ある若き死刑囚の生涯

ある若き死刑囚の生涯

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

罪を見つめ、罰を引き受けるとはどういうことか。死を受け入れ、乗り越えて生きることは可能か。1968年の横須賀線爆破事件の犯人で死刑囚の短くも懸命に生きたその姿を描き出す。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 詩集・俳句
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくまプリマー新書
電子版発売日
2019年02月15日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ある若き死刑囚の生涯 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    1968年に横須賀線内に爆薬を仕掛け、死者1人・負傷者多数を出し死刑囚となった純多摩良樹の評伝。正直なところ、死刑になるほどのことをしたのだろうかと思いもする。素直そうに思える一方、ところどころ自己顕示欲が強い人のような感じもする。でもそれは、当時の普通だったようにも思う。生まれる前に父は戦死し、幼...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています