戦う司書と虚言者の宴 BOOK7

戦う司書と虚言者の宴 BOOK7

作者名 :
通常価格 451円 (410円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

武装司書たちは、宿敵・神溺(しんでき)教団を滅ぼし、年に一度のパーティーを楽しんでいた。その会場に、館長代行ハミュッツが命を狙う「魔女」オリビアが現れる。武装司書の崩壊は彼女に予言されていた。オリビアは見習い司書ヤンクゥらに接近し、ハミュッツに不審を抱いた武装司書たちは結束を始める。凄絶な冷戦の行く末を制するのはどちらの美女か!? 『本』をめぐる壮大なファンタジー、新人賞大賞受賞シリーズ、大激震の第7作!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社スーパーダッシュ文庫
ページ数
276ページ
電子版発売日
2011年07月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

戦う司書と虚言者の宴 BOOK7 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年02月26日

    オリビアはすげぇ策略家やなぁ。
    最後にやっとこの題名の意味がわかりました。
    あと、ミンスが新しい楽園管理者になって、ホンット、良かった。
    ホンマに次の展開が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    前作が神展開だっただけあって、今回どうなるか不安だったけど失速することなく突っ走りました。中盤まではハラハラどきどきものです。いろんな人の思惑が渦巻く中でどういった結末を迎えるのかまったく読めませんね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    前巻で燃え尽き症候群になると思いきや、早くも不穏な空気が漂い始め、読者を飽きさせない展開の今巻。

    今回のテーマ、いつの時代も女性は強いなぁ、という話。

    しかしこの物語、ラノベにするには重過ぎる人間関係と、政治的背景が絡み合って、単純な正義と悪が存在しない。まるで現代社会の縮図のようです。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月26日

    そして…平和?
    回想シーンというか、過去振り返りつつ~状態かと思いきや
    現在進行形といいますか、割と平和もの?

    上層部だけが情報を持っているので、ちょっと下層部が
    ものすごい事になってるというか、扱いやすいというか…。
    しかしまぁ、これを全部押しつけられたら、そりゃもう大変です。
    お仕事お疲れ様、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月01日

    今までの書き方と、ちょっと変わって推理小説読んでるみたく、面白かったです。
    ってゆか、オリビア表紙率多い(^^)ハミュッツよりも多い気がするのは気のせいですか。どの巻にもマットアラスト出てきてんのに、マットは表紙になってないし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今回のこの作品は戦闘面で見れば、戦闘と言うよりは心理戦のような感じであまり燃えなかったけど、キャラの違う一面を見れたような作品でした(・∀・)重機さんサイコー♪

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月08日

    今までの激しい展開から一転。
    激しい戦闘がないぶん物足りないけど、水面下でバンバンいろんなことが起こる起こる。
    いろんな人達の思惑が見えてきて絡まり合い、これが後々どうなるのか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています