特殊防諜班 連続誘拐

特殊防諜班 連続誘拐

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

宗教団体教祖の奇妙な誘拐事件が相次いで発生した。教祖たちは無事解放され、一様に何も覚えていない。だが、雷光教団・東田夢妙斎の事件は違った。真相を追う「首相の代理人」真田は、陰にある巨大な陰謀と遥か古代から受け継がれた血の伝承を探しあてる。『新人類戦線“失われた十支族”禁断の系譜』改題。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2011年09月02日
紙の本の発売
2008年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

特殊防諜班 連続誘拐 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月21日

    ■ブログの前のメモ■新刊.netで新刊として出ていたので、20年前の本とはしらなかった。今、読んでも全く違和感なし。むしろ、中東問題が盛んに取り上げられる今、ユダヤの問題は新しい。今野敏氏は以前から日本人のルーツや起源に関する物語を書いているが、とても興味深い。改題されているこのタイトルだと全く違う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月14日

    題名とあらすじを読んでの衝動買いでしたが、読みやすいし、面白い。
    武道家でもある著者が書かれる戦闘シーンも細かい描写であるにもかかわらず、さらりと読めます。
    うん。
    この方の作品、かなり量が多いですが全部読みたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    2009年の19冊目。エンターテイメント色が強く打ち出されております。単行本が'86年発売なので、詳細な部分で現在とのギャップがあり、それも読みどころの一つになっています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月08日

    宗教団体教祖の奇妙な誘拐事件が相次いで発生した。
    教祖たちは無事解放され、一様に何も覚えていない。
    だが、雷光教団・東田夢妙斎の事件は違った。
    真相を追う「首相の代理人」真田は、陰にある巨大な陰謀と遥か古代から受け継がれた血の伝承を探しあてる。
    (「BOOK」データベースより)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月04日

    2008/12/13 ジュンク堂住吉シーア店にて購入
    2009/11/21〜11/23

    自衛隊員の真田は団体行動のとれない問題児であったが、首相の代理人としてスカウトされる。請け負った最初の仕事は宗教団体の教祖の連続誘拐事件であった。教祖達は誘拐された後、皆無事解放されていたが、雷光教団の東田夢妙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月11日

    2.8
    悪く無いんだけど、1986年に刊行されたものらしく、当然だけど、中途半端に古かった。
    話の設定があまり好きな感じではありませんでした。
    シリーズものみたいですが、次は多分読まないかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月14日

    出だしの雰囲気に比べてアクション要素が物足りない印象。
    シリーズの最初だから、もう少し派手でも良かったんじゃないかな。
    ジャンルとしては伝奇ものなので、近作の警察小説ものから入ったファン層には受けないんじゃなかろうか。
    伝奇の要素も流石に古くさい感じのしないでもないし、相当に読者を選ぶ感じですかね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    日本を舞台にしたスパイ(諜報員)もの
    展開は超常ものありの、非現実的なものなので、好き嫌いがあるお話です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月01日

    特殊防諜班シリーズ1作目。
    アクションありのミステリー。
    登場人物が脇役も含め魅力的。
    トンデモが大好きな私としては、歴史トンデモ説をもっと盛りだくさん書いて欲しかったけれど。
    高橋克彦の竜の柩を上回る小説を探し求めているのですが、幸か不幸かこの作品以上のものには出会えず。

    何はともあれ、2作目を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月03日

    特殊防諜班シリーズ1作目。
    随分昔に書かれた作品であるけれども、古臭さを全く感じさせず、面白く読めた。今野作品のシリーズの中では伝奇+アクションの類に属するモノかな。軽く読むエンターテインメント小説としてうってつけ。シリーズが結構続くので、楽しみ~♪

    このレビューは参考になりましたか?

特殊防諜班 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 特殊防諜班 連続誘拐
    605円(税込)
    宗教団体教祖の奇妙な誘拐事件が相次いで発生した。教祖たちは無事解放され、一様に何も覚えていない。だが、雷光教団・東田夢妙斎の事件は違った。真相を追う「首相の代理人」真田は、陰にある巨大な陰謀と遥か古代から受け継がれた血の伝承を探しあてる。『新人類戦線“失われた十支族”禁断の系譜』改題。
  • 特殊防諜班 組織報復
    550円(税込)
    成田空港で爆破テロが発生した。当初、過激派の犯行と思われたが、真相は新たなる攻撃だった。新人類委員会の行動は再開されていたのだ。恵理、舎念、そしてチベット仏教の高僧の生命が危険にさらされている。ただ1人の特殊防諜班・真田の戦いが始まる。 ※この作品1987年1月廣済堂出版より刊行された『“新人類戦線シリーズ2”聖卍コネクション』を改題したものです。
  • 特殊防諜班 標的反撃
    550円(税込)
    警視庁公安部の二人の捜査員が品川埠頭で射殺された。それが事件の発端だった。十支族の末裔、芳賀一族抹殺を狙う新人類委員会は謎の男、コワルスキーを送り込む。特殊防諜班、真田は恵理たちを守って反撃する。闇の文書「プロトコル」とは何を意味するのか。『新人類戦線「ユダヤ・プロトコルの標的」』改題。
  • 特殊防諜班 凶星降臨
    550円(税込)
    元自衛官・真田武男は首相の特命を受け、緊急事態に対応する調査官であり、“十支族”の末裔、芳賀恵理たちを守る存在でもある。凶行を繰り返す過激派メンバーを追跡するが……。一方、ヨーロッパで拉致された“盟友”ザミルは新人類委員会の首領と対面する。 ※この作品は1988年6月天山出版より刊行された『過去(シュパンダウ)からの挑戦者』(新人類戦線シリーズ)を改題したものです。
  • 特殊防諜班 諜報潜入
    550円(税込)
    山の民――。特殊防諜班・真田は、誇り高きその血を受け継いでいた。雷光教団を急速に掌握した、2代目夢妙斎と名乗る男を探る真田は、彼の技に同族の印を見出す。一方、モサドのザミルは中東戦争阻止に忙殺。だが芳賀一族抹殺の新たな陰謀がまた動き出していた。 ※この作品は1988年12月天山出版より刊行された『失われた神々の戦士』(新人類戦線シリーズ)を改題したものです。
  • 特殊防諜班 聖域炎上
    550円(税込)
    炎に包まれる山、黒い鳥。“失われた十支族”の末裔、芳賀舎念は危機を予知する。都内のビルへの破壊テロが事件の始まりだった。新人類委員会は予想外の兵器を駆使して芳賀一族に迫る。特殊防諜班・真田たちは宿敵・夢妙斎、そして新たな恐るべき男の攻撃を阻止できるのか!? ※この作品は1989年10月天山出版より刊行された『黒い翼の侵入者』(新人類戦線シリーズ)を改題したものです。
  • 特殊防諜班 最終特命
    704円(税込)
    風雲急!! 真田、生き残れるか!? ルドルフ・ヘスの命令の下、陸空からの最終攻撃が、恵理、舎念たちに迫る!! 運命が微笑むのは、敵か味方か!? 新人類委員会は、芳賀一族抹殺を狙って、最終攻撃の準備を進める。舎念、恵理、ザミルが重大な危機を予期する中、真田武男は特殊防諜班の任を解かれる。宿命の男たちが出雲に集結、最大にして最後の戦いが始まる。真田は恵理たちを守ることができるのか。シリーズ完...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています