六花の勇者 2

六花の勇者 2

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【TVアニメ化!!】「七人目」だったナッシェタニアは去ったが、ロロニアという少女が現れ、またもや七人になってしまった六花(ろっか)の勇者たち。魔神再起までのタイムリミットが迫っており、疑心暗鬼(ぎしんあんき)はぬぐえないまま、魔哭領(まこくりょう)の奥へと進む。するとそこへ一体の凶魔(きょうま)が現れ、モーラに「君には時間がない」と告げる。さらに凶魔を束ねる統率者の一体、テグネウが六花の勇者の前に突如現れる。それは「七人目」の関わる策略なのか!? 混乱の中で激闘が始まる! 伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第2幕!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ダッシュエックス文庫DIGITAL
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ダッシュエックス文庫DIGITAL
ページ数
340ページ
電子版発売日
2012年09月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

書店員のおすすめ

ありがちなファンタジーモノでしょう?と思った貴方!実にもったいない!もちろん作品の世界観は剣と魔法のハイ・ファンタジー。ですが、「神に選ばれし6人の勇者」が「7人」も集まり、さぁ大変。「なぜ7人いるのか?」「誰が偽者なのか?」というミステリー要素が物語の核に複雑に絡んでいきます。疑心暗鬼に陥った勇者達が「仲間を信じることができないまま敵に立ち向かっていく」という描写はたまりません。しかも、巻頭プロローグで「えっ!?」と思うようなシーンを先に見せられてしまっているので、とにかく先が気になって仕方がない。ページをめくるのが楽しくて仕方がない!「ラノベ」や「ファンタジー」の先入観を捨てて手に取っていただきたい一冊です!「このライトノベルがすごい!」2013年度作品部門第3位。

六花の勇者 2 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年08月30日

    1巻が当たりだったので急ぎ2巻も購入。今回はそういう手法か、と驚きました。あくまで一巻一巻色々な形式を織り込みミステリするつもりなんだな。1巻はクローズドサークルで密室トリックでしたが、2巻の形式の方がファンタジー活かしやすそうでしたね。各々の力の使い方がうまく作用していて、手に汗握る展開だった。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月02日

    1巻同様、誰が7人目なのか…を主軸にして進むのかと思っていたのですが、
    冒頭から驚愕の事実が明かされ、更に最終的にはそのすべてを覆され、
    完全にやられました!
    本当に読んでいて面白かったです。
    多少強引に感じる所もありますけど、
    楽しく読み進められたなら、其れが一番だと思います。
    1巻も面白かったで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月13日

    一巻は今ひとつ乗れなかったのだが、二巻は、楽しんでしまった。謎解きとしては、こちらの展開のほうが好みということか、な。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月10日

    1巻のテーマが「誰が7人目?」なら、この2巻は「どうしてそうなった?」。
    いきなり冒頭で衝撃の展開が繰り広げられ。
    如何にしてその展開となったかが語られるこの第2巻。

    この書き方はどうなのかなー。
    確かに作中で冒頭のシーンが導かれるための様々な要素が語られ、そしてそれ故どうしてそうなったかが非常に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月30日

    ミステリーファンタジー! 六人のはずの勇者の偽物は誰なのか? モーラの秘密とは? その二つが組み合わさってすごい物語になる。こんな内容を思いつく作者はすごい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月08日

    世界を滅ぼす魔神が目覚めようとする時
    それに対抗する力を持った『六花の勇者』が選ばれる
    選ばれるのは、その体に六花の紋章が浮かんだ6人。
    彼らは団結して、魔神が完全に目覚めないうちに封印をする。
    何度も繰り返されてきた歴史。

    今また巡る時を経て、魔神が目覚めようとしている。
    その体に印の浮かんだ者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月07日

    ファンタジーかつミステリー。もしくは能力者バトル的な。
    よく出来てると思う。

    前巻と同じような事繰り返すのかとおもったけど、いい意味で裏切られた。
    凶魔側の人間臭さが増して、話の奥行きが増えて更にいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月03日

    タイトルの六花の勇者とは世界を救う六人の勇者のこと。
    でも集まったのは七人。
    七人目の裏切り者の存在を意識しながらの戦い。
    1巻終盤で七人目が判明されたところで、
    遅れてきた六花の勇者を名乗るロロニアの登場。

    そんな1巻の幕引き、続きが読みたくて仕方がなかった。

    再び七人目を警戒しながらの戦いで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    アニメから

    ななし 2020年01月30日

    アニメが面白かったのでいつか読みたいと思ってたので、安くなっていたのでかいました。
    話は前巻に引き続き謎解きがメインとなっています。
    話が過去と現在を行ったり来たりしてますが、わかりにくいということもなく読みやすかったです。
    次巻も期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月08日

    面白いー!ファンタジー要素のある作品は、作中の世界観に沿った制約があって、それにきちんと縛られるほうが面白くなるんだなって理解させてくれるシリーズだなあと思います。制約があるからこそ謎解きができるし、葛藤が生まれるし、人間関係が存在するし、そもそも話ができる。聖者のひとたちほんと好き…力があるゆえの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

六花の勇者 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 六花の勇者
    550円(税込)
    【TVアニメ化!!】「戦う司書」シリーズの山形石雄が贈る圧倒的アドベンチャー、開幕! 闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。地上最強を自称する少年アドレットは、その六人、『六花(ろっか)の勇者』に選ばれ、魔神復活を阻止するため、戦いへ向かう。だが、約束の地に集(つど)った勇者は、なぜか七人いた。その直後、霧幻(むげん)結界が作動し、...
  • 六花の勇者 2
    572円(税込)
    【TVアニメ化!!】「七人目」だったナッシェタニアは去ったが、ロロニアという少女が現れ、またもや七人になってしまった六花(ろっか)の勇者たち。魔神再起までのタイムリミットが迫っており、疑心暗鬼(ぎしんあんき)はぬぐえないまま、魔哭領(まこくりょう)の奥へと進む。するとそこへ一体の凶魔(きょうま)が現れ、モーラに「君には時間がない」と告げる。さらに凶魔を束ねる統率者の一体、テグネウが六...
  • 六花の勇者 3
    572円(税込)
    【TVアニメ化!!】騎士か、叛徒か。勇気か、暴走か。テグネウの脅威(きょうい)にさらされたまま、魔哭領(まこくりょう)を奥へと進む六花(ろっか)の勇者たち。その道中、ゴルドフが突如「姫を助けに行く」とだけ告げ、アドレットの制止を振り切って姿を消す。不可解なゴルドフの行動に、六花は再び混乱に陥る。ゴルドフが「七人目」なのか、それとも何かの策略にはめられているのか…!? さらに、再び現れ...
  • 六花の勇者 4
    555円(税込)
    【TVアニメ化!!】「七人目」の脅威がいまだ残る六花の勇者たちは、ドズーの話から、テグネウの策略の一端を知る。「黒の徒花」とよばれる聖具が、「七人目」に関する重大な手掛かりであるというのだ。アドレットはその聖具が造られた神殿へ向かい、正体を暴くことを決める。一方、テグネウは六花の勇者を阻止するため、人間を兵器に作り替えた『屍兵』を動員する。『屍兵』の中にはアドレットの故郷の人...
  • 六花の勇者 5
    509円(税込)
    【TVアニメ化!!】愛から憎しみへ。白から黒へ。「黒の徒花」の情報を手にしたアドレットだが、その内容に思い悩み、その取り扱いに逡巡する。六花の勇者たちはテグネウの追っ手を退けつつ〈運命〉の神殿にたどり着くが、そこで予想だにしない人物に出会う。伝説に聞く、一輪の聖者がいたのだ。そして一輪の聖者の周囲にある神言を読み解くと、「黒の徒花」に関わるテグネウのさらなる一手が判明する。自...
  • 六花の勇者 6
    611円(税込)
    【TVアニメも大反響!】伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第6幕! 最強か、凡人か。勝者か、敗者か。〈運命〉の神殿で分裂した六花の勇者たちに、テグネウの本隊が迫っていた。六花たちはアドレットを中心に作戦を練るが、限られた戦力で厳しい状況を打破するため、リスクの高い作戦を取らざるを得ない。一方、テグネウは凶魔の大軍による物量攻撃と共に、「愛」の力を利用した心理的な揺さ...
  • 六花の勇者 archive1 Don’t pray to the flower
    これは、勇者以前の物語。魔神復活を阻止し、世界を救うために選ばれた六花の勇者たち。高い戦闘力や特殊能力を有す者、聖者として修練を重ねていた者など、その優秀さはお墨付きなのだが、クセ者揃いの彼らが六花の勇者になる前の「日常」は平穏無事とはほど遠く……。ハンスの謎めいた殺し屋稼業、万天神殿でのモーラやチャモたちの日常、ナッシェタニアに裏で恋人を作るよう画策されるゴルドフの青春、凶...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています