デッド・ゼロ一撃必殺(上)

デッド・ゼロ一撃必殺(上)

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

海兵隊きっての狙撃手レイ・クルーズが密命を帯びアフガンへ派遣された。彼の任務は駐留アメリカ軍の悩みの種であるザルジという男を始末することだった。西欧で高等教育を受けたザルジは人心の魅了者でありながら、タリバンやアルカイダの協力者という複雑な背景を持っていた。クルーズは彼の本拠地へ向かうが、途中で正体不明の傭兵チームに襲われ同行した相棒を失う。何とか単身ザルジの邸に接近し狙撃の用意にかかったものの、そこでまた不足の事態に見舞われ・・・。

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKSミステリー
ページ数
408ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    ボブスワガーシリーズの7作目(たぶん)。スワガー本人のアクションシーンよりも事件に巻き込まれて推理して解決するサスペンス風になっていく。年齢的にも自然かもしれないけどどうしても盛り上がるアクションシーンを期待しながら読み進めてしまう。とはいっても作品の魅力が失われることはないので楽しんで読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月30日

    まだ物語のほんの始まりにすぎないけれどもすでに面白いです。

    とにかく主人公“ボブザネイラー”が格好良すぎます。

    伝説的な老スナイパーが僕のハートを掴んで離しません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月04日

    意外に物語の進みはユックリです。
    最初の出だしから行って、
    ジェットコースター小説なのかと思いました。

    スワガー・サーガに当たるのだと思いますが、
    ボブ・リー・スワガーは、今回は少し脇によけています。
    新ヒーロー、レイ・クルーズ誕生です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月30日

    「極大射程」以来かかさず読んでます。「四十七人目の男」でちょっとズッこけましたが、それ以外は概ねそこそこの水準を保ちつつ楽しませてもらってます。年齢的な事には極力触れないでおこう的な配慮がいつもあるのですが、流石にボブ・ザ・ネイラーも64歳。今回は特にもう年なんだから・・・と言いたげなシーンが続きま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月31日

    前巻では、未だ全容が分からないまま、、また主人公が歳をとって引退間際のためか、その役割は狂言回し的なものに終始し、新たに登場したスナイパーの方の活躍が際立ったままであり、お楽しみは後編ということかと思われる。インターミッション的に挟まれるテロリストと思しき老人一行と、アフガンの要人、CIAの背反行為...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年01月09日

    いよいよ世代交代か⁈
    ボブを20年も呑んだくれさせとかなきゃよかったなと作者は悔やんでいるだろう。せめて親父を早死にさせないでおけば!
    ともかく、鈴をつけられたボブは間抜けだ。ちょうど第1作 極大射程 のボブ役をレイがなぞっている様に思える。

    テロリスト爺さん達の活躍も楽しみだ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年02月05日

    極大射程からずっと読んでいるシリーズなわけだけれど、いつもに比べて主人公がちょっと間抜けな感じで、そこが残念でした。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • デッド・ゼロ一撃必殺(上)
    海兵隊きっての狙撃手レイ・クルーズが密命を帯びアフガンへ派遣された。彼の任務は駐留アメリカ軍の悩みの種であるザルジという男を始末することだった。西欧で高等教育を受けたザルジは人心の魅了者でありながら、タリバンやアルカイダの協力者という複雑な背景を持っていた。クルーズは彼の本拠地へ向かうが、途中で正体不明の傭兵チームに襲われ同行した相棒を失う。何とか単身ザルジの邸に接近し狙撃...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • デッド・ゼロ一撃必殺(下)
    クルーズが消息を絶って半年後、親米派に豹変したザルジを高く評価したアメリカ政府は、彼を国賓としてワシントンに招待する。だがザルジの訪米直前にクルーズらしき人物から計画通り作戦行動を実行する旨の連絡が海兵隊に入る。国賓を守るためFBIとCIAは合同チームを結成、両機関の代表者としてニック・メンフィスとスーザン・オカダがボブ・リーを訪ねクルーズの捜査を要請した。クルーズの真意とは?FBI...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています