戦う司書と神の石剣 BOOK4

戦う司書と神の石剣 BOOK4

作者名 :
通常価格 451円 (410円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

武装司書のミレポックは、神溺(しんでき)教団との戦いの中で、「ラスコール・オセロ」なる人物が重要な鍵を握っていると確信し、独自の調査に乗り出す。しかし、その人物を追うものには必ず死が待っているという。さらに剣使いの少女、アルメが現れ、彼女もラスコールを追っていることがわかり…『本』をめぐる壮大なファンタジー、すべての鍵を握る人物の正体がついに明かされる!? 予測不可能な急展開を見せる、新人賞大賞シリーズ第4作!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社スーパーダッシュ文庫
ページ数
276ページ
電子版発売日
2011年07月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2009年11月12日

    3日連続で購入、読破。
    先が読めないので、どうしても途中で止めることができず一気に読み切りました。
    初めに何かあるな~と見せかけて、モヤモヤした中で話は展開。
    また最後に「そんな!」な流れで、また続きが気になってしまいました。
    これを新刊で買っていたら、次が待ち遠しくてたまらなかったはず。
    早く知っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    人の一生を現す『本』をめぐり戦い合う教団と武装司書。武装司書ミレポックと神溺教団の裏切り者アルメ。敵同士である二人が追うは、「ラスコール・オセロ」なる謎の人物。だが彼は『人』なのか。闇に葬られる真実に二人は辿り着けるのか。
    前巻までの話を伏線として、物語を展開する手法は一緒。誰もが過去の傷を引き摺っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月11日

    1巻は読みづらいながらも凄くて
    2巻ががっかりで
    3巻は薄かったが
    ここへきて書きなれたか読みやすくなってき
    舞台背景が見えて面白くなってきた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月18日

    優れた思考共有能力を持った、ミレポックが中心のお話。
    ミレポック可愛い!未熟で半端な所が人間らしくて好きです。
    先にアニメを見てしまって、話の流れを知っているのが、
    個人的には勿体無く感じています。
    もし原作にまず触れていたら、もっとはらはらしたり、
    謎の部分が甘美だったりするのでしょうね。
    パーニ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月16日

    これは結構巧妙な伏線が隠れてたりして、面白かった。
    ただ、納得できないのが、アルメをなぜ殺さなくてはいけなかったのか。
    結局ラスコールの正体自体はばれてなかったのだからいいやんとおもってしまいました。
    なんぼ裏切りもんやからって、殺さなくても・・・。ここはそれぞれの解釈でしょうね。
    ただ、この出来事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月01日

    一人で戦う強さと、一人で戦えない強さ。
    少女2人が自分にない強さを認め合うまでの、生き方が交差する物語でした。ラスコール=オセロという人物には最後まで振り回された感じで、期待(予想)を裏切られたのか裏切られてないのか、今後も目を離せない人物です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    戦う司書シリーズ4作目。やっと世界観が見え始めてきました。今まで謎の人物だったラスコール・オセロについてちょっと触れます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ラスコール・オセロを追う者は死ぬ___という噂が流れるくらい謎の人物、ラスコール。
    武装司書のミレポックは事件の鍵を握るであろうと確信した彼を調査する為、独自に行動を開始する。
    その行程の中で自分と同じくラスコールを追っているという少女に出会い___?!
    急展開を見せる戦う司書シリーズ第4弾。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今回は派手な能力の持ち主同士の戦闘がない分、迫力に欠ける作品でした。でも、今作でこの物語の核心に触れる話が出てきたので、それなりの評価ができる。代行の出番がほとんどなかったのが残念だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月17日

    ミレポックが主役でしたねーあの世界で流行っている服がわからん(笑)
    教団の裏に迫った話。
    ラスコールの招待について、後半の違和感が拭えなかったが、あぁ、やっぱりなって感じでした。
    踊らされてるミレポックがなんとも言えない…その方が幸せなんだろうけど。
    アルメの覚悟というか意地はかっこよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています