宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

宇宙生物学とは、地球に限定せず、宇宙全体の広い視野で生命の成り立ちや起源を解明する学問で、アストロバイオロジーとも呼ばれています。本書は、この宇宙生物学の研究成果を医学に結びつけることで、生命の本質に迫ろうとする、意欲作です。(講談社現代新書)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
200ページ
電子版発売日
2013年10月25日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 のユーザーレビュー

    購入済み

    宇宙生物学で読み解く「人体」の

    hkbys09060074998 2019年09月18日

    この切り口で生物を見つめた本はなかった。
    宇宙好き、生物好きの方、ご一読を薦めます‼️

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月23日

    タイトルに惹かれて買ったのですが、著者が吉田たかよし氏と知ってビックリ。
    タレント活動している医師の本なんて期待できないと思ったのですが、読んでみて更にビックリ。
    とても分かり易い言葉で地球という惑星で生まれた生物が持つ性質の必然性を解いていて、とても面白いです。
    どれだけの人が同じ分野で研究...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月21日

    貧血で細菌感染を防いでいるなんて驚いた。だからって瀉血するのはやだけど。

    「善玉コレステロールが多すぎる」ってある人が医者から言われたと言ってたけど、何が悪いのか分からなかった。
    つまり全身から肝臓に運ぶ量が多くなりすぎるのか。肝臓に負担がかかるのかな?

    著者の言葉遣いの丁寧さと、分かりやすい例...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月12日

    地球の成立ちが生物にどのような影響を与えているか、いくつかのトピックで語る。
    形成当初空気に酸素が少なく、地殻は鉄分が多い。ここから嫌気性生物が当初の生命体となった。一方酸素は反応生が高く、酸化しやすくそのままでは存在しにくい(二酸化炭素、エアーズロックの酸化した大地)が、結合/分解する際のエネルギ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月09日

    満潮時に出産が増えるだとか、満月の夜は事故が増えるだとか、
    人間と自然の関係については、まことしやかな噂が多い。
    それらの真偽のほどは定かではないが、生命と自然や宇宙との繋がりが、
    これほど深いものだったとは驚きだ。

    原始の塩酸を大量に含んでいた海水が
    塩水に変わったのは、月の引力のおかげだったと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月21日

    地球の組成と人間の健康にこんなにも関連性が
    あったなんて。人間や生物、植物も地球の一部で
    あることを実感しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月31日

    何億年っていうオーダーで見ると、人体のバランスってダイナミックで、情報的には一番大きな宇宙が人体かもね。
    人体に関係する主要元素が地球の成り立ちとどのように繋がっているのかがわかって、凄くいい本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月12日

     「宇宙生物学」とは耳慣れない学問ジャンルですね。
     『宇宙生物』までをひとかたまりで捉えると、「宇宙生命体」や「宇宙人」とかを扱う学問のようにも思えますが、そうではありません。宇宙生物学とは、宇宙的視野で生命の成り立ちや起源を解明する学問で、アストロバイオロジーとも呼ばれているのだそうです。
     本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月29日

    宇宙という視点から見たときの人間を含めた生物とは、という何度読んでも飽きない主題で書かれた一冊。

    話題豊富で「つつがなきや」の語源から、鳥のフンでできた島まで、宇宙生物学から離れた話もけっこう多いような気もするものの、とても読みやすく書かれていて、しかもわかりやすい。

    よくある内容ではあるのだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月02日

    第1章の月の話、天体としてばかりでなく人間の体に密接に関連している由.知らなかった.それから第7章の鉄と病気の関連も興味ふかい話だった.さらにアミノ酸、リン、酸素などの話も意外な事実が出てきて、非常に面白く読めた.

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています