リオ―警視庁強行犯係・樋口顕―

リオ―警視庁強行犯係・樋口顕―

作者名 :
通常価格 723円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「彼女が容疑者だとは、思えない」警視庁捜査一課強行犯第三係を率いる樋口警部補は、荻窪で起きた殺人事件を追っていた。デートクラブオーナーが殺害され、現場から逃げ去る美少女が目撃される。第二、第三の殺人が都内で起こり、そこにも彼女の姿が。捜査本部は、少女=リオが犯人であろうという説に傾く。しかし、樋口の刑事の直感は、“否”と告げた。名手が描く本格警察小説。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年01月02日
コンテンツ形式
EPUB

「リオ―警視庁強行犯係・樋口顕―」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年09月15日

今野敏の刑事ものは、主人公の刑事の性格・環境の設定が独特で面白い。

本作の樋口については、「自分に自信が持ち切れない」「他人にどう思われているかを非常に気にする」という独特の性格が随所に垣間見えている。
こういう人って組織の中に必ず居るよね、というタイプだ。

普通こういった刑事ものだと、主人公は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月22日

樋口のキャラクターが良い。
警察社会の中では弱いように見えるが堅実な仕事ぶりは評価に繋がり、自信が無いのが丁度良く思える。
続編も読んでみよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月27日

ちょっと変わった主人公が登場する警察もの
その悩める姿は、共感できるところがあります
それにしても今野さんは、人を描き分けるのがうまいですね

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年02月03日

犯人が教師とはありがちなのにずっと飽きない。
一目気にしてしまうことに悩む樋口の設定がいい。
氏家とのコンビのラストが心地いい余韻。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月06日

警視庁強行犯係・樋口シリーズ第一弾。
なんとなく、隠蔽捜査シリーズと
似ていて(警察ものだから当たり前か)
読みやすくて2日で読んだ。
続きも全部読もう。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「警視庁強行犯係・樋口顕」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,943

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!