手毬河童は置いてきぼり?
    いよいよラブストーリー大詰めには不要ってこと?

    文門の地で、春日の祖母で八葉のひとり、夏葉に学生や子供たちの食事を頼まれ、
    再会した大旦那と料理に励む葵。
    大旦那とはお弁当と引き換えに「真実」とやらを聞けることになり、
    大団円へと向かっているよ...続きを読む
  • かくりよの宿飯 八 あやかしお宿が町おこしします。
    かくりよの宿飯の第八弾。

    あいかわらず大旦那は囚われたまま、
    葵は文門狸の元仲居、春日が嫁いだ北の地へ向かう。
    八葉のひとり、氷里城城主キヨに依頼された名物開発をしつつ、
    新婚夫婦の仲を深めるのはお約束。

    空賊に襲われたり、
    北の地出身のお涼が春日の命を助けに来たり、
    実際には霊力は高いがお人好...続きを読む
  • 浅草鬼嫁日記 五 あやかし夫婦は眷属たちに愛を歌う。
    あやかし夫婦第五弾。

    浅草とバレンタイン主体で話が進むので楽しかったけど、
    七福神の扱いが軽すぎないか?
    もうちょっと一柱一柱、丁寧に取り上げてあげても良いんじゃないかと。

    ホワイトデーのお返し希望がお米とはひどすぎる。
    いくら新潟県産コシヒカリだとしても。