ヴィクトリアン・ローズ・テーラー15 恋のドレスと宵の明け星

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー15 恋のドレスと宵の明け星

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

シャーロックとのすれ違いに心を乱したクリスは、ドレスを作れなくなってしまう。そんな折、以前顧客だったパトリシアと出会うことで、その強さと明るさに心を救われたクリスはドレスを作る意欲を取り戻した。だが、依頼を受けた矢先、闇のドレスに関わる事件で伯爵だった父を喪(うしな)った女性・イヴリンが『薔薇色(ローズ・カラーズ)』を訪れて…!? 強い想いを込めたドレスがもたらすのは「恋」? それとも「闇」?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

19世紀、英国ロンドン近郊のリーフスタウンヒルには小さな仕立屋「薔薇色(ローズ・カラーズ)」。売り子である友人パメラとともにこの店を営む少女クリスが仕立てるドレスは恋をかなえてくれるという噂がある。噂を耳にした公爵家の長男シャーロックが妹のためにドレスを頼みに来て…というお話から始まる、短編集を挟みながら長く続く少女向けライトノベルです。これを「ラノベだから」と見逃すのはもったいない! 上流階級のシャーロックと労働者階級のクリスの恋を通底に、1冊ごとにドレスを仕立てたい令嬢たちを主役としたお話が完結しますが、「恋のドレス」とそれに対立する「闇のドレス」も登場し、ミステリの要素も。ヴィクトリア朝における身分違いの恋を描きながら、恋愛関係やご都合主義だけに終わらず、母娘や夫婦などの人間関係を含めて、登場人物たちの葛藤や成長が丁寧に表現されている非常に優れた少女小説です。シリーズの主人公2人の行く末が気になって、どんどん続きを読みたくなってしまうので、大人買いがオススメ。

    Posted by ブクログ 2010年03月19日

    がっつり恋愛ものはあんまり読まなくなったんですがそれでもこれは追っちゃいます。クリスかわいい。
    本編はひたすら切ないですね……。いくらシャーリーが優しくてもやっぱり(良くも悪くも)貴族なんだなあと思いました。少しずつ色々動いてそうなので次巻も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月11日

    シリーズ15

    ドレスが作れなくなってしまったクリス

    恋に振り回されてるなぁ

    鉄道主の娘パトリシアの失恋と
    イヴリンとの再開


    クリスがシャーロックの家へ訪ねていったシーンが秀逸

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月19日

    クリスとアルフが会話するシーンは切ないけれど、アルフはどんな決断をしていたのか今後の展開が気になるところ。
    7章はクリスが頑張ったりひどい目にあったり報われたりしていて、シャーロックを反省しろと言いたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月19日

    通称「恋を叶えるドレス」というけれど、確かに必ずそのドレスを着たものの恋が叶うのなら、必ずどこかで歪みが出るだろう。
    誰かに好かれるのが一人からだけだとは限らないから。
    その人の魅力を引き出すドレスというのは、確かに強力だけど、どこかドーピングに通じるものがあるのかもしれないとも思える。
    この巻は、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    アルフ(シャーリー父)が遂に自らクリスと接触した!
    もっと威圧的な態度に出られるか、もしくは冷徹に切り捨てられるのかと思っていたが、そんなことは微塵も感じさせないほど紳士的で、ほんの少しだけ二人の未来に期待してしまう。
    が、今回の見せ場は、やっぱりラストでしょう。
    挿絵担当のあきさんもあとがき漫画で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    追いついてしまった……
    まあ、短編集ひとつ飛ばしてるんだけど。
    そして、このシリーズはあれか、ヴィクトリアンういういなのかあ!
    話が進むことにあまり重きを置いてはいないつもりだったが、それにしても、最終イラストにきゅんきゅんするために一冊読むなんてのはヒドいですよ!>きゅんきゅんしてんじゃん
    イラス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月24日

    シャーリーとのすれ違いに心を乱したクリスは、ドレスを作れなくなってしまう。そんな折、以前顧客だったパトリシアと出会うことで、その強さと明るさに心を救われたクリスはドレスを作る意欲を取り戻した。だが、依頼を受けた矢先、闇のドレスに関わる事件で伯爵だった父を喪った女性・イヴリンが『薔薇色』を訪れて・・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    恋愛としてはそこそこまとまってきたような気もしていましたが、何だかまた暗雲が立ち込めつつあるような、ちょっと息苦しい1冊でした。今回、シャーリーの父と母がそれぞれ出て来ますが…何だかやっぱりクリスはシャーロックと一般的な意味で結ばれること(結婚とか…)は無理な気がする; 「きみが貴族だったら…」って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~29巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~20件目 / 29件
  • ヴィクトリアン・ローズ・テーラー11 恋のドレスと黄昏に見る夢
    オルソープ家の執事は、アディルのドレスを再度『薔薇色(ローズ・カラーズ)』に注文するが、パメラは断ろうと必死だった。シャーロックの婚約者候補であるアディルのドレスを作って以来、クリスの様子がおかしいからだ。一方アディル本人は『夜想(ノア)』にドレスを依頼する。『夜想』の仕立人ミセス・コルベールと闇のドレスとのつながりを探るシャーロック。クリスもまた、ミセス・コルベールに近づ...
  • ヴィクトリアン・ローズ・テーラー12 窓の向こうは夏の色
    ケイトは厳格な叔母にドレスの注文を取り消され…(「ドレッシング・ルームの高い窓」)。男爵令嬢ファニーは恋人のケネスに隠し事をしていて…(「希望という名の猫」)。仕立屋『薔薇色(ローズ・カラーズ)』をめぐる短編に、書き下ろしで寄宿学校時代のシャーロックの淡い恋を描いた「窓の向こうは夏の色」、愛人のいるヘンリー・モアティエと結婚したドロシアの物語「幸福な淑女」を加えた“恋”の短編集。
  • ヴィクトリアン・ローズ・テーラー13 恋のドレスと約束の手紙
    『薔薇色(ローズ・カラーズ)』の仕立人クリスは、青年貴族シャーロックとの恋をゆっくりと育てていた。だがある日『薔薇色』に謎の男ギルレイが現れ、シリルという女性のドレスを注文する。クリスは採寸のためひとりでロンドンを訪れるが、指定されたのはかつての『薔薇色』があった場所のすぐ近くだった。女優だというシリルに振り回されるうち、闇のドレスに近づいていくクリス。シャーロックも闇のドレ...
  • ヴィクトリアン・ローズ・テーラー14 恋のドレスと舞踏会の青
    青年貴族シャーロックが『薔薇色(ローズ・カラーズ)』の仕立人クリスを想っていると知りながらも、彼への想いを断ち切れない伯爵令嬢アディル。彼女は伯爵家主催の舞踏会で、新たに仕立てた恋のドレスを着て、もう一度シャーロックを振り向かせようとする。一方、クリスもまた複雑な想いを胸に、顧客の婦人の付き添いとして舞踏会に行くことになるが…? 舞踏会の一夜に交錯するそれぞれの秘めた想いは!?
  • ヴィクトリアン・ローズ・テーラー15 恋のドレスと宵の明け星
    シャーロックとのすれ違いに心を乱したクリスは、ドレスを作れなくなってしまう。そんな折、以前顧客だったパトリシアと出会うことで、その強さと明るさに心を救われたクリスはドレスを作る意欲を取り戻した。だが、依頼を受けた矢先、闇のドレスに関わる事件で伯爵だった父を喪(うしな)った女性・イヴリンが『薔薇色(ローズ・カラーズ)』を訪れて…!? 強い想いを込めたドレスがもたらすのは「恋」? それ...
  • ヴィクトリアン・ローズ・テーラー16 聖者は薔薇にささやいて
    クリスの親友で仕立屋『薔薇色(ローズ・カラーズ)』の売り子パメラの前に、彼女の過去を知る紳士アイヴォリーが現れる。彼は店に出入りするシャーロックとパメラの仲を疑い、従僕アントニーに接触した。そのことで、アントニーはパメラの秘密を知ることになり…。伯爵家の舞踏会で、勝気な少女を巡る恋の駆け引きが繰り広げられる!? 表題作「聖者は薔薇にささやいて」ほか、短編2作を収録。※まんがは収録...
  • ヴィクトリアン・ローズ・テーラー17 恋のドレスと追憶の糸
    『薔薇色(ローズ・カラーズ)』でシャーロックやパメラと穏やかな日々を送るクリスの前に、行方不明だったユベールが現れる。女伯爵イヴリンとの生活を夢見るユベールに、クリスはイヴリンが会いたがっていることを伝えるが、すべてが終わったら迎えにいくという言葉を残し、ユベールは去っていく。一方、弁護士ケネスも闇のドレスとクリスの過去に迫り…。闇のドレスに翻弄される恋人たちの運命は!? シリ...
  • ヴィクトリアン・ローズ・テーラー18 恋のドレスと聖夜の迷宮
    シャーロックに拒絶され悲嘆に暮れたクリスは、パメラと共に『薔薇色(ローズ・カラーズ)』から姿を消す。一方、貴族の義務とクリスへの思いとの間で揺れるシャーロックは、苦悩の日々を過ごしていた。ようやく行方知れずのクリスの居場所を探し当て、安堵するシャーロックだったが、クリスもシャーロックを思うがゆえに厳しい決断を迫られて…。 二人の恋の行方は!? 引き裂かれた恋人たちは聖夜に出会え...
  • ヴィクトリアン・ローズ・テーラー19 恋のドレスと聖夜の求婚
    再会したクリスに思いがけない別れを告げられたシャーロック。失意のシャーロックは、モアティエ公爵家の令嬢コーネリアの恋愛騒動に巻き込まれ、ある決断をすることに…。一方、シャーロックを忘れられず、辛い日々を送るクリスは、ジャレッドから母リンダの居場所を聞き、母に会いにいく。それぞれの恋の行方は…。ヴィクトリアン・ラブロマン、シリーズ急展開!?
  • ヴィクトリアン・ローズ・テーラー20 恋のドレスと月の降る城
    ようやく母のリンダと再会を果たしたクリスは、ジャレッドの制止も振り切り、リンダと行動をともにすることを決める。これ以上、リンダに闇のドレスを作らせないためだ。そして向かった先は、スコットランドのマクダフ城。リンダの愛するヒューバートの城である。一方、シャーロックはクリスを連れ戻すためマクダフ城を訪れるが…。恋のドレスと闇のドレスに翻弄される恋人たちの運命は!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー」に関連する特集・キャンペーン