戦う司書と絶望の魔王 BOOK9

戦う司書と絶望の魔王 BOOK9

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ついに動き出した「天国」。それは『本食い』の能力の究極の進化形であり、もう一つの世界を体内に持つルルタの「仮想臓腑(ぞうふ)」のことだった。バントーラ図書館の武装司書たちは完全無力化し、世界の終焉(しゅうえん)に向かうカウントダウンが始まった! そして、かつては世界の救世主だったルルタが果てしない絶望に至った過去と、その鍵を握るひとりの女性の存在が明らかになる!! 武装司書たちに、ルルタを止める術(すべ)は残っているのか? 希望も絶望もつないでいく、『本』をめぐるファンタジー、新人賞大賞受賞シリーズ第9作!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社スーパーダッシュ文庫
ページ数
340ページ
電子版発売日
2011年07月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

戦う司書と絶望の魔王 BOOK9 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年08月10日

    ルルタとニーニウの悲恋が産んだ悲劇。
    とにかく読んでて胸がいたかった。英雄として崇められてるルルタも所詮はやっぱり人間なんだよ。恋だってしたくなるし、怖くもなるし。
    ニーニウだってそう。
    皆を助けたい、その気持ちが大きかったけど、ルルタへの愛に目覚めたらやっぱりねぇ。
    でも時代がそうさせてくれなかた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月23日

    もうすぐ最終回だなって思いつつ。
    いろいろと謎が明かされていきました。
    本当に倒せるのか、やばそうな感じがします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月05日

     視点が、随分変わって絶望の魔王へ。
    ルルタの行動は分からなくもない。けど、なんかなあって感じ。
    一人の幸福のために殺されて苦労して悲劇が生まれた数が多いなんて、どうなんだろう。
    そんな風に考えさせられた作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月03日

    そして滅びゆく世界。
    そして思い出される過去。

    いや…うんすごいね、としか言いようがないです。
    もう誰一人、手段を選んでいないというか。
    そのせいか、普通の人が、すごくすごい人に思えます。
    清廉潔白??
    純粋さが、ものすごく際立ってるというか…。

    それしか考えられなくて、それしか考えてないという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月08日

    今までに出てきたキャラをまた読むことができて楽しかった。ルルタの過去も明らかになり、一番長い伏線だったあのキャラも出てきてまさにクライマックス。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月12日

    「………ニーニウ。僕は君を守る。君を守るためだけに戦う。
    君のために、僕は本当の救世主に、ルルタ=クーザンクーナになってみせる!」

    『戦う司書』シリーズ第9弾。

    ついに次の巻で終わるらしい…。
    長かったぜ。途中なんつーか、「方向性間違ってない?」とかいろいろ思ったけど、ようやっと最終巻に漕ぎ着け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月19日

    ルルタとニーニウの過去が明かされましたが
    扉絵、なんかおかしくないか。
    超・目がキラキラ少女マンガのように見えた。
    そして流れも少女マンガ。

    菫の咎人やハミュの過去も明かされて
    残りはハミの能力が気になるところです。
    どんななんだろ…

    ルルタ自身は運命や周りに翻弄された可哀想な人生だなぁと思いま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月08日

    過去話。

    いったい二人の出会いは、どれだけの救いと、どれだけの絶望をうんだんだろう。
    最終巻が待ちきれない…。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています