アダチケイジのレビュー一覧

  • グラゼニ~東京ドーム編~(1)

    思ってたのと違って

    読みすすめて第一印象は◎です。
    たぶんこのシリーズは、途中からだと思いますが、ここから読んでも話についていけました。

    グラゼニってタイトルからしてお金に執着した主人公かと思ってました。なのであまりクリーンなイメージで考えてなかったのですが、グランドでお金を稼ぐためにはここまで考えてやってるん...続きを読む
  • グラゼニ(1)
    「全選手の年俸を覚えているのが武器の中継ぎ投手」という設定が斬新すぎて読んでみたら超好きなやつだった。根が実直なキャラばかりなので、一見セコそうな年俸比較もユーモラスに感じられ、人間味あふれる描写へと広がるのがおもしろい!
  • グラゼニ~東京ドーム編~(11)
    肩がかるく練習試合でいい成績を残すので先発で話がくる。回答は保留。中継ぎだと細く長く契約できるので、生涯賃金は高くなるという計算。さらにたくさん試合に出た場合のインセンティブ500万円が先発だとなくなる。ここまで計算するんだと感心すると、ダーティは甘いと言う。移籍を考えていない。もう野球人生として求...続きを読む
  • グラゼニ~東京ドーム編~(7)
    先発に回されての復帰戦。130キロしか出ないが、運に恵まれて0点が続く。スパイダースはオープン戦では3連続三振していたがそれは演技だった。相手は下降気味の元エース。こちらも丁寧に描くことで心理描写、試合の駆け引きが面白い。どちらかというと場外のシーンが多かった気がするがここは試合展開をじっくりと描い...続きを読む
  • グラゼニ~東京ドーム編~(1)
    文京モップスに入団する。同じ中継ぎの投手からの嫉妬、弟子入りさせてくれと言ってスキルを盗もうとしたり。そこでボール球の練習。ボール球だけでアウトがとれる話が面白い。
  • グラゼニ~東京ドーム編~(15)
    なるほど。ここでまたいったん終了ですか。意外に息の長い選手生活になってきてます。古巣に戻るかと思いきや、意外に別の球団。そして、一転して先発にこだわった姿勢。リーグ変わって、スタイルも変わって、さて、吉と出るか凶と出るか。でも何となく、今度こそ引退に向けての第一歩って気がするんですけど。
  • グラゼニ~東京ドーム編~(14)
    先発ローテーション入り、凡田グッズ、固定ファン獲得。
    地味なリリーフピッチャーだったあの凡田が?
    大器晩成とはこのことか⁉︎
    グラウンドにはゼニがざくざく埋まってる。
    FA権を行使し、ファンに惜しまれモップスを去るのか、ファンの期待に応えモップスに残留し、リリーフに戻るのか、凡田の野球人生最大で最...続きを読む
  • グラゼニ~東京ドーム編~(12)
    11・12巻を読みました。選手生命を考えないといけない年齢に差し掛かって、いかに引退までにゼニを引っ張れるか、その駆け引きが面白い。意外にうまくいったり、逆に思いの外ダメだったり。そのあたりの浮き沈み感の出し方が上手いですね。結構同じことの繰り返しだと思うんだけど、飽きさせられることなく読み続けられ...続きを読む
  • グラゼニ~東京ドーム編~(10)
    がっつりグラゼニな10巻です。
    運の良かった、10勝、勝率10割に小躍りするダーティ桜塚。ちょっと暴走気味ですね。
    契約をスムーズにするため雇ってるのに、代理人に選手が振り回されるのでは本末転倒という気も…。
    人気ベテラン選手引退の話も良かった。
    どんなプロスポーツもファンがいるからこそ、ゼニが稼げ...続きを読む
  • グラゼニ~東京ドーム編~(5)
    ヒジの靭帯損傷でトミー・ジョン手術を受けた凡田。そのシーズンの契約更改は、なぜかなぜか育成契約?チーム事情とはいえ、手術して来シーズンはまるまるリハビリで、実働見込めないとはいえ、それはどうなの?という話。理屈はともかく、人情としてはさー、っていう。
    それを受け入れて、再来年のシーズンのカムバックに...続きを読む
  • グラゼニ~東京ドーム編~(10)
    一つのシーズンが終わり、また契約更改の時節到来。このマンガの醍醐味は、やっぱり第一にはここにありますよね。スポーツ業界のことは全然知らないけど、裏で暗躍する人物の在り方とか、球団オーナーの思惑とか、あまり表に現れないような部分が垣間見れて面白いです。故障シーズン、特殊な働き方のシーズンを経て、次は元...続きを読む
  • グラゼニ~東京ドーム編~(9)
    今となっては、この作品は自分の中で結構上位の位置づけにあったりします。何気なく盛り込まれてくる男女関係とか、徹底的にこだわりぬく年棒への執着とか、思わず興味をそそられる、いわゆる下世話な展開の仕立て方が上手い。これから落ち目になった主人公が、更なるトレードを経験して、みたいな感じで、まだだいぶ楽しめ...続きを読む
  • グラゼニ~東京ドーム編~(9)
    今回はここ最近のまったりした展開ではなく、河内選手&則川投手(というか奥さん)のバックグラウンドに驚かされたり、ラストにドキッとさせられたり、終始目が離せない展開で読みごたえありました。
    河内選手は心根の優しさが垣間見られて、前巻で出てきたときは嫌なキャラだと思ったけど今回で一気に好きになってしまい...続きを読む
  • グラゼニ~東京ドーム編~(6)
    テラの反動かもしらんけど、これはいつになく面白く感じた。これまでの、ひたすら慌しく経過するシーズンとは打って変わって、故障者としての日常を描かれているのが斬新ってこともあり、いつもと違う面白さがありました。かといって、本作とは切っても切り離せない”おカネ”絡みの話題には事欠かず、期待を裏切られること...続きを読む
  • グラゼニ(1)
    全巻読破。年俸面に大きくスポットが当たった異色のプロ野球漫画。
    1巻は読み切り形式。常に年俸にまつわる話で異色ぶり全開。主人公は主人公のくせに結構な小物。2巻以降は主人公夏之介以外の選手や球団関係者の給与の話にもおよぶ。さらに結婚や家族といった人生設計の話にも関わっていく。中盤以降はまた夏之介に話の...続きを読む
  • グラゼニ~東京ドーム編~(6)
  • グラゼニ(6)
    解説者の、しかもシーズンオフの間の話なのに、目茶苦茶ハラハラして引き込まれる。ゼニ=「生活」の話だから地に足がついて共感でき、かつ華やかな舞台でさもしくはない。あらためて良くできたマンガだ。
  • グラゼニ(16)
    夏之介のアメリカ生活。後輩くんがついてきてくれてよかったね。コミュニケーションできないのはなかなか不便だろう。いまのところの夏之介はいい感じ。BLのおかげか、コージウエハラのおかげか。どちらにしても、順調に上がっていきそうだ。メジャーの試合に出れば1日50万だもんね!早く上にいかないと!
  • グラゼニ(15)
    なんてこと!いきなりプロポーズするわ、ポスティングするわ、大丈夫なのか。そして、から回っているようにも見える。コージ・ウエハラに感化されてマイナー契約してしまうし、ユキちゃんを本当にアメリカに呼んでしまっていいのか。もうここまできたら、行くしかない!突っ走れ!メジャーを勝ち取るんだ!
  • グラゼニ(13)
    夏之介、絶好調だね。メジャー行きとか、ユキちゃんと結婚とか、絶対なさそうなことが、もしかしたらもしかして、起こってしまうのか?という予感。とりあえず、年棒アップは間違いないけど、クライマックスシリーズでどこまで乗せられるか!楽しみだ!