少年のアビス 1

少年のアビス 1

作者名 :
通常価格 658円 (599円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

何もない町、変わるはずもない日々の中で、高校生の黒瀬令児(くろせれいじ)は、“ただ”生きていた。家族、将来の夢、幼馴染。そのどれもが彼をこの町に縛り付けている。このまま“ただ”生きていく、そう思っていた。彼女に出会うまでは――。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイ・ミーツ・ガール、開幕――。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
週刊ヤングジャンプ
ページ数
215ページ
電子版発売日
2020年07月17日
サイズ(目安)
41MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

田舎の閉鎖的な町で暮らす少年・黒瀬令児。
彼は、家族に縛られ、町から出ることを許されません…。
一体彼の人生は誰のものなのか。
閉塞感やノスタルジーが漂う作品です。

令児には、認知症の祖母とそれを介護する母、引きこもりの兄がいます。
母は現在の状況に疲れ果て、自分が楽になるため、令児に大学進学ではなく地元に就職することを強います。
しかも就職先は、令児をパシりとして使ってくる幼なじみの会社でした。

令児の人生は令児のものであるはずなのに、家族や町に縛られ、自分の人生を生きることがままなりません。

そんなとき出会ったコンビニ店員の女性が、令児が好きなアイドルグループのメンバー・ナギであることに気付きます。
舞い上がる令児ですが、ナギもワケアリのようで…。
「この町からいなくなる人」だからと自分の置かれた状況を話す令児に対し、ナギは「心中しようか」と提案するのです。
戸惑う令児となし崩し的に肉体関係をもつナギですが、なんと彼女には夫がいることが発覚します!!

令児が住む町は「春の棺」という劇中小説に登場する情死ヶ淵伝説の舞台となった町。
情死ヶ淵伝説とは、その小説の中で書かれている江戸時代に起きたとされる心中の話です。
この物語は、その情死ヶ淵伝説をキーに展開していきます。

登場するのはそれぞれワケアリで深い闇を抱えている人たちばかりです。
しかし、描かれている地方特有の閉塞感やしがらみに縛られた状況への諦め、自分の将来への絶望は、物語の中だけではなく、現実に生きる我々にも身近なことではないでしょうか。
それらを『ヒメゴトー十九歳の制服ー』の作者である峰浪りょう先生が圧倒的な描写力で描くため、読んでいるこちらも息が詰まるような閉塞感を感じるのです。

終盤、狭い世界で生きる令児に対しナギは
「全部捨てて町を出ていけば?」
という言葉をかけます。
そこではじめて令児は逃げても良いということに気付くのですが…。

明るい展開は今のところ見えませんが、彼らに今後救いは訪れるのか、複雑に絡み合った人間関係が「心中」というテーマからどう進んでいくのか…。
ハッピーな物語に飽きた方、是非この閉塞感に浸ってみてはいかがでしょうか。

    無料版購入済

    万人受けはしない

    SOUKA 2021年06月27日

    無料版1巻を読んで続きが気になったのでそのまま既刊分全て購入。一気読みしました。
    万人受けはしないけど、どろどろな人間ドラマが好きな人にはオススメ。久々にこんなドロドロなの読んだ。文字が多い訳ではないのに、漫画というより小説でも読んでるんじゃないかと錯覚する。メインキャラ全員が闇深い。"...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    落差……!

    黒瀬チャコ 2021年08月13日

    峰浪先生の前作「初恋ゾンビ」を見てからこれを読むと、温度差で風邪ひくどころか心臓止まりそう。まさにハワイと南極、千賀のお化けフォークくらい落差あります。
    あんな純粋初恋物語の次にどうしてこんなダークを超えたピッチブラックな話を描けるのだろう。天才過ぎて鳥肌たちます。
    今や社会問題になっている、家族の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    若さ故の視野狭窄

    けい 2021年05月19日

    守らなきゃいけないものが一杯の主人公。
    でも、それすらもどこか空虚で嵐に吹かれてフラフラしてる。
    第一印象が明らかにヒロインではないのによくよく読むとヒロインみたいな幼馴染。
    賢くて行動力も客観性もあるのにドンづまりを凝視してる。
    登場人物で一番ヤバい空気を醸してる一見メインヒロイン。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    2021年10月10日

    すごく面白い物語が始まったって感じがする
    今後二人の人生についてよく知りたいし
    この町の人たちの関係も気になる

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    な な 2021年08月17日

    めちゃくちゃ面白い!!!
    独特な雰囲気のある作品でした。
    作品の世界観が個人的には大好きです。
    これからの展開も気になるし絵のタッチも好きでした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    2021年05月21日

    面白かった。
    田舎の閉塞感、逃れられない人間関係、家族との仲…。
    漫画から伝わってくる、これらの雰囲気がとても好き。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    bookma 2021年04月27日

    行き場のない淀んだイヤな空気が終始流れていて、主人公には何もなく、夢や希望どころか自分の意思さえ持つことが許されないような、無力感や絶望感が伝わります。終盤の雨に打たれるシーンが美しかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2021年04月01日

    ドロッドロだけどめちゃくちゃおもしろい!絵もとても綺麗です。
    田舎町特有のイヤーな雰囲気と魅力的な登場人物のギャップがクセになります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    SNS

    たかしくん 2021年02月18日

    ヒメゴトの作者さんと知り、試し読みも読んで面白そうだったので購入しました。
    狭い人間関係の淀みと、人と人の関わりの描き方が好きだったので今回の作品も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    太郎 2021年02月10日

    久しぶりに面白い漫画に出会えました

    このレビューは参考になりましたか?

少年のアビス のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 少年のアビス 1
    658円(税込)
    何もない町、変わるはずもない日々の中で、高校生の黒瀬令児(くろせれいじ)は、“ただ”生きていた。家族、将来の夢、幼馴染。そのどれもが彼をこの町に縛り付けている。このまま“ただ”生きていく、そう思っていた。彼女に出会うまでは――。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイ・ミーツ・ガール、開幕――。
  • 少年のアビス 2
    658円(税込)
    高校生の黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。そんな時、大好きなアイドル・青江ナギと出会い心躍らせる令児だったが、彼女が差し出した救いの手は“心中”だった――。令児はその手を自ら握り、川へ向かった。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第二章――。
  • 少年のアビス 3【書店限定特典イラスト付き】
    高校生の黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。青江ナギとの心中未遂。令児に固執する担任教師。そして、憧れの小説家に出会ってしまった幼馴染。それぞれの想いは深く暗い“アビス”で交差する――。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第三章――。
  • 少年のアビス 4
    658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。アイドルとの心中未遂。町を出ると約束した幼馴染。息子にすがる母親。そして、令児に固執し続ける教師。“アビス”は令児の周囲を巻き込み大きく深くなっていく――。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第四章――。
  • 少年のアビス 5
    658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。アイドルとの心中未遂。町を出ると約束した幼馴染。令児に固執する教師。そして息子を縛り続ける母親。“アビス”は町すらも取り込み次第に大きくなっていく――。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第五章――。
  • 少年のアビス 6
    658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。アイドルとの心中未遂。町を出ると約束した幼馴染。令児に固執する教師。息子を縛り続ける母親。そして“アビス”は小説家の少年時代にまで遡る――…。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第六章――。
  • 少年のアビス 7
    658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。アイドルとの心中未遂。町を出ると約束した幼馴染。令児に固執する教師。息子を縛る母親。そして、親友だったヤンキー。収束したかに見えた問題は新たな想いを生み…。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第七章――。
  • 少年のアビス 8
    658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。アイドルとの心中未遂。町を出ると約束した幼馴染。令児に固執する教師。息子を縛る母親。親友だったヤンキー。年が明け、季節が移ろうも、また同じ日々が始まり…? 少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第八章――。
  • 少年のアビス 9
    続巻入荷
    658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、家族、教師、幼馴染、アイドル、小説家、そしてこの町。そのすべてに縛られながら“ただ”生きていた。それでも少年は、雪が降り注ぐ深淵(アビス)から、遠くにぼんやりと見える光のような何かに向かって歩き出す。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第九章――。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

週刊ヤングジャンプ の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング