戦う司書と終章の獣 BOOK8
  • 値引き

戦う司書と終章の獣 BOOK8

作者名 :
値引き価格 331円 (301円+税) 7月23日まで
通常価格 473円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

反乱を防ぎ、ふたたび平和を取り戻したバントーラ図書館に突如異変が。書架を守る役目を担う衛獣たちが、自らの護衛領域を脱走し、武装司書たちを襲撃しはじめたのだ! 総動員で衛獣に立ち向かう武装司書たちだったが、館長代行のハミュッツが一向に姿を現さない。敗色濃厚になる中で、ハミュッツから全職員に通達されたのは、武装司書の本来の意味と、この世界にまつわる衝撃の事実だった――! そして、最下層では「天国」がついに動き出す。世界の理(ことわり)が変わる瞬間が訪れようとしていた…。新人賞大賞受賞シリーズ第8作!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社スーパーダッシュ文庫
ページ数
292ページ
電子版発売日
2011年07月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

戦う司書と終章の獣 BOOK8 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年08月08日

    なんだこの怒濤の展開。ってくらい前巻とはうってかわって急展開となっております。
    だんだん最終章に続く感じに仕上がってます。
    エンリケさんの変貌にも驚き。
    ユーリとユキゾナにもスポットをあててました。とにかく目が離せなくて、一気に読んでしまいました。
    おかげで少し寝不足です。
    菫の願いも出たことだし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ウサギのアップリケの理由とか、腐壊波動誕生の意味とか、心優しき悪党の本心とか…最高です。
    一番は彼女の言葉「わたしと友達になったら世界滅ぶわ。世界救おうよ?だから、殺しあおうよ」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月05日

     まさに、急展開。
    前巻は何だと言いたいくらいに、ストーリーが駆けて行ってビックリ。
    いや、安定しないからこその面白さだとは思いますが、それでも驚きが隠せない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月19日

    ユキゾナ萌え。

    まあ、いきなりそれは置いておいて。
    ミレポの驚愕ぶりやキャサリロの取り乱し方がちょっとかわいいと思ってしまった。

    菫の願いは、なんとなくそうかなーと思ってたけど
    やっぱり彼に託されたんですね。
    でもあんまり役に立ってないところがかわいい(笑

    ユキゾナの過去は切なく、マットの過去...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    まさかの結末!!・・・・と思いきや、
    あとがきで続くようなことをおっしゃっていました^^;

    とにかく作品が全般的にミステリアスで謎が多いので、今後も期待大です♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月01日

    ある意味驚きのネタばらし状態に。
    まさかこれほどあっさり喋るとは思いませんでした。
    館長命令(?)なら仕方がない…んでしょうか?
    いやでも、もうちょっと待ってくれないと
    やりたい事もできなかったのでは??w

    ここまで準備をしたというにも関わらず、それが徒労に終わってしまった組と
    知らなくて呆然とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月08日

    この巻は正直退屈だった。伏線を回収しつつクライマックスへ向かうための巻だったんだろうけど。
    そしてまさかの引き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月28日

    『この世界の、どこにも僕の望むものがないことに。この世界があることに君がいて、僕がいる、そのことに絶望している』

    『戦う司書』シリーズ第8弾。

    一気に突然、急展開。
    あまりのことにしばし呆然自失。

    あらすじに『世界の理が変わる瞬間が訪れようとしていた・・・。』ってあるけど、違うだろ!
    世界の理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

戦う司書と終章の獣 に関連する特集・キャンペーン