世界は「ゆらぎ」でできている~宇宙、素粒子、人体の本質~

世界は「ゆらぎ」でできている~宇宙、素粒子、人体の本質~

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ダークマター、ニュートリノ、ヒッグス粒子……。科学に関するトピックスが話題にのぼる機会が増えています。実は、宇宙の誕生も、素粒子の発見も、人体のメカニズムも、自然界にあるものはすべて物質の「ゆらぎ」が根底にあります。相対性理論から最新の超ひも理論まで、科学の謎を解くことは、何が、どう揺らいでいるかを解明することでもあったのです。この「ゆらぎ」をキーワードに、科学をシンプルに学んでいきましょう。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2013年07月05日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
3MB

世界は「ゆらぎ」でできている~宇宙、素粒子、人体の本質~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年04月15日

    最近の物理学では最小単位はヒモであるらしい。
    ゆらぎ方が違うだけとか。
    宇宙から素粒子、人体まで、「ゆらぎ」を切り口にわかりやすく面白く読ませてくれる。
    非理系の自分でも楽しめた。

    面白いと思ったのは、「うつ」に関する新説。
    何かとネガティブにとらえられるうつ病は人類が生き残っていくには実は有効な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月03日

    ゆらぎをキーワードに宇宙という大きいものから素粒子という小さいもの、また脳や身体について解説されています。
    それぞれが超濃厚な内容なのですが、さらっと分り易いように書いてあります。
    ここを入り口にそれぞれ気に入った分野へ更に深く進むといいですね。
    この本を読むことで、最低限のオトナの常識を手に入れた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月16日

    宇宙論とか素粒子とかを扱った新書は沢山あるが、ゆらぎというキーワードでまとめてあるのが面白い。

    特に人体のゆらぎに触れられた5章の内容が興味深かった。心臓の鼓動もゆらぐし、しかもそのゆらぎは肺や頸動脈、腎臓の影響を受けているとは。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月16日

    とても良い本だと思いました。難しい物理をわかりやすく解説している本はたくさん見かけますが、一貫して「ゆらぎ」にフォーカスを当て宇宙成り立ちの神秘と本質を伝えようと工夫されているところが素晴らしいと感心。最後は人体のゆらぎにまで言及し、脳や心の揺らぎ、特にうつ病までが人類絶滅を防ぐ役割を果たしていると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月04日

    正しい意味の1/fゆらぎ、フラクタル(自己相似)、超弦理論など、数々の興味深い分野を「ゆらぎ」をキーワードに渡り歩き、かつ読みやすい。
    好奇心旺盛な人にはオススメ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月23日

    久しぶりに「これあたりだ」と思えた新書です。
    不必要に深い部分には入らずに感覚的に分かりやすいラインかつ
    幅広い知識を一貫した視点で描いています。

    「ゆらぎ」という言葉をきくと知識の狭い私が思い浮かべるのは
    「超ひも理論」ひいては宇宙の話あたりだが、
    本書は同じ「ゆらぎ」を切り口に人体(人間の認識...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月03日

    2013/06/03
    面白かったで。物理とか科学系の初心者には。
    ほんまかどうかはこれから検証して行くことになるな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月06日

    二重スリットの実験は、電子のゆらぎを見る実験。
    電子は、「そこにある」という確率でしか表せない。
    ブレーンワールド。超ひも理論。量子論
    フラクタル幾何学と1/fのゆらぎとの関係
    コッホ曲線。自己相似性。

    なぜ、同じ雲、波などを認識出来るのか?
    時間に関する自己相似性。
    心拍、電車の揺れ
    再現性が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月26日

    光や電子が波であり粒子であること、陽子や中性子の構成要素であるクォーク、昨今話題になったヒッグス粒子、4つの力、超ひも理論といった素粒子物理学や、ビッグバン時にちょうどいい程度の揺らぎがあったため宇宙は現在のように恒星ができ、惑星ができたこと、人体におけるゆらぎなどについて説明されていた。 私的には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています