「鬼澤忍」おすすめ作品一覧

「鬼澤忍」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鬼澤忍(オニザワシノブ)
  • 生年月日:1963年
  • 出身地:日本

成城大学経済学部経営学卒。『これからの「正義」の話をしよう』、『人類が消えた世界』、『国家はなぜ衰退するのか:権力・繁栄・貧困の起源』などの翻訳を手がける。

作品一覧

2017/02/10更新

ユーザーレビュー

  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    大変参考になる示唆が凝縮されている。No RatingやOKRなど、昨今流行りとなっている事を含め、評価・育成周りについては特に興味深い。一点、Google以外の企業が福利厚生を含めた制度を真似できないのは資金があるからではなく、採用に力を入れて優秀な人材が集まっているからというのは大きいと思われる...続きを読む
  • 太った男を殺しますか?――「トロリー問題」が教えてくれること
    哲学の有名なトロリー問題が、哲学者たちにどう考えられてきたか、どんな反論があるのか、わかりやすく俯瞰できる。
    哲学者たち考えは、どれもそれなりに説得力もあって面白い
  • これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学
    読み応えがある。福祉や自由、富の再配分について考えることができた。
    中盤から難しくなり、1ヶ月ほどかかってしまったが、読んでよかった
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    翻訳文は読みやすく、すらすらと頭に入ってくる感じだった。
    もっとも、米国人的感性のギャグに注が付されたりしていて、
    翻訳文ではなく、文化の違いでちょっと立ち止まることもあった。

    記されていることは明快で、人事施策をどのようにグーグルが講じてきたのか、
    ひとつひとつ丹念に、時折、諧謔を挟みながら、テ...続きを読む
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    『「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」

    この種のミッションが個人の仕事に意味を与えるのは、それが事業目標ではなく道徳だからだ。歴史上きわめて大きな力を振るった運動は、そこで求められたものが独立であれ平等な権利であれ、道徳的な動機を持っていた。こうした考え方を拡張し...続きを読む

特集