ヴィクトリアン・ローズ・テーラー5 恋のドレスは明日への切符

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー5 恋のドレスは明日への切符

作者名 :
通常価格 518円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

内気な仕立人クリスと、社交的な売り子パメラ。ふたりが営む仕立屋『薔薇色(ローズ・カラーズ)』は、恋をかなえるドレスをつくると大評判。だがクリスは闇のドレスで貴族の娘ばかりを陥れるアイリスを怖れ、貴族からの依頼をすべて断ることにする。そんなある日、裕福な鉄道王の娘パトリシアがドレスの注文にやってきた。安心して引き受けたクリスだが、パトリシアの付き添い人(コンパニオン)は訳ありのようで…。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

書店員のおすすめ

19世紀、英国ロンドン近郊のリーフスタウンヒルには小さな仕立屋「薔薇色(ローズ・カラーズ)」。売り子である友人パメラとともにこの店を営む少女クリスが仕立てるドレスは恋をかなえてくれるという噂がある。噂を耳にした公爵家の長男シャーロックが妹のためにドレスを頼みに来て…というお話から始まる、短編集を挟みながら長く続く少女向けライトノベルです。これを「ラノベだから」と見逃すのはもったいない! 上流階級のシャーロックと労働者階級のクリスの恋を通底に、1冊ごとにドレスを仕立てたい令嬢たちを主役としたお話が完結しますが、「恋のドレス」とそれに対立する「闇のドレス」も登場し、ミステリの要素も。ヴィクトリア朝における身分違いの恋を描きながら、恋愛関係やご都合主義だけに終わらず、母娘や夫婦などの人間関係を含めて、登場人物たちの葛藤や成長が丁寧に表現されている非常に優れた少女小説です。シリーズの主人公2人の行く末が気になって、どんどん続きを読みたくなってしまうので、大人買いがオススメ。

Posted by ブクログ 2013年05月19日

とうとうアイリスが捕まって闇のドレスの件もいったん落ち着きますね!
ユーベルに闇のドレスを作れと迫られた時のクリスも壁を一枚乗り越えたようで安心。
パトリシアのキャラは最初イラッとしたけどクリスのドレスを着てから「ああ、根は素直で明るい子なんだ」と輝いて見えた。
シリーズ始まってから初めての失恋エン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月15日

巻を重ねる毎に、クリスの抱えている過去(母)の事が、わかってきました。パメラはどうやら思った以上にクリス至上主義のようで、ちょっと驚きました。密かににイアン先生とどうなるのかと毎回気になってるんですが、そちらもまだ保留のようで。お馴染み?アイリスも出て来て、今回は、今までの巻より、シリアスでした。そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

hiropon 2017年07月19日

内容は面白い
しかし、書籍版なのに名前がどう読んでも、別の人間の名前であるべきだったり、誤字とおもえる箇所があった。
電子書籍化する際間違ったのか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月18日

シリーズ5

鉄道王のワガママ娘と
没落貴族になった付き添いと
わけあり従者

アイリスとシャーロックの駅での対決!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月24日

BOOKLIVEで。
階級を越えた愛。
パトリシアはちょっと傲慢なんだけど、音は悪い子じゃない。そういう女の子って書くの難しそうだけど、すごく憎めなくて愛らしい子だった。
イヴリンは没落した女伯爵、でもフットマンとの恋を貫く、すごく素敵でした。
列車の旅、ってすごく素敵。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」に関連する特集・キャンペーン