井上純一のレビュー一覧

  • 中国嫁日記 ママたいへん編
    少し前までは、こういう家族愛ものは私の環境的に心に毒だった。 今は一人でも子供を持とうかと選択肢をもったので、参考的に読める。
    もう、一生家族はいらないと思ったけど、家族はいいな。
    そして、井上さんの漫画は読みやすくて、可愛い。
    経済編も分かりやすく、よかった。
  • キミのお金はどこに消えるのか
    経済の話は、大事だけど難しいだろうから、とちょっと敬遠気味の人たちに一度手に取って欲しい本。
    政治家が声高に叫ぶステレオタイプが如何に真逆であるか、に切り込んでくれてます。

    でも、この本の内容が正しいのかというとそうではないところが難しい所。
    国民のお金を取っているのは最終的には国ですが、今の時点...続きを読む
  • キミのお金はどこに消えるのか
    お金、経済、日本の税金、財政の正しい道筋が少ないページに簡潔にまとめられていて、尚且つ、マンガでとても読みやすい!!
    ちょうど、マルクス、アダム・スミス、ピケティの三者の要約書を読んだばかりだが、理解すべき内容はこの本を読めばいいのではないかと思うほど解り易い。周りの人にぜひ薦めたいと思うが何より政...続きを読む
  • キミのお金はどこに消えるのか
    中国嫁日記というコミックで人気の著者の「お金」をテーマにしたコミック。文章量がやや多めで読むのに多少時間はかかるが経済の常識をわかりやすくストーリー仕立てで描いている。著者の奥さんで中国人の月(ゆえ)さんの思いがけない疑問に著者が毎度四苦八苦してるのが楽しい。
  • 中国嫁日記(七)
    改めて、この漫画は学校の図書室に置くべきだな、と感じた
    授業の教材に使うとなると、先生自身が深く読み込む必要はあると思うが、日本と中国の関係について熱く語りたい、生徒に自分なりの考えを持ってほしい、って気概があるのなら、そうするべきだろう
    そのくらいしてくれる先生の授業だったら、きっと、私も受けたく...続きを読む
  • 中国嫁日記(七)

    書き下ろしが

    オリジナルの書き下ろしが泣ける。
  • 中国嫁日記(七)

    羊のいる生活

    月さんの故郷、内モンゴルへの里帰り記がメインということで、日常系っぽい、穏やかな巻になるのかなあ、
    ちょっと中だるみしそうだなあ…
    なんて思っていたら、なんのなんの!
    さすが、中国嫁日記!
    さすが、月さんの家族!
    夢中で読み、最後まであっという間でした。四コマの内の小さな絵や文章では理解し...続きを読む
  • 中国嫁日記(六)
    もう、井上先生のぽっこり出過ぎなお腹を全力で殴りたい、「ありがとうございます!!」と、ぐっちゃぐちゃに汚くなった泣きっ面で
    今、この感想を書くため読み返しているのだが、また、涙が溢れてきてしまっている。汚ぇ塩水を浴びたら、愛機が壊れてしまうので、必死にハンカチで押さえながら、キーボードの上で指を動か...続きを読む
  • 中国嫁日記(六)
    書き下ろしは流産の話。経験はないけど泣ける。電車の中で読んでたらうっかり泣いてしまった。
    責任が誰にあるかなんてわからないけど、自分を責めてしまいますよね。
  • 中国嫁日記(三)
    とうとう中国で暮らすことになったじんさんと月。
    すれ違いの日々が、また、2人の絆を深める...
    結婚秘話も含め、楽しめる第3弾。
  • 中国嫁日記(五)
    一ファンとして、こんな勝手な事を書いていいのか、そこは迷うトコだが、正直、この5巻は既刊より内容が重い、どちらかと言えば、悪い方向に
    前半はともかく、恒例の書き下ろし長編は面白い話、とは言えない。もっとも、井上先生自身、この事件は相当にキツかったのだから、面白可笑しく描ける道理などあるはずがない
    ...続きを読む
  • 中国嫁日記(五)

    人生山あり谷ありだなぁ

    人気ブログから始まった今作品も5巻目となりました。

    前半はほのぼのした中国生活を中心にした楽しい内容。
    二カ国を行ったり来たりの生活はそれなりに大変そうですが
    細かい生活者の目線が、読み手には興味深いです。

    後半はネットでも話題になった大借金問題。
    裁判とか税金問題への対処って、ものすごくHP削...続きを読む
  • 中国嫁日記(五)
    相変わらずのほのぼのな二人の生活を書きながらも、大きな小さな事件に見舞われていることが、まず日々の四コマでも察せられます。
    その不穏な空気の大元は、読み切り漫画で詳しく描かれているのですが、事件がどうこう、というよりも月さんの度量の広さ、賢明さ、思いやりの深さ、に、心が打たれます。同じような状況にな...続きを読む
  • 中国嫁日記(一)
    独身の叔父(50代)に外国人妻を進める為に買った本。(彼に老後何かあったら、私たちが面倒見なければならなくなるので)月さんみたいな叔母なら大歓迎なのだが、この夫婦の馴れ初めは一般的な国際結婚とは少し違うみたいですね…。ジンさんは恵まれてるなあ。日本の独身男性はもっと国際結婚に目を向けるべきだと思う。...続きを読む
  • 中国嫁日記(一)
     ブログ発の身内ネタマンガ。
     月さんかわいい。

     私の知っている中国嫁は、年齢がもっと上で、八十后世代ではないから、こんな感じじゃないですが。
  • 中国嫁日記(四)
    この巻も、日本人の旦那と、中国人の嫁さんの様々な「違い」から生じる日常イベントに笑わされ、癒され、ウルッとさせられた
    単純に面白い、だけじゃ表現したくないんだよなー、何となく。いや、あくまで漫画なので、国のために身を粉にして働いてくれている政治家の皆さんみたいに、クソ真面目に日中関係のバランスの崩壊...続きを読む
  • 月とにほんご 中国嫁日本語学校日記
    日本語学習の中級以上の人にとっては結構よい副読本なのではないかなぁ、と思う。「日本語は分かる、でも細かいニュアンスがね....」という、ハーフの人にもお勧めかもです。

    ただし、筆者グループ(というか観察対象?)が漢字文化圏出身なので、それ以外の言語圏出身の学習者にはハードルが高いかもしれないが.....続きを読む
  • 中国嫁日記(四)
    相変わらず仲良しの二人がラブラブキャッキャウフフ…だけじゃなかったの巻。うちはたまたま上手くいっただけ? と思ってたけど、そういうことでもなかったのか。
    たしかにあまり知られてないし、社会的な意義がありますね。いろいろ大変だったことを描いてくれてありがとうございました。
  • 中国嫁日記(四)
    相変わらず仲良しでほのぼのしたご夫婦の日常です。改めて読むと大変なことがたくさんあるのですが、作者さんの描き方が秀逸なのと奥様の明るさでほのぼのエピソードになってしまっています。
    最後の書き下ろしの長編、作者さんは答えなんか出ていないとコメントされていますが、奥様の言葉以上の答えなんてないと思います...続きを読む
  • 中国嫁日記(四)
    描き下ろしパートはズシンを来た。

    不妊を女性だけのせいにされて悲しい思いをした人が今までどれだけいただろう。そう考えると、よくぞ描いてくれたと思う。

    『ツレがうつになりまして。』の細川貂々さんは、子供のことをあきらめてイグアナを飼っていたのだけど、40歳になって子宝に恵まれたという。

    押し付け...続きを読む