風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室

風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
紙の本 [参考] 605円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

理想のお風呂を作りたい――風呂をめぐるOL物語! 天天コーポレーション研究所の受付嬢、砂川ゆいみは風呂が大好き。銭湯で失恋の痛手を癒しているときに、入浴剤開発員の鏡美月と知り合ったことから、モニターに抜擢される。美月は営業部の円城格馬とともに、バスタオルと水着に身を包み、今日も理想の風呂を目指して研究に励む。ゆいみ、美月、格馬ははたして理想のお湯を作れるのか!? 本邦初!? OL風呂小説!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年06月19日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

風呂ソムリエ 天天コーポレーション入浴剤開発室 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月23日

    経費シリーズが好きだから読んでみたけどこっちも面白かった。
    美月たちの馴れ初めも詳しくわかるしより経費シリーズが面白く見れると思う。
    温泉に入りたくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月18日

    「経理部の森若さん」が面白かったので、
    その「前作」に当たる本書も購入(^ ^
    「森若さん」で「脇役的」に登場する、
    美月さんやゆいみさんが主役のお話。

    美月さんも「御曹司」も、テッテー的に天然で奥手で、
    「んなアホな」とツッコミつつも気楽に読める(^ ^
    「森若さん」に比べて、読後の
    「女って面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月19日

    面白かった!
    入浴剤ってこんなふうに研究されてるんだ、って。
    次に入浴剤を使う時には以前と違う気分で楽しめそう(*^^*)
    美月とあの人の関係はそんなところから始まったのか!
    不器用な2人の恋物語も見守りたいですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月28日

    天天コーポレーション研究所の受付嬢・ゆいみと、研究員・美月の話。
    『これは経費で~』シリーズのエピソード0的な感じで読めて、楽しかった。

    温泉、行きた~い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月14日

    森若さんは出て来ないので、森若さんシリーズを読んでからだとサイドストーリーのように思ってしまうが、本書が天天コーポレーションが舞台となる最初の作品。

    森若さんと同期入社の美月さんと創業者二代目の専務とのなれ初めがよく分かるし、くせ者キャラクターである有本マリナがくせ者ぶりの片鱗をみせる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    森若さんからの天天コーポレーションシリーズを読みたくて購入。やっぱりこの会社はおもしろい。キレイなのに恋心には鈍感、研究熱心な美月。都会のOLに疲れた派遣社員のゆいみ。お風呂好きという接点でつながるのがいい。美月の淡い恋に注目っ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月23日

    『これは経費で~』のドラマから一式そろえて読み始め。
    当初はこの『風呂ソムリエ』は存在を知らず購入しなかったが,書籍の番号3-1からするに,本書が一番最初なので本書から読むことにした。

    温泉好きの受付ゆいみと研究員美月を主の登場人物として恋愛模様が描かれてます。本書ではまだ森若さんは出てこず。読み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月07日

    森若さんでたまに出てくる美月さんの話。こっちが先なんだね。森若さんが出てくるのかと思ったら全然存在もなかった(-_-;)。あとから考え付いたのか。空気読めない恋愛未経験者の不器用な恋愛の話なんだけど、読みやすかったのでまぁいいかなと。バスクリンも化学なんだねぇ(-_-;)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月11日

    「これは経費〜」の姉妹編。あっちはシリーズになったけど、これは先に出たのに一冊だけなんだ。入浴剤開発に励む研究員美月、受付のゆいみ、営業部課長格馬三人の視点で進む。美月は優秀だけど人との付き合い方がわからない天才肌な子。最近よくみる設定。格馬を巡る三角関係になるのかと思ったら、早い段階でゆいみの中で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月10日

    『これは経費で落ちません』に少しだけ出てくる天天コーポレーション研究所がメインのお話。
    研究所の様子や美月の恋愛事情が描かれていて、面白かった。
    これもシリーズ化してほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています