山本周五郎の一覧

「山本周五郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本周五郎(ヤマモトシュウゴロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1903年06月22日
  • 出身地:日本 / 山梨県
  • 職業:作家

1926年『須磨寺附近』が文壇出世作となる。『さぶ』、『赤ひげ診療譚』、『樅ノ木は残った』など多数の作品を手がける。『樅ノ木は残った』がNHK大河ドラマ化されたことをはじめ、数多くの作品が映画化、ドラマ化、舞台化されている。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/07/22更新

ユーザーレビュー

  • 樅ノ木は残った(下)
    壮絶な最後でした。上巻冒頭の暗殺以降、置毒やくびじろとの対決などのエピソードはあったものの淡々と歩みを進めていた物語が終盤に一転、怒涛の展開の中で多くの命が散って行きました。そしてフィナーレ、思いもよらない謀略が仕組まれ、本懐は遂げることができたものの待っていたのは悲劇的な結末。国のために侍はここま...続きを読む
  • さぶ
    去年の夏、沖縄の書店で「山本周五郎賞があるのに山本周五郎の作品が面白くないはずがない。」という文句に惹かれ購入した。なかなか読む気になれず放置していたが、1年越しに私は強く同意したい。

    江戸を舞台に、一人前の表具職人を目指す2人の男の子の成長を描いた作品だ。
    1人は弱虫で何事にも消極的なさぶ、もう...続きを読む
  • 樅ノ木は残った(下)
    原田甲斐の選択の全ては、伊達家のため。
    自分を頼みとする妻子や自分を慕う家臣の、個々の生活も命さえも手駒として使わなければならない。
    甲斐が非情な独裁者ならどんなに楽だったろう。
    一人の人物にいくつも呼称があり、読み初めは確認作業をしながらなかなかページが捗らなかったが、いちいち気にならないくらい先...続きを読む
  • 寒橋(さむさばし) 山本周五郎名品館III
    あの国民的作家山本周五郎作品の沢木耕太郎セレクト版、全四巻中の三巻。作品も解説も絶品。

    落ち梅記、寒橋、人情裏長屋、なんの花か薫る、かあちゃん、あすなろう、落葉の隣り、茶摘みは八十八夜から始まる、釣忍、の九篇を収録。

    人情裏長屋と母ちゃんが有名であろう。私的には寒橋の切なさと感動が良かった。つい...続きを読む
  • 裏の木戸はあいている 山本周五郎名品館II
    国民的作家山本周五郎の珠玉の短編集。選者はあの沢木耕太郎。これが面白くないはずがない。様々なテーマ、舞台。山修の守備範囲の広さには驚かされる。

    直木賞ほか文学賞を全て辞退したという山本周五郎。没後50年が過ぎても今でも多くの作品を簡単に入手することごできる。作品数から言えば司馬遼太郎と並ぶ国民的な...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!