「スティーヴン・ハンター」おすすめ作品一覧

「スティーヴン・ハンター」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:スティーヴン・ハンター(スティーヴンハンター)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1946年03月25日
  • 出身地:アメリカ
  • 職業:作家

ノースウェスタン大学卒。1993年『極大射程』でデビュー。『極大射程』は映画化されている。『ダーティホワイトボーイズ』や『蘇えるスナイパー』などの作品を手がける。アメリカニュース編集者協会の批評部門や、ピューリッツァー賞批評部門で受賞。

作品一覧

2017/03/30更新

極大射程
  • ブラウザ試し読み

第三の銃弾
  • ブラウザ試し読み

悪徳の都
  • ブラウザ試し読み

狩りのとき
  • ブラウザ試し読み

さらば、カタロニア戦線
  • ブラウザ試し読み

ソフト・ターゲット
  • ブラウザ試し読み

黄昏の狙撃手
  • ブラウザ試し読み

ダーティホワイトボーイズ
  • ブラウザ試し読み

デッド・ゼロ一撃必殺
  • ブラウザ試し読み

ハバナの男たち
  • ブラウザ試し読み

ブラックライト
  • ブラウザ試し読み

最も危険な場所
  • ブラウザ試し読み

蘇えるスナイパー
  • ブラウザ試し読み

四十七人目の男
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 極大射程(上)
    伝説のスナイパー
    ボブ・リー・スワガーの一冊目
    ここから「スワガー・サーガ」と呼ばれる父か祖父?子らのシリーズが続くそうです。
    罠にはめられたボブ
    なんで?とつっこむ要素はあるのですが、読むうちにだんだんとボブの友人の仇を撮りたい気持ちも理解できてきたところ
    落ちこぼれFBIのニックのパートと切り替...続きを読む
  • 極大射程(下)
    銃についての描写が詳細で、正直読み飛ばす部分が多々ありました。
    思ってた以上に戦争ものでした。

    ラストの法廷対決の場面は良かったです。
  • スナイパーの誇り(下)
    前作「第3の銃弾」が上手いことツボにはまったのか、同じ路線で来ましたね。
    今度は第2次世界大戦時のソ連のスナイパー、愛称「ミリ」、恐るべき狙撃技術から「白い魔女」と呼ばれた女性が第2の主役。
    歴史に埋もれた最後の狙撃が今、スワガーに依って白日の下に晒される。
    導入部はいいです。スワガーの事件の関わり...続きを読む
  • スナイパーの誇り(上)
    アメリカ軍の天才スナイパー、ボブリースワガーシリーズ。
    今回は60を越えたスワガーが旅をする話。
    ある日、1944年にロシアで活躍した天才女性スナイパーを追いかけるジャーナリストから連絡が来て、興味をそそられたスワガーはかつてのスナイパーの足跡を追いかけ始める。

    物語はそれと平行して1944年のス...続きを読む
  • スナイパーの誇り(下)
    ロシアの女性スナイパーの足跡を辿る話。その下巻。
    スナイパーのミリはナチス高官の暗殺を命じられ、ウクライナに潜入するが、本国高官の裏切りに会い、殲滅されかける。しかしスナイパーとしての執念により不可能に思える暗殺を実行する。
    対して、過去の真実に到達しようとするスワガーたちにも真実の解明を阻む輩が立...続きを読む