君は夏のなか

君は夏のなか

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

男子高校生2人、夏、聖地巡礼。お互いに映画が好き―――佐伯千晴と戸田渉はそんなよくある共通点から仲良くなった。一緒にいると楽しい、自然とそうなったある日2人の関係を一変する出来事が…。落ち着かない気持ちの中、千晴が夏休みを使って“聖地巡礼”しようと持ちかけてきて…。人を好きになる、ということ。それはどうしようもない、ということ。男子高校生2人が紡ぐ、眩しくて愛しい青春劇。

ジャンル
出版社
一迅社
掲載誌・レーベル
gateau
電子版発売日
2017年07月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
84MB

新刊オート購入

君は夏のなか のユーザーレビュー

    購入済み

    青春!

    ぴーち 2020年05月30日

    ほんとに純粋に素敵なお話。
    高校生のありがちな青春のお話だけど、1ページ1ページ大切に読みたくなる。キスまでだけど、読み終えたあとの充足感がすごい!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    Ann 2020年05月10日

    も〜何なのってくらい良かったです。渉が男前で千晴が好きになるのすごく良く分かる。
    どうなるかと思ったけどハピエンでキュンキュンが止まりません。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    良すぎる

    jin 2020年01月18日

    良すぎて言葉が出ない

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    映画のような

    ひまじん 2019年03月09日

    映画好きの少年たちのお話。
    劇的な展開ではなくて、丁寧に織り上げられたお話は読んでいて心地よかったです。

    他の作品もそうですが、もうそこし先も読みたくなるけど物足りないわけではない、ちょうどいい塩梅の雰囲気でスッと物語を終わるのがすごくいいです。大好き。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    揺れる心を隠して

    真名兎 2020年02月22日

    友情と恋慕に揺れながらポーカーフェイスを装い続けた胸の内は、どれほど痛かったのか。告白を受けて、意識し始めた毎日のもどかしさはどんな疼きだったのか。
    そんな2人の夏が眩しい作品だった。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ただただ爽やか…

    ピクルス 2017年08月04日

    表紙に惹かれて購入。
    BL初心者向けで、激しい描写皆無の爽やかなストーリーです。
    爽やかすぎて、あまり印象に残らないかも。
    攻めがもう少し積極的だったら良かったのにな。今一つ盛り上がりに欠けているかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    あこさんさん 2020年05月04日

    佐伯の表情に別れのフラグを感じながら読み進めるのはとても切ない。一方的に連絡を断つのは辛過ぎました。これまで何人も振ってきたのだから、せめて最後は振られる覚悟を持って対峙して欲しかった。ハピエンで本当によかったけど、ラストはちょっと強引に感じました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    青い夏!

    ななな 2020年05月03日

    タイトルと表紙と試し読みで惹かれて購入しました!
    青い夏ですなぁー!

    ええーそんな消え方する!?とは思いましたが、爽やかで良い話でした。
    趣味友イイですね!
    話が丸く収まって良かったです!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    せつなぁ

    Mickey 2020年04月19日

    作家買いしている先生です!ういういしい初恋みたいなストーリーでキュンキュンする!でもやっぱりキス止まりなのがちょいと物足りないんだよなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    爽やか!

    mama 2020年04月05日

    爽やか!でも、夏!うーん夏の朝?ラジオ体操くらいの時間ってかイメージラジオ体操!なんにもないぞこれって思ったら 殴っちゃう?男同士あれで仲直り出来るからいいんだけどさ。羨ましい。

    このレビューは参考になりましたか?

君は夏のなか のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 君は夏のなか
    660円(税込)
    男子高校生2人、夏、聖地巡礼。お互いに映画が好き―――佐伯千晴と戸田渉はそんなよくある共通点から仲良くなった。一緒にいると楽しい、自然とそうなったある日2人の関係を一変する出来事が…。落ち着かない気持ちの中、千晴が夏休みを使って“聖地巡礼”しようと持ちかけてきて…。人を好きになる、ということ。それはどうしようもない、ということ。男子高校生2人が紡ぐ、眩しくて愛しい青春劇。
  • 君は夏のなか 番外編
    220円(税込)
    「君は夏のなか 初回限定版」の付録小冊子用に描き下ろされた番外2本を収録。 本編のその後を描いた「君と夏のあと」 年末に渉の実家に遊びに来た佐伯。明かされる二人の再会に隠された淡い秘密。 渉との再会を佐伯目線で描いた「君と君」 本編から遡り、高校入学当初まだ友達ではなかった二人。甘酸っぱく揺れる恋の予感。 ※本電子書籍は2017年7月28日発売『君は夏のなか 初回限定版』の付録小冊子と同...
  • 君と夏のなか【電子限定カラーイラスト付き】
    高校を卒業し、大学進学と同時に東京に戻ってきた佐伯千晴。再び渉と過ごす夏が始まる。別々の大学に通い、バイトと勉学に追われる多忙な中でも、すぐ会える距離でお互いを感じられることに沸き立つ気持ちがあった。週末に行く映画館、泊まりでの花火大会、そして聖地巡礼の続きを、2人で。人を愛することを知り始めた2人にとって、一度しかないこの夏は、あまりにも瑞々しい。
  • 君と夏のなか 番外編
    220円(税込)
    「君と夏のなか 限定版」の付録小冊子用に描き下ろされた「ある夏の日の夜と朝」。終電を逃し、急遽佐伯の家にお邪魔することになった渉は――。※本電子書籍は2019年7月30日発売『君と夏のなか 限定版』の付録小冊子と同内容です。
  • 君は夏のなか 茜の頃
    220円(税込)
    「君は夏のなか」の本編後を描いた番外。渉と佐伯は海辺に座り、日が暮れるまでお互いの話をする。それでも1ヶ月離れていた二人には物足りなく感じられ――。※本電子書籍は同人誌「茜の頃」と同内容です。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

君は夏のなか ページトップヘ