新装版 高山右近

新装版 高山右近

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本能寺の変と明智討伐。禁教令を布く秀吉への高槻城開城。前田家に身を寄せた後、家康からの国外追放。戦国の世に<清廉にして智の人>として刻まれるキリシタン大名・高山右近。すべてを捨て、信仰を貫いたその生涯を渾身の筆致で描く。カトリック教会「福者」に列福した殉教者の揺るがざる魂とは。*「福者」 死後、徳と聖性を認められた信者に、カトリック教会より与えられる称号。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年09月09日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

新装版 高山右近 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    20200926潤ちゃんからの紹介。後半のマニラ編から面白くなった。高山右近のことを多く学べた。また、なぜ禁教令が出されたのかを知った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月14日

    加賀乙彦さんは精神科医でありながら小説家、ということは知っていたが、初読みである。
    「キリシタン大名 高山右近」も知っているようで「天草四郎」ほどは知らなかった気がする。

    右近のカトリック信者としての伝記的小説ではあるけれど、いわゆる年代を追った人物像を描いているものでもない。その精神的な部分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています