ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

作者名 :
通常価格 2,178円 (1,980円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

全世界話題! Googleの人事トップが採用、育成、評価のすべてを初めて語った。創造性を生み出す、新しい「働き方」の原理を全公開!

Googleはいったいどんな仕組みで動いているのか? 誰もが抱くこの疑問に、Googleの人事トップが答えます。21世紀の最強企業をかたちづくる、採用、育成、評価の仕組みをすべて惜しげもなく公開。本書で紹介される哲学と仕組みは、Googleだからできるというものではなく、あらゆる組織に応用できる普遍性を持っています。
古いやり方で結果を出せと言われて困っているリーダー、古いやり方で評価されてやる気をそがれている若手、もっとクリエイティブに仕事をしたいと思っている人に知ってほしい、未来の働き方とは。いま働いているすべての人、これから働くすべての人に贈る、新しい働き方のバイブルとなる一冊。

著者は2006年にGoogleに入社。あらゆる企業の人の扱い方に影響を与えたいという信念の下、Googleに入ることを選択。同社の従業員が6000人から6万人に増えていく過程で、Googleの人事システムを設計・進化させてきた責任者です。Googleは、世界各国で「最高の職場」として認められ、多くの賞を受賞。
いったい、Googleは、どんなやり方で人を選んでいるのか? そうして選んだ人材に、どんな機会を与えているのか? 優秀な社員同士に最高のチームをつくってもらう秘訣とは? 社員をどう評価して、モチベーションを最大に保っているのか? 働き方をめぐるこれらの重大テーマに、次々と答えを出していきます。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
560ページ
電子版発売日
2015年07月31日
紙の本の発売
2015年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    Googleのミッションだったり、透明性、権限の考え方は参考にしています。
    科学的な採用手法はすごく勉強になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月18日

    田端大学の課題図書という事で、オンラインサロン未加入者ですが、読んでみました。
    Google人事がわかる内容になっており、Googleがここまで大きく発展したのも、バックヤードの社員が、Googleの理念と社員の発展・ライフスタイルを重視し、取り組んだことが貢献しているのでしょう。
    社員一人一人が経...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月18日

    私が仕事に情熱を持てる理由を分析できた。
    一つ。我社では稀有な客を見たことがある珍しい社員だから。奨学金ブログラムとその後の事例は納得だ。

    一万時間の法則。タイガーは同じショットを繰り返して体に染み込ませた。所望の動作を細かく分解し、その細かい動作を熟考できるまで。私の絵のアプローチと同じだ。これ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月28日

    大変参考になる示唆が凝縮されている。No RatingやOKRなど、昨今流行りとなっている事を含め、評価・育成周りについては特に興味深い。一点、Google以外の企業が福利厚生を含めた制度を真似できないのは資金があるからではなく、採用に力を入れて優秀な人材が集まっているからというのは大きいと思われる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月19日

    翻訳文は読みやすく、すらすらと頭に入ってくる感じだった。
    もっとも、米国人的感性のギャグに注が付されたりしていて、
    翻訳文ではなく、文化の違いでちょっと立ち止まることもあった。

    記されていることは明快で、人事施策をどのようにグーグルが講じてきたのか、
    ひとつひとつ丹念に、時折、諧謔を挟みながら、テ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月17日

    『「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」

    この種のミッションが個人の仕事に意味を与えるのは、それが事業目標ではなく道徳だからだ。歴史上きわめて大きな力を振るった運動は、そこで求められたものが独立であれ平等な権利であれ、道徳的な動機を持っていた。こうした考え方を拡張し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月10日

    数万人という規模の会社になったことを考えても、
    この本を読んで学ぶことがない人なんていないと感じる内容だった。

    大きな目標に挑戦し続け、
    ときには自己犠牲が伴う協力をし、
    たゆまぬ改善を行うことで、
    チームとして機能したときに信じられないような成果が上がるのかもしれない。

    そんなチームを会社に作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月06日

    Googleの人事担当役員が書いたGoogleにおける人事制度(採用から評価まで)が詳細に書いてある本。Googleは色々と考えた人事制度を持っているなぁ、と感心すると共に、全部の制度を採用するのは難しいなぁ、とも思った。
    ただ、非常に示唆に富んだ内容でもあるので、部分的でも取り入れると効果が高いん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月04日

    〈メモ〉
    ・従業員に創業者のように振る舞う余地を残す。
    会社全体の創業者でなくても、チーム、家族、文化の創造者であると思えること。最高の創業者はほかの創業者が自分と並び立つ余地を生み出すもの。
    ・グーグルには文化的礎石として、明確なミッション、情報の透明性、発言権がある。
    ・素晴らしい文化を築くため...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月17日

    本当に良書。500ページを超える分厚い本だけど、読んでよかった。

    Googleを「People Operations」(Human Resourcesではない)から十年以上ささえた著者のグーグラーとしてのキャリアライフからはたくさんの示唆にあふれる。
    とはいっても、一つ一つはエキセントリックなもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える に関連する特集・キャンペーン