ブックライブの書店員おすすめレビュー
書店員すず木のレビュー一覧
書店員すず木

年間読むマンガは2000冊以上!2005年より電子書籍サイトの仕事に携わる、この道10年以上のプロ書店員。
「面白いマンガを多くの人に読んで欲しい」をモットーに、オススメのマンガをご紹介します。
新作マンガを紹介する「月刊書店員すず木」特集を毎月更新中!
ブックライブ公式Xにマンガコンシェルジュとして降臨することも。

すべて のおすすめレビュー

  • 木下桃花(きのした ももか)25歳OL。初カレとのHを拒否したらフラれ、やけ酒をした翌日、ベッドで目を覚ますと隣には見知らぬ男子が!?
    一緒に朝チュンを迎えた男子は、5歳も年下のイケメン大学生 叶(かなえ)。
    来るもの拒まずだけど誰にも執着がなさそうな叶の姿に、桃花は衝撃を受けます。
    成り行き

    2024年06月07日
  • 幼い頃のトラウマから、「誰かの『特別』になること」を恐れてしまう綺優(きゆ)。
    そんな自分を変えたいと願いながらも、大人になっても、恋愛に踏み込めない日々。
    中学生時代、そんな淋しさを埋めてくれていたのは、遊び人の同級生「よだかくん」でした。
    誰のことも好きにならないからこそ、安心できる存在だ

    2024年06月07日
  • ‟男らしくない”という理由で、彼女に浮気されフラれた教師・久慈弥九朗(くじ やくろう)。
    子供のころから色白で華奢…男属性とは無縁な26歳。
    モデルでインフルエンサーで文武両道で“生物学部”部長の女子・阿加埜(あかの)。
    生徒からの相談に困る久慈に対し彼女は唐突に性淘汰論を展開しその場を納得さ

    2024年06月07日
  • ヤクザに殺し屋として育てられ、人の愛を知らずに生きてきた少女、ねずみ。
    偶然出会った普通の青年、碧(あお)から一目惚れであると告白され、とまどいつつも恋に落ちるねずみ。
    彼女は自分の仕事を隠し共に暮らし始めますが、碧はねずみの仕事現場を目撃していたのです。
    そのことが組織にバレ、碧を殺すように

    2024年06月07日
  • 病気の影響で小学生の頃に身体の成長が止まってしまった、吉乃 華(よしの はな)25歳。
    彼女はその133cmという身長のために、心無い言葉を投げかけられたり、失礼極まりないことを聞かれたり、仕事先でナメられたり…数々の理不尽を味わってきました。
    どんな状況でも持ち前の明るさで乗り切ってきた華です

    2024年04月30日
  • 切鮫 鋭二(きりさめ えいじ)40歳は事件が伴侶と言い切ってしまうほど仕事熱心な刑事。
    そんな彼がとある事件現場で出会ったのが、声を出さない不思議な女子高生・梔子 鶫(くちなし つぐみ)です。
    鶫はたまたま遭遇した自殺現場でこれは自殺ではなく巧妙なトリックを使った殺人事件であると、スケッチブック

    2024年04月30日
  • 砂漠の中にある、動物たちが住む町ママタウン。
    その一角にふたりで住んでいる女子高生のまめ子と子豚のユリリィはとても仲良しでした。
    楽天家で明るいまめ子と真面目なユリリィ。まめ子がユリリィを守って生活をしているかのようでしたが…。
    ある日ふたりは町の中心部へと出かけます。
    動物たちが中心となっ

    2024年03月28日
  • 主人公の立花志乃(たちばな しの)はギターを弾く瀬名瑞生(せな みずき)の姿に恋に落ち、付き合うことになったふたり。
    幸せな時間が続くと思った矢先、瀬名が親の都合で東京に引っ越すことに。
    ふたりの関係は終わりを迎えます。

    ずっと瀬名のことを忘れることができなかった志乃。
    進学先の東京の大

    2024年03月27日
  • 刀社会の日本で刀匠を志す少年チヒロは、伝説の刀匠である父・六平国重(ろくひら くにしげ)の下で日々修行に励んでいました。
    おちゃらけた父と寡黙な息子。穏やかな日々がいつまでも続くと思っていましたが、悲劇によって突然終わりを迎えます。

    38か月後、そこには父を殺された復讐と奪われた妖刀を取り戻

    2024年03月27日
  • 歌もダンスもド下手くそ、おまけに性格も素直じゃないアイドル・うるみん。
    そんな彼女に人気が出る訳もなく、なんと推しているのは世界で一人、奥田君也(おくだ きみや)だけ!!
    その状況に危機感を抱いたキミヤは、自分だけでも精いっぱい推すことを決意。
    ポンコツアイドルと彼女を推し続ける男のちょっと

    2024年03月27日
  • 一人称を“ぼく”から“オレ”に変えるタイミングを悩む中学生・日野 陽介(ひの ようすけ)には双子の姉・みかげがいます。
    自分の思春期の変化をみかげには絶対気づかれたくない陽介。
    変わりたいけど、気づかれたくない…そんな相反する感情にモヤモヤする毎日を送っていました。
    そんな陽介の前に現れた、ぽ

    2024年02月13日
  • 強い異能を用いて神々を喜ばせる巫(かんなぎ)の名家に生まれた令嬢・小夜(さよ)。
    父の再婚をキッカケに優秀な異能をもつ異母妹や継母に使用人のように虐げられていました。
    ある日、小夜は濡れ衣を着せられ異界へと売り飛ばされてしまいますが、ひょんなことから火の神である鬼灯(ほおずき)のもとへ、花嫁とい

    2024年01月25日
  • 主人公は、3人の女性。
    死に物狂いの努力で垢抜けて初恋をやり直す美容女子、彼氏からモラハラを受けて過激なダイエットに走るぽっちゃり女子、美容系インフルエンサーとして活躍するバリキャリ女子。
    一人目の主人公、馬場 茜(ばば あかね)は、高校時代の初恋の人ノアくんを未だに想う23歳OL。
    ですが、

    2024年01月25日
  • 大和皇國の陰陽五家のひとつ白蓮寺家 次期頭首である白蓮寺 麗人(びゃくれんじ れいと)の許嫁であった菜々緒(ななお)。
    ある日、猩猩という猿の姿をしたあやかしに攫われ妖印を刻まれてしまいます。
    傷モノとされてしまった菜々緒は婚約を解消され、里の人全員から虐げられることに。
    猿の面をかぶり粗末な

    2024年01月25日
  • 金髪ヤンキーの小林は、みんなが簡単そうにやっていることも間違えてばかり。中々上手くできません。そのためバイトも続かず、勉強もドロップアウトぎみ。
    そんな彼のクラスに宇野啓介が転校生としてやってきます。
    彼はちょっと変わっていて、常に声が大きく、汚れたノートを常に持ち歩き、独り言を言ってずっと笑っ

    2024年01月25日
  • 主人公の伊東 紀理(いとう きり)はパワハラ&セクハラが横行する職場で次々と仕事を押し付けられ、さらにプライベートではモラハラ彼氏に振り回される…という最悪な日常を送っていました。
    彼女の思いはただひとつ。
    「役に立つ人間になりたい」
    それは過去の家族に対するトラウマからの思いでしたが、頑張っ

    2024年01月25日
  • アラサー女性の不思議 麻衣(フシギ マイ)は、中学生の頃に告白されて初めて付き合った男性から1週間で「何か違った」と別れを切り出されたことがトラウマとなり、他人からの好意を信じられなくなっていました。
    そんな彼女が心機一転、新天地で偶然入ったカフェ「アサガオ」でアルバイトをすることに。
    カフェの

    2023年10月23日
  • 報酬次第でどんな標的も必ず始末する伝説の殺し屋・大狼 十三(おおがみ じゅうぞう)39歳。
    ある事件で謎の蜂に刺されてしまい、気が付くと12~3歳の頃の姿になってしまったのです。
    元の姿に戻るため、大狼の元妻で暗殺組織の天才科学者である鰐淵 瑛里(わにぶち えり)に分析をしてもらいます。
    です

    2023年10月23日
  • 人と接するのが苦手で、他人との間を壁で隔ててしまう氷川 小雪(ひかわ こゆき)。
    中学時代のトラウマのせいで高校では誰ともつるまずに1人でいることを貫き、無表情さと目つきの悪さから周りからはクールなちょっと怖い人と思われています。
    彼女の唯一の友達は幼馴染でクラスでは女神のようなアイドル的存在の

    2023年09月14日
  • 中学3年の春、佐藤 一(さとう はじめ)がは桜の木の下に埋められている柴田 元(しばた はじめ)を見つけたことで物語ははじまります。
    柴田の家で連日一緒に映画鑑賞し仲を深めていくふたり。
    そんな中、文化祭の展示品としてクラス委員長の渡 美知花(わたり みちか)と3人で映画を撮ることに。
    しかし

    2023年09月13日