「松浦だるま」おすすめ作品一覧

「松浦だるま」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:松浦だるま(マツウラダルマ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1984年
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:マンガ家

2012年講談社第19回イブニング新人賞「宇仁田ゆみ大賞」優秀賞を松浦ダルマ名義の作品『雪女と幽霊』で受賞。主な作品に『累 -かさね-』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/03/12更新

ユーザーレビュー

  • 累 14巻
    他者の顔を奪う口紅とともに、舞台の上で輝き続けた累。累はその口紅の力を捨て、真実(ほんとう)の姿のまま舞台に立つ願いを羽生田に告げる。その提案を一笑に付した羽生田だったが、誘の手紙から己への想いを知り、素顔の累を演出することを決意する。再び始動する「宵暁の姫」、累が舞台の上で見せる演技とは――。美醜...続きを読む
  • 累 13巻
    他者の顔を奪う口紅。羽生田作・演出「暁の姫」を最後に舞台に立つことも口紅を使うこともやめると告げた累。累の行動に理解ができない羽生田は、その真意を探る中で野菊が持つ海道凪の手帳を読み、永久交換の秘密を掴む。それぞれの縺れゆく思惑のはて、真実がついに露わとなる。

    いよいよ物語も大詰めって感じ。今回は...続きを読む
  • 累 1巻
    面白い。
    映画ダークマン+ガラスの仮面って感じ。
    女性作者ならではの女々しく歪んだ主人公の心理描写に惹き付けられる。
  • 累 1巻
    面白かった。
  • 累 11巻

    怖いね

     読んでいてまず怖くなる。そして主人公の時間が足りなくて,こっちが焦る。それが巻にすすむに従って読者の心理を追い詰め,どんどん酷くなる。これからどうなるのか,全く予想が付かず,終わりが見えない。
     書評とかで「累」が上がることは無いが,これほど期待させるマンガは無いと思うのだが。確かに4巻め位まで...続きを読む

特集