黄昏色の詠使いVIII 百億の星にリリスは祈り

黄昏色の詠使いVIII 百億の星にリリスは祈り

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「見せてあげる。名詠式に隠された秘密を」──そしてシャオは、ネイトに語る。なぜ、名詠式があるのか。そして、なぜネイトとクルーエルは別れる運命にあるのかを。真摯な祈りが世界に響く、詠う召喚ファンタジー

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 富士見ファンタジア文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見ファンタジア文庫
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
9MB

黄昏色の詠使いVIII 百億の星にリリスは祈り のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    まだ読んでません。パラパラとめくってみました。

    …彼らは真っ直ぐだなぁ、ていつも想うのです。
    7巻すっ飛ばしー(オイ)なので、年明けに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月09日

    それぞれが激突する中、物語の深層がいよいよ明らかに。ネシリスとファウマの闘いはなかなか壮絶でした。物言わずネシリスのカッコよさがもう。シャンテとの距離感が絶妙ですね。相変わらず大人やサブもステキな物語だなぁ。次で一段落らしいので次巻読むのを楽しみにします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月19日

    残酷な真実を知り、それでも大切な人と一緒にいる為、ひたむきに歩みを続ける。一方で、不器用に生きる者達の戦いも幕を開ける。ネシリスとシャンテの二人がいい味出してます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    この世界の成り立ちの部分は少し説明っぽく私にはきつめでした。が、シャンテとネシリスの昔話などはすごく惹かれるものが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月10日

    シャオ一派とネイト側との全面対決開始。

    戦いの中でこの作品の根幹をなす名詠の秘密やクルーエルやアマリリスの真実が明らかになっていく。
    それらの真実は美しく、そして残酷…。

    すべてはネイトの行動次第で、ネイトはどの道を選ぶのか….。ということで、この章もクライマックスです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年09月26日

    バトルシーンが今までにない迫力で、面白かったです。

    今までの闘いって、どこか安心感があるというか、
    最後は勝つんだろうな、っていう感じがしていたんですが、
    今回は少し雰囲気が違いますね…。

    みんなどこか子どもらしい迷いを残してて、そこを揺らされているというか…。でもそこがいいです。

    個人的には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

黄昏色の詠使い のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています