古矢渚のレビュー一覧

  • 群青のすべて

    イイ!

    心が洗われる…。
    表紙に惹かれて購入。大正解。男子高校生の瑞々しい青春があますことなく溢れていて最高。私の青春こんなに輝いてなかったけど、もう四十だけど、いまこの本読めたから幸せ。
  • ナンバーコール

    ほんといい

    ちまちま買い揃えていた作者さんの本を、改めてまとめて再読。
    もともと好きだったけど、今回ビックリするくらい嵌まってしまった。めちゃくちゃ好き。
    あー、幸せ。かわい過ぎる。
  • 【電子限定おまけ付き】 ふたりのライオン

    これも…

    これもすごくいい。
    青春たまらん。続きも読みたい。
  • 【電子限定おまけ付き】 ふたりのライオン

    続き読みたいです

    青春ていいですね若いです。
    ネコ好きにはたまらない猫のアコギちゃんが出てきてこれがまたカワイイです。 
    先生もネコ姿であとがきに登場されて幸せ。
    つ、続き、変化した2人の続きを読みたいです。
  • 君は夏のなか

    映画のような

    映画好きの少年たちのお話。
    劇的な展開ではなくて、丁寧に織り上げられたお話は読んでいて心地よかったです。

    他の作品もそうですが、もうそこし先も読みたくなるけど物足りないわけではない、ちょうどいい塩梅の雰囲気でスッと物語を終わるのがすごくいいです。大好き。
  • 【電子限定おまけ付き】 ふたりのライオン

    優しさと強さ

    を持った元ヤン?とのお話。
    過去の話もきれいに回収してて読んでて気持ちのいいお話。

    上手く表現できないけれど、大変好みの話でした。
  • 【電子限定おまけ付き】 ふたりのライオン

    凄く良かった!

    続きないんですか?続きを…続きを下さいいい
  • 【電子限定おまけ付き】 ふたりのライオン

    青春

    友達からの恋。
    とてもキュンキュンしました^ ^
    その後の進展した2人をもっと見たかったです(>_<)!
  • 群青のすべて
    こんな気恥ずかしく瑞々しい告白に出会ったことがいまだかつてあったでしょうか。いや、ない!

    クラスが変わる、席が離れる。
    大人になれば些細にも思える小さな変化が、学生のころはすごく重大だった。
    教室の空気を感じる一冊でした。
  • ナンバーコール
    『群青のすべて』を表紙買いし、デビュー作のこちらもいそいそと購入。
    デビュー作というのもあってか、これも男子高校生の濁りのないみずみずしさがすごく好みだったなぁ。
    フィクションだからこそ、すっと受けいれられるというか。
    これくらいのライトさがど真ん中。
  • 群青のすべて
    ジャケ買い◎
    青春。こういう王道、大好きだ。
    絵柄も好みだった。友人ズのキャラもよかったなぁ〜〜
    なかなかディープになると少し苦手なのでこういうタイプどんどん見つけていきたい。
  • ナンバーコール
    自分のコンプレックスだった名前がきっかけに次第に惹かれあって行く高校生というシチュエーションが、個人的に完全にツボでした(*´ω`*) ストーリーが良かっただけに、この先の二人が気になりますw
  • ナンバーコール
    高校3年の、ほんの短い時間を丁寧に描いたお話。
    偶然に出会った二人が共通項を見出して、距離を縮めていきます。

    教室の騒がしさ、受験を控えたそわそわした気持ち、帰り道の空気の感触、そういったものを思い出し、切なく温かくなりました。
  • 星だけが知ってる

    星好きにはおすすめ?

    あとがきにて作者さん的には迷走したらしいですが、私は全体的にストーリーがしっかりまとまっていて、とても良かったと思いました。
    話の展開が落ち着いた感じなので、安心して読めます。話は静かだけど心の動きがメインみたいな。
    2人の間の空気感とか雰囲気とか、微妙な距離感とか表情一つで上手く描かれてるな〜...続きを読む
  • 星だけが知ってる
    ★4.2
    良かったー!古矢さんの作品大好き。絵柄も雰囲気もドンピシャすぎる。少しずつ2人の距離が縮まって育まれていく感じがたまらなくキュンとする。冬の寒い描写の空気感もすごい好き。
  • ナンバーコール
    8に関するあだ名で呼ばれる2人が出会いから付き合うまで。
    高校3年の同級生。

    良くも悪くも普通でどこか気がきかない攻め
    ×
    明るく、そして焼きもちやきの受け

    ゆるゆるとした日常から、お互いがお互いの1番になっていないと
    どこか納得出来なくなってくる。
    お互いの気持ちが近づいていく、という話として...続きを読む
  • 群青のすべて
    まさに中高生だからこそ作り出せる青春の一ページといった感じでした(笑)
    自分の日常のなかで相手の存在がどれだけ大きいかをじわじわと実感していく過程やいざ想いを自覚した後の行動が学生らしい勢いのある所とか、告白時の加速感やさっぱりした終わりの後味とか含めて描き方がとても好きです。
  • 群青のすべて
    中1から高2まで同じクラスだった2人が高校最後の1年でクラスが別れたことで変わる関係と日常。漣にずっと片想いしながら、必死に気持ちを殺す快が読んでてつらかった。だと言うのに、快の気持ちを知りながら肩に無防備に寄り掛かったりする漣のずるいこと(^q^)でも漣は基本イケメンですよね…w決めるとこは決める...続きを読む
  • ナンバーコール
    じわりと来るお話。
    エイトとハチ。8つながりで知り合いになり、何かと話すようになったが、お互い気になり…
    Hはありませんでしたが(笑)なんか良かったです。
  • ナンバーコール
    名前をきっかけにゆるやかに恋に堕ちる様が自然でよかった。脇キャラがまた良い味だしてて、横井が面白いwでも好きなのはきっしーです^^ きっしー、イケメンw