山本周五郎の一覧

「山本周五郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本周五郎(ヤマモトシュウゴロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1903年06月22日
  • 出身地:日本 / 山梨県
  • 職業:作家

1926年『須磨寺附近』が文壇出世作となる。『さぶ』、『赤ひげ診療譚』、『樅ノ木は残った』など多数の作品を手がける。『樅ノ木は残った』がNHK大河ドラマ化されたことをはじめ、数多くの作品が映画化、ドラマ化、舞台化されている。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/15更新

怒らぬ慶之助
  • ブラウザ試し読み

生きている源八
  • ブラウザ試し読み

一人ならじ
  • ブラウザ試し読み

栄花物語
  • ブラウザ試し読み

艶書
  • ブラウザ試し読み

扇野
  • ブラウザ試し読み

大炊介始末
  • ブラウザ試し読み

おごそかな渇き
  • ブラウザ試し読み

おさん
  • ブラウザ試し読み

花杖記
  • ブラウザ試し読み

髪かざり
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 赤ひげ診療譚
    「さぶ」に続いて、青空文庫での山本周五郎作品。
    「さぶ」と同じように、人情味あふれる話で、時代を超えて、正しく生きることを教えてもらいました。
    しかも主人公は作品名の「赤ひげ」ではないところも「さぶ」と同様でした。
    またいつか著者の作品を読みたいと思います。
  • 季節のない街
    本当の意味で愛するとはどういうことなのか。
    自分の価値観はまだ未熟なのだなあと痛感した。
    というか、生きているうちに山本周五郎先生の価値観を理解できる日が来るのだろうか。
    ひたむき、とかまっすぐ、とかの純度を最高に高めると山本周五郎先生に行き着くような気がする。
  • 樅ノ木は残った(下)
    主人公はもちろん登場人物が皆生き生きとしていて目に浮かぶよう。3巻あっという間で読み終えるのが惜しかった。
  • 小説 日本婦道記
    もし無人島に1冊の本を持っていくことを許されるならこの本を選びます
    女性で生まれたことを誇らしく思える
    私にとって大切な1冊です
  • 合本 山本周五郎名品館【文春e-books】
    あだこ、おたふく……山本周五郎を、全て読んだワケではないですが
    山本周五郎作品の中では、一番好きな短編でした
    爺さんの持ってた本を読んだのは、はるか昔でしたが今読むと読めない漢字もあって
    前後関係で「ああ、そう読むのか!」などと、昔は普通に読んでた気がするので
    最近の小説に慣れすぎて「忘れて...続きを読む