「山本周五郎」おすすめ作品一覧

「山本周五郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本周五郎(ヤマモトシュウゴロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1903年06月22日
  • 出身地:日本 / 山梨県
  • 職業:作家

1926年『須磨寺附近』が文壇出世作となる。『さぶ』、『赤ひげ診療譚』、『樅ノ木は残った』など多数の作品を手がける。『樅ノ木は残った』がNHK大河ドラマ化されたことをはじめ、数多くの作品が映画化、ドラマ化、舞台化されている。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/01/16更新

おさん
  • ブラウザ試し読み

怒らぬ慶之助
  • ブラウザ試し読み

五瓣の椿
  • ブラウザ試し読み

青べか物語
  • ブラウザ試し読み

赤ひげ診療譚
  • ブラウザ試し読み

朝顔草紙
  • ブラウザ試し読み

あとのない仮名
  • ブラウザ試し読み

雨の山吹
  • ブラウザ試し読み

あんちゃん
  • ブラウザ試し読み

生きている源八
  • ブラウザ試し読み

一人ならじ
  • ブラウザ試し読み

栄花物語
  • ブラウザ試し読み

艶書
  • ブラウザ試し読み

扇野
  • ブラウザ試し読み

大炊介始末
  • ブラウザ試し読み

おごそかな渇き
  • ブラウザ試し読み

花杖記
  • ブラウザ試し読み

髪かざり
  • ブラウザ試し読み

菊月夜
  • ブラウザ試し読み

季節のない街
  • ブラウザ試し読み

虚空遍歴
  • ブラウザ試し読み

酒みずく・語る事なし
  • ブラウザ試し読み

さぶ
  • ブラウザ試し読み

正雪記
  • ブラウザ試し読み

小説 日本婦道記
  • ブラウザ試し読み

新潮記
  • ブラウザ試し読み

ちいさこべ
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 赤ひげ診療譚
    宮部みゆきの小説「淋しい狩人」を読んでいた時にエピソードの一つに登場した本で、すごく印象に残ったので取り寄せ読んでみることにした。
    一言で言い表すならば、傑作ですね。
    この本が出版されてから半世紀以上経過しているが、作品の魅力は全く衰えていない。
    おそらく今後数十年たっても読み継がれていく稀有の傑作...続きを読む
  • 山本周五郎中短篇秀作選集 2 惑う
    「泥棒と若殿」
    子供の頃から苦労をし、初めて泥棒に入った古屋敷には、三日も食わずで死のうとしていた若殿がいた。泥棒・伝九郎は、若殿・成信に飯の支度をし、そのための銭もかせぎ、一緒に暮らし始めた・・・。
    伝九郎、良い人過ぎるよ。

    「おたふく」
    おしずは、長く貞二郎(彫金師)を思っていた。妹が...続きを読む
  • 山本周五郎中短篇秀作選集 3 想う
    「松の花」
    古今のほまれ高き女性たちを録した伝記の編纂をしている佐藤藤右衛門。彼は息をひきとったばかりの妻の慎ましやかな生き方を知り、世にでないがほむべき女性について、序章で記していくべきだと考え直していく。

    「風鈴」
    結婚をし豊かな家に移った妹二人。姉・弥生は質素な暮らしをし、夫も出世をせ...続きを読む
  • 山本周五郎中短篇秀作選集 1 待つ
    石榴
    その時はそれほどの想いはなかった。だが、最期に人生を思い返し、失踪した夫に最後に会える感慨は・・・。

    山茶花帖
    身分違いの恋。周りの取り計らいで添い遂げられる二人。

    柳橋物語
    待っていてくれと言い上方へ行った庄吉。その間に最後の身寄りである祖父を亡くし、江戸の火事にあうおせん。そ...続きを読む
  • ながい坂(下)
    評価は5.

    内容(BOOKデーターベース)
    異例の出世をした主水正に対する藩内の風当たりは強く、心血をそそいだ堰堤工事は中止されてしまうが、それが実は、藩主継承をめぐる争いに根ざしたものであることを知る。“人生"というながい坂を人間らしさを求めて、苦しみながらも一歩一歩踏みしめていく一人の男の孤独...続きを読む

特集