「宮城」おすすめ作品一覧

「宮城」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:宮城(ミヤギ)
  • 職業:イラストレーター

主な作品に浅井ラボ著のライトノベル『されど罪人は竜と踊る』、五代ゆう著のライトノベル『〈骨牌使い〉(フォーチュン・テラー)の鏡』文庫版、山形石雄著のライトノベル『六花の勇者』などのイラストなどがある。

作品一覧

2017/05/26更新

ユーザーレビュー

  • 六花の勇者 6
    ようやく最新刊まで追いついた。
    そして続きを早く…。
    7人目の正体は前巻の終わりに記載があったから想定内だけど、
    呪いが解けた今どうなっていくのか…。

    個人的にはフレミーに愛を説いていたアドレットが、今度はフレミーによって愛を説かれる…
    という流れを想像しているのだが。
    これからまだまだ続くことを...続きを読む
  • 六花の勇者
    設定としては萩尾望都の「11人いる」を思い出した。

    6人の本物と1人の偽者…。
    全員を疑いたくなる、とても巧みな文章。

    最後偽者がわかるのに、「え!?」ってなる展開。
    続きを読まなくては…とすぐに本屋に買いに行ってしまった。
  • 六花の勇者 4
    「七人目」の脅威がいまだ残る六花の勇者たちは、ドズーの話から、テグネウの策略の一端を知る。
    「黒の徒花」と呼ばれる聖具が「七人目」に関する重大な手がかりであると言うのだ。
    アドレットはその聖具が造られた神殿へ向かい、正体を暴く事を決める。
    一方、テグネウは六花の勇者を阻止するため、人間を兵器に作り替...続きを読む
  • 六花の勇者 3
    テグネウの脅威にさらされたまま、魔哭領を奥へと進む六花の勇者達。
    その道中、ゴルドフが突如「姫を助けに行く」とだけ告げて、アドレットの制止を振り切って姿を消す。
    不可解なゴルドフの行動に、六花は再び混乱に陥る。
    ゴルドフが「七人目」なのか、それとも何かの策略にはめられたのか…。
    さらに、再び現れたテ...続きを読む
  • 六花の勇者 5

    やばい

    7人目の正体は、後半になるまで全くわかりませんでした笑
    話がだいぶ加速してきて、次巻が待ち遠しいです!

特集