松風の門

松風の門

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

幼い頃、剣術の仕合で誤って幼君の右眼を失明させてしまった俊英な家臣がたどる、峻烈な生き様を見事に描いた“武道もの”の典型「松風の門」、しがない行商暮しではあるけれども、心底から愛する女房のために、富裕な実家への帰参を拒絶する男の心意気をしみじみと描く“下町もの”の傑作「釣忍」、ほかに「鼓くらべ」「ぼろと釵」「砦山の十七日」「醜聞」など全13編を収録する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2012年12月07日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

松風の門 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年03月21日

    名もなき江戸庶民の物語は波乱万丈。喧々諤々な展開にハラハラさせられたかと思うと、最後あっと驚く結末。それがハートウォームゆえにどの作品もはまる。釣忍は最後の一文でホロっときた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月09日

    どの小品も良かったが、昭和20年代後半以降の作品は上手いと感じる。おすすめの一冊。「失恋第五番」は全く作風のことなったもので驚いた。13.6.9

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月19日

    「鼓くらべ」を中学の宿題冊子の問題で読んで気に入ったので、買って全文読むことにしました!!
    お留伊が老人に教えられたことは音楽だけに限らない芸術すべてにも言えることだとも思います。
    最後に亡くなった老人の横でお留伊が鼓を打ちはじめる場面に感動しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月02日

    「鼓くらべ」と表題の「松風の門」の2編は、泣けてしょうがない。特に「鼓くらべ」は、最後のシーンが脳裏に鮮やかに映像となって現れ、背筋が伸びる。高校生の時から、何度読んでも同じ感動を味わっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    "醜聞"が自分の性格にもあてはまって面白かった。「表沙汰にできたらなあ」
    「---しかし瘤があるからな、侍の面目、 家名、人には見せられない瘤か、さくらにはそれがみえたんだな」。"砦山の十七日"もお気に入り。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月01日

    45年前に出された13編から成る山本周五郎の短編集。昭和15年から39年にかけて編まれた武家物 町人物とバラエティーに富む内容です。時代小説はいつまでも色褪せないので その意味では作り手にとっても取り組み易いジャンルかも知れないけど力量の問われる分野でもありますね、日本人の琴線に触れることが多いジャ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月27日

    短編集。
    山本周五郎は老後まで取っておくつもりだったが、中年にして読み出してしまった。
    まぁ、最近記憶力減衰しているので、四半世紀後には忘れていることでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月05日

    山本周五郎を立て続けに読んでるのだが,僕の好きなのは下町物より武家物だな.ただし本書の中での一番のお気に入りは「鼓くらべ」である.鼓くらべで相手を打ち負かすことしか頭になかった娘が本当の芸術の意味に気がつくおはなし.「醜聞」は武家物なのだが,話の骨幹は実は「鼓くらべ」と同じである.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月07日

    一度読みたいと思っていた山本周五郎の短編集。時代ものが中心だが、一つだけ現代ものが掲載されている。どの話にも、忠義、孝心、覚悟、家族愛、友情、知恵などが盛り込まれており、読んでいてとても気持ち良い。師走に読むに相応しい、日本的なものの良さ、美しさが感じられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月23日

    昭和15年の『松風の門』から昭和39年の『醜聞』まで。武家もの、滑稽もの、下町もの、現代ものと色々な作品が集まった短編集です。
    明らかに少年少女を対象にした、初期の表現も直接的で、世相を反映し修身的な(修身的ラノベ?)作品が、次第に間接的で深みを持った表現に進化し、さらに善悪を超えた「性」を飲み込む...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング