日本の古典に学びしなやかに生きる

日本の古典に学びしなやかに生きる

作者名 :
通常価格 1,232円 (1,120円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本の古典には今に通じる生き方のヒントがあります。――『方丈記』幸福は富にはない、心にあるのだ。よけいなものを捨てれば心は豊かになる。/『徒然草』大事なことを先延ばしにしてはならない。「ただ今」を大切にして次はないと思え。/『努力論』人と分かち合うほど福の量は大きくなり、人に愛され、運を上げることもできる。/『養生訓』長生きするためには何事もほどほどに。長生きしなければ人生の楽しみもわからない。/作家・加賀乙彦が人気のある古典を独自の視点で読み解き、そこに秘められたしなやかに生きるためのヒントを紹介する。古典の新しい魅力が浮き彫りに!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社学芸単行本
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年03月04日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

日本の古典に学びしなやかに生きる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年08月21日

    1929年生まれ、加賀乙彦さん「日本の古典に学び しなやかに生きる」、2015.10発行。方丈記、徒然草、努力論、養生訓の4つの古典が紹介され、それぞれから「この世の住まい方」「ただ今の大切さ」「運の上げ方」「長生き術」を学ぼうとのことです。恥ずかしながら、「努力論」は知りませんでした。幸田露伴が1...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月02日

    幸田露伴「努力論」。「努力して努力する、それは真のよいものではない。努力を忘れて努力する、それが真の好いものである。」あれこれ陰気に考えるのではなく、人生は心のとり方次第で苦を転じて楽と為すことができる。ただし、そのためには相応の努力が必要。とりわけ、努力を忘れて努力するのが良い。小説を書きたいと努...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社学芸単行本 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング