鬼澤忍の一覧

「鬼澤忍」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鬼澤忍(オニザワシノブ)
  • 生年月日:1963年
  • 出身地:日本

成城大学経済学部経営学卒。『これからの「正義」の話をしよう』、『人類が消えた世界』、『国家はなぜ衰退するのか:権力・繁栄・貧困の起源』などの翻訳を手がける。

作品一覧

2019/06/07更新

ユーザーレビュー

  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    田端大学の課題図書という事で、オンラインサロン未加入者ですが、読んでみました。
    Google人事がわかる内容になっており、Googleがここまで大きく発展したのも、バックヤードの社員が、Googleの理念と社員の発展・ライフスタイルを重視し、取り組んだことが貢献しているのでしょう。
    社員一人一人が経...続きを読む
  • これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学
    さすがにこれは読んどかなきゃ...とおもって読んでいる 友達から譲ってもらったら線がひっぱってあってかわいい
  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
    私が仕事に情熱を持てる理由を分析できた。
    一つ。我社では稀有な客を見たことがある珍しい社員だから。奨学金ブログラムとその後の事例は納得だ。

    一万時間の法則。タイガーは同じショットを繰り返して体に染み込ませた。所望の動作を細かく分解し、その細かい動作を熟考できるまで。私の絵のアプローチと同じだ。これ...続きを読む
  • これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学
    全体的に長いけど、様々な主張を紹介→全てに反論しつつ自己の主張を展開 という構成で、読み進むにつれてまとまりが見えてきます。

    全体的に感じたのは、個人化・市場化する現代社会への大きな懸念。
    特に功利主義とリバタリアン的な考えに対する懸念が多かった。
    道徳や倫理が「ふんわりしている」「ただの理論」と...続きを読む
  • これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学
    1人を殺せば5人が助かる暴走路面電車の話。
    この本は、残念ながら、そういった場面に直面した際に、どう行動するのが正しいのかを断定してくれるものではないが、
    それ以上に、私たちに大切なものを語りかけてくれる。

    功利主義、個人主義からドイツ観念論といった難解なテーマまで、具体例と章ごとの整理を通じて論...続きを読む