山本周五郎の一覧

「山本周五郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本周五郎(ヤマモトシュウゴロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1903年06月22日
  • 出身地:日本 / 山梨県
  • 職業:作家

1926年『須磨寺附近』が文壇出世作となる。『さぶ』、『赤ひげ診療譚』、『樅ノ木は残った』など多数の作品を手がける。『樅ノ木は残った』がNHK大河ドラマ化されたことをはじめ、数多くの作品が映画化、ドラマ化、舞台化されている。

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/11/01更新

あとのない仮名
  • ブラウザ試し読み

雨の山吹
  • ブラウザ試し読み

あんちゃん
  • ブラウザ試し読み

怒らぬ慶之助
  • ブラウザ試し読み

生きている源八
  • ブラウザ試し読み

一人ならじ
  • ブラウザ試し読み

栄花物語
  • ブラウザ試し読み

艶書
  • ブラウザ試し読み

扇野
  • ブラウザ試し読み

大炊介始末
  • ブラウザ試し読み

おごそかな渇き
  • ブラウザ試し読み

おさん
  • ブラウザ試し読み

花杖記
  • ブラウザ試し読み

髪かざり
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 寝ぼけ署長
    周囲には油断させといて、最後は平和に解決のパターンにはまった。こんなリーダーになりたいと思ったりした。
  • おさん
    いつもながら読後の満足感は高い。親子、夫婦、友人、(侍の)上下、人情など、清々しく、ホロリとさせられ、勇気が湧いてくる。短編10本が収められているが、山本には珍しい不思議で切ないファンタジ一が1本ある。これは蒸し暑い夏のよるにぴったり。また、最後に掲載されている1本は幼馴染の友情を描いたもので、主人...続きを読む
  • ながい坂(上)
    人はときに、いつも自分の好むようには生きられない、ときには自分の望ましくないことにも全力を尽くさなくてはならないこともある。生き方に共感出来る。
  • さぶ
    恥ずかしながら、山本周五郎先生初読み。 友人から薦められた一冊。 色んなものが入った濃い内容だった。 人間。人間。人間。人へ思いを馳せる、そして自分を振り返る。人は弱いけどこれを繰り返しやっていくしかない、と学びました。
  • おたふく 山本周五郎名品館I
    「山本周五郎名品館Ⅰ おたふく」山本周五郎 (編・沢木耕太郎)

    「わざとらしい」とか「くさい」とか「センチメンタルすぎる」とか「できすぎ」とか「ダサい」とか「ベタ」とか。そういう批判を受けることは大いにあると思いますが、だから嫌われたり、食わず嫌いされたりすることもあると思いますが、そんなことより...続きを読む