黄昏色の詠使いVI そしてシャオの福音来たり

黄昏色の詠使いVI そしてシャオの福音来たり

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ドラゴンマガジン掲載され話題を呼んだ、ネイトとクルーエルの学園生活を描く短編3本に、書き下ろし短編5本を加えて登場。ネイトと至高の歌姫が出逢う書き下ろしでは、空白名詠の知られざる真実が明らかになる!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 富士見ファンタジア文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見ファンタジア文庫
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
14MB

黄昏色の詠使いVI そしてシャオの福音来たり のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年08月23日

    軽快な短編集それから二楽章へと続く物語。緑奏の先生方のどたばたが一番おもしろかった。でも黄奏のエイダとキリエもおもしろかった。この二人、敵に回すと怖い。 一番好きなのは、カインツとイブマリーの話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月20日

    この短編集より前がEpisode1、これ以降がEpisode2ということになります。
    この巻のように一生幸せに暮らして欲しいですが、そんな調子よくははどうやら行かないようです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月11日

    詠使いシリーズ、久々です。
    雑誌ドラゴンマガジンに連載されていた短編収録の短編集ですが、
    同時に書きおろしの章にて「第1部完」の巻でもあり、この巻を飛ばすと
    大変なことになってしまう、ドラゴンマガジンを読んだ人泣かせの巻。
    自分は読んでいなかったので120%楽しめました。
    雑誌連載時の雑誌の絵は載っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月26日

    短編集。ラストは本編の今後に深く関わる話みたいだけど、基本的には日常のパート。作品のもつ独特の優しく切ない話あり、ドタバタコメディありと楽しませてもらいました。エイダは本編で結構しっかりした印象があったけど、本来コッチ寄りなキャラでしたっけ。うっかりうっかり。あと、“イェレミーアスさん”かーわうぃー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月19日

    どれ一つハズレがなかった短編集。やっぱりカインツとイブマリーの二人はいいな。それはそうと、詩集は名詠があることから察するに作者に何らかの痛い覚えがあるんでしょうね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月11日

    短編集。
    いつもより脱力の展開が多かった。
    アーマの恐怖体験とか。
    三バカ(?)教師の恥ずかしい宝物とか。
    花園に忍び込んだネイトの女装とか。
    うーん、学園ってこんなにおもしろかったんだ(笑)
     
    もちろん、ネイトのクルーエルへの贈り物や、カインツのイブマリーへの贈り物にも、心温まった。
    なんだかん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月01日

     シャオはとても印象に残るキャラだった。不思議な雰囲気でエヴァでいうカオルくんポジションといったところだったか

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月23日

    短編集ってことで、どんなものかと思ったら…

    10代らしいハチャメチャな学生生活というか
    本編とは、まったく! 雰囲気が違って
    これはこれで面白いな、と。

    個人的には、エルファンド時代の話がとてもよかったです。

    エピソードⅡに続く話もあったりで、満足な一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月10日

    今回は短編集で副題の「シャオ」が関連するのは最後の1編のみ。その1編が第二章のプロローグの役割もしてたり。

    そのほかの短編については学校を中心に新旧含めたもので、先生方も含め今まであまりスポットの当たらなかったキャラにもスポットがあたり、ドタバタコメディ的な部分も多く楽しく読めた。
    今までの黄昏色...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

黄昏色の詠使い のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています