茉莉花官吏伝 六 水は方円の器を満たす

茉莉花官吏伝 六 水は方円の器を満たす

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

珀陽の手回しにより湖州の州牧補佐に赴任した茉莉花は、白楼国と隣接するシル・キタン国からの侵攻の可能性に気づく。
いつの間にか仲間として距離が縮まっていた御史台の翔景と、実は皇子だった大虎とともに、侵攻を阻止するべく動き出す!
「珀陽さま、わたし、ようやくここまできました」
――だが禁色獲得を目指しひた走る茉莉花に、まさかの事態が!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ビーズログ文庫
電子版発売日
2019年05月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

茉莉花官吏伝 六 水は方円の器を満たす のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月26日

    州牧補佐として働く茉莉花。「女だから」と侮られることは多いけれど、変えられないのだから利用しよう。と、女であることを有効利用し始めるのが楽しい。守りたいものを全力で守ろうとする茉莉花は応援したくなる。味方が増えてきたのもよくわかる気がした。甘さは残るけれど、最初と比べるとどんどん力をつけてきている茉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    一区切り

    koa 2020年04月04日

    前作の続きです。
    赴任先の地に隣国が進軍してきて、皇子が捕虜に捕らわれるという絶体絶命の状況を切り抜ける茉莉花の活躍が素晴らしく、行き着く暇もなく読み終えてしまいました。

    恋愛部分も進展し身分差という障害がある中、これからどうなるのか楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

茉莉花官吏伝 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず
    後宮の女官の茉莉花(まつりか)は『物覚えがいい』というちょっとした特技がある。 そんな彼女は、名家の子息のお見合い練習相手を引き受けることに。 しかしその場にきたのは、お見合いをしてみたかったという皇帝・珀陽(はくよう)で!?  しかも茉莉花の特技を気に入った珀陽は「とりあえず科挙試験に合格してきて」と言い出し……!?  皇帝に見初められた少女の中華版シンデレラストーリー!
  • 茉莉花官吏伝 二 百年、玉霞を俟つ
    科挙試験を好成績で合格し、新米官吏となった茉莉花。ところが珀陽は、「早く手柄を立ててね」とまたも無茶を言い出す始末。そんななか、赤奏国の皇帝が突如やってきて女性官吏に世話をさせろと言い出し……!?
  • 茉莉花官吏伝 三 月下賢人、堂に垂せず
    皇帝・珀陽に文官の高みを目指す宣言をした茉莉花。その意を受け珀陽が命じた先は――皇帝位を巡る内乱の危険性をいまだに残す【赤奏国】だった! 国の建て直し と敵軍との「和平交渉」を任された茉莉花は……!? 【電子特別試し読み】「紅茶執事のお嬢様 恋がはじまる一杯目」収録
  • 茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む
    赤奏国に借り出された白楼国の文官・茉莉花は、赤の皇帝・暁月の無理難題に見事応えたことにより、“宰相候補の海成との結婚”という引き抜き計画に巻き込まれていく。 一方で、赤奏国の内乱を完全に終結させるための最後の戦が迫っていた。 戦を回避したい茉莉花は、暁月に意見書を提出するが「あんたの案で誰が満足する?」と破り捨てられ……!?
  • 茉莉花官吏伝 五 天花恢恢疎にして漏らさず
    “御史台”から手柄を奪ってこい―― またも皇帝・珀陽に無理難題を出された茉莉花は、州牧の不正疑惑と、亡くなった州牧補佐の死の真相を探るため、湖州へと赴任することに。 到着早々、御史台の有能で堅物な翔景(しょうけい)と、軽いノリで人の心をつかむのが上手い大虎(たいこ)との【偶然の出会い】を果たすが、それ以来、茉莉花の周囲で奇妙な出来事が起き始め……!?
  • 茉莉花官吏伝 六 水は方円の器を満たす
    珀陽の手回しにより湖州の州牧補佐に赴任した茉莉花は、白楼国と隣接するシル・キタン国からの侵攻の可能性に気づく。 いつの間にか仲間として距離が縮まっていた御史台の翔景と、実は皇子だった大虎とともに、侵攻を阻止するべく動き出す! 「珀陽さま、わたし、ようやくここまできました」 ――だが禁色獲得を目指しひた走る茉莉花に、まさかの事態が!?
  • 茉莉花官吏伝 七 恋と嫉妬は虎よりも猛し
    珀陽に想いを告げられた茉莉花は、珀陽にとあるお願いをされた結果、二人で夜市に出かけることに!! 精いっぱいのおしゃれをして、まるで恋人のように珀陽と過ごす茉莉花だが、そこで探しものをしているわけありの異国人と出会う。 たちまち“皇帝”の顔に戻った珀陽から、茉莉花は「できる限りこの人に力を貸してあげてほしい」と密かに依頼され……!?
  • 茉莉花官吏伝 八 三司の奴は詩をうたう
    叉羅(サーラ)国の高貴な客人ラーナシュに、王の証(コ・イ・ヌール)というとんでもないものを押し付けられた茉莉花は、視察と称して叉羅国に返してくるよう珀陽に頼まれる。 ところがその道中ラーナシュが命を狙われ、辛くも逃げ出した茉莉花は、あろうことかラーナシュと敵対中の家の当主シヴァンに助けを求めてしまう。 しかし、連れて行かれた邸でなぜかもてなされて――!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

茉莉花官吏伝 に関連する特集・キャンペーン