加賀乙彦の一覧

「加賀乙彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/02/26更新

ユーザーレビュー

  • 科学と宗教と死
    科学と宗教や迷信などを絶対に交わらない相反するもの、として譲らない人にこれ読んでほしいなぁといつも思ってます
  • 殉教者
    ペトロ岐部カスイという人を知らなかった。
    「日本のマルコ・ポーロ」と呼ばれていて、長崎からマニラ・マカオ・ゴアと旅を続け、日本人で初めてエルサレムへ巡礼した人。

    この物語はペトロ岐部が船で日本を出発するところから始まる。
    日本を脱出し、マカオで司祭を目指すも断られ、ローマで勉強する事を目指し、一路...続きを読む
  • わたしの芭蕉
    芭蕉の真髄は何処にありやの解を与えてくる内容
    芭蕉の生き方を深く理解するところからその句を理解して解説してくれる。
    芭蕉の生き方を改めてこの本を読むことで理解し、多くを教えられる。
    日本語の美しさを生涯をかけて追求したことを各句から読み取れるときのおもしろさが尽きない。
  • 不幸な国の幸福論
    著者の人生が詰まっている感じがします。
    著者の御年もあり、説得力があります。

    歳を取っても幸福に生きるために、読んで良い本です!
  • 悪魔のささやき
    精神科医、犯罪学者でもある著者が、医務部技官として勤務した東京拘置所で囚人たちと接して、犯罪を起こしたその時の心理を表現した言葉として多かったのが

    「あの時は、悪魔がささやいたんです」
    「どうしてあんなことをしたのか、自分でもわからない。悪魔にささやかれたとしか思えない」

    その「悪魔のささやき」...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!